衆議院選挙2017期日前投票の期間や時間は?開催場所や投票方法も!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は衆議院選挙2017の期日前投票の期間や時間をご紹介します。

また、開催場所や投票に必要なものなどについても見ていきたいと思います。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

衆議院選挙2017の日程

まずは、衆議院選挙2017の日程から確認しておきましょう!

公示:10月10日(火)

投開票:10月22日(日)

このような日程となっています。

10月22日が投票日ですね!

当日お仕事やご予定がある方は期日前投票期間を利用して投票するようにしましょう!

期日前投票とは?

衆議院選挙2017 期日前投票

簡単に期日前投票についてご説明します。

選挙は原則、投票日に投票所で投票することになっています。

これを「投票日当日投票所投票主義」と言います。

しかし、仕事や体調面などで当日は投票に行けない!といった方も多いはずです。

期日前投票は投票日に投票に行けない方用に設けられている投票期間です。

もちろん、当日に投票した方と同じ一票としてカウントされます。

事前の手続きも必要ありません。

期日前投票の期間や時間は?

衆議院選挙2017 期日前投票

ここでは衆議院選挙2017の期日前投票期間や時間についてご紹介します。

期間:2017年10月11日(水)~10月21日(土)

時間:8:30~20:00

場所:各市区町村に1箇所以上設けられる「期日前投票所」

このような日程となっています。

期日前投票の投票期間は選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です。

期間は10日間で投票時間も長いので普段仕事などで忙しい方でも都合がつくかなと思います。

投票時間は投票場所によって若干異なる可能性がありますのでご注意ください。

投票場所は各市区町村で1箇所以上あります。

詳しくはお住まいの自治体のホームページでご確認ください。

調べ方は「期日前投票 〇〇市 」などで検索すれば出てくると思いますよ(^^♪

公示前にご自宅に届く「選挙投票所入場券」でも確認できます。

スポンサードリンク

期日前投票の投票方法

衆議院選挙2017 期日前投票

期日前投票の投票方法についてご説明します。

期日前投票は選挙日に行う投票と同じ確定投票となる為、投票方法は通常の投票方法と同じです。

期日前投票期間に投票入場券を持って指定の投票所で投票します。

投票入場券を紛失した場合でも投票は可能です。

運転免許証など身分が証明できるものがあればスムーズに照会できるのでおすすめです。

通常の投票と違う点は?

通常の投票と期日前投票で行う作業で違う点が1点だけあります。

それは「不在者投票請求書・宣誓書」に必要事項を記入することです。

これはこんな理由で期日前投票をしますといった用紙です。

記入は必要事項を書くだけなので難しくありません。

案内に沿って進むだけです。

あとは投票記載台で投票用紙に記入し、投票箱に投函したら投票完了です!

まとめ

衆議院選挙2017 期日前投票

今回は衆議院選挙2017の期日前投票について見てきましたがいかがだったでしょうか?

期間や時間にある程度余裕があるので、当日投票に行けない方は積極的に期日前投票を利用しましょう!

一人一票の投票が選挙には必要になってきます。

今回からは18歳以上の方も投票が出来るようになりました。

将来のことを考える良いきっかけでと思います。

投票はするようにしましょうね♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする