部分日食2019の見方!観測できる時間や方角/天気をわかりやすく解説!

こんにちは!

2019年は2回も日食を見るチャンスがある日食イヤーとなっています。

その1回目となる部分日食は2019年1月6日(日)に観察できます。

この記事では、部分日食の見方を解説しています。

部分日食が観測できる時間や方角や天気などをできるだけわかりやすく解説します。

また部分日食を観察するための注意点もまとめています。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

部分日食とは?

部分日食2019 見方

画像引用元:https://global.canon/ja/technology/kids/mystery/m_01_10.html

部分日食は太陽の一部分が月に隠れる現象を言います。太陽がすっぽり月に隠れる現象は「皆既日食」です。

日食は、太陽、月、地球がほぼ一直線上に並んだときに地球から太陽が月に隠れる現象のことを言います。

日食は主に以下の3種類に分けられます。

・皆既日食 太陽が全て隠れる現象

・部分日食 太陽の一部分が隠れる現象

・金環日食 太陽と月がちょうど重なっているときに太陽の外縁部分がリング状に見える現象

2019年は日本で日食が2回観察できます。(2019年1月6日と12月26日)

日食が1年で2回日本全国で見ることができるのは27年ぶりのことです。

貴重な日食イヤーですので、是非部分日食の観察にチャレンジしてみてください(^^♪

部分日食2019の時間と方角!

では、ここから具体的に部分日食を楽しむ方法を解説していきたいと思います。

重要なポイントは太字にしてあります。

部分日食2019の日にちと時間

日にちは冒頭にも書きましたが、2019年1月6日(日)です!

時間は午前中です。

もう少し細かい時間ですが、太陽が欠け始めるのは午前8時30分頃から午前9時頃となっています。

午前10時前後に最も大きく欠けます。

※地域によって時間が異なります。詳細は下の図を参考にしてください。

地名 食の始め 食の最大 食の終わり
那覇 8時50分15秒 9時39分14秒 10時32分58秒
福岡 8時38分37秒 9時47分24秒 11時04分41秒
京都 8時40分37秒 9時57分47秒 11時23分51秒
東京 8時43分49秒 10時06分01秒 11時36分32秒
仙台 8時44分43秒 10時09分42秒 11時42分31秒
札幌 8時46分30秒 10時13分26秒 11時47分20秒

日曜日の午前中が観察のチャンスということですね!休みの日なのでご家族でも日食を楽しむことができそうです。

部分日食2019の方角

方角は太陽がある方角なので、これは問題ないでしょう。

おおよそ「南東の方角」となっています。

こちらは東京の部分日食の見え方を表した図です。わかりやすかったので載せておきます。

部分日食2019名古屋 見方

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/01-topics03.html

冬至から2週間しか経っていないので、太陽の高度はあまり高くありません。高度は15度から30度あたりとかなり低いです。

場所によっては建物などに隠れて見えないということもあり得ますのでご注意ください。

スポンサードリンク

部分日食2019の観察方法!

今回の部分日食は全国的に観察できます。

日本全国と言っても地域によって見え方は少し変わります。

こちらの図をご覧ください。今回の日食は東北に行けば行くほど大きく欠ける様子が見えます。

部分日食2019 見方

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/01-topics03.html

ご自身のお住いの地域の近くのところを参考にしてください。

沖縄でもしっかり欠ける様子が観察できます。

太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。肉眼での観察は絶対にしてはいけません。

たとえ短い時間であっても目を痛めてしまい、最悪の場合失明する危険性もあります。

日食グラスなどの観察器具使って観察するようにしましょう。

国立天文台では「絶対にやってはいけないこと」として次の項目をあげています。

・肉眼で直接見る(数秒でも危険)

・望遠鏡や双眼鏡を使ってみる (適切な減光を施された双眼鏡や望遠鏡は、日食観察に用いることができます。)

・色つき下敷きやCDを使ってみる(太陽観察に対応した下敷きも販売されています。)

・フィルムの切れ端を使ってみる(専門家によって、銀塩の白黒フィルムを適切に露光・現像して作られたネガは、日食観察に用いることができます。)

・すすを付けたガラス板を使ってみる

・サングラスやゴーグルを使ってみる

・日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく

出典:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/01-topics03.html

部分日食2019のシミュレーション動画

「アストロアーツ」が2019年1月6日の部分日食のシミュレーションを動画で公開しています。

これを見るとすごくイメージがしやすいので視聴することをおすすめします。

部分日食2019当日の天気は?

2019年1月6日の天気をご紹介します。

太平洋側では広い範囲で日食を楽しむことができます。

日食は午前中なので晴れる可能性が高く、観察に適していると言えるでしょう。

こちらは「tenki.jp」が発表している天気予報です。

部分日食2019 見方

太平洋はバッチリですね!

こちらはウェザーニュースが発表している部分日食の予測です。

部分日食2019 見方

日本海側は少し厳しい予想になっています。

しかし、たとえ雲が出ていても雲から太陽が出るチャンスがあると思いますので、その時を狙って観察するようにしましょう♪

完全に曇りだと厳しいですね。

まとめ

今回は、2019年1月6日の部分日食について見てきました。

ポイントをもう一度おさらいしておきます。

・日にちは2019年1月6日(日曜日)

・時間は午前中

・午前10時前後に最も大きく欠ける

・肉眼では絶対に太陽を見ない

・日食グラスなどを使って観察する

このことだけを知っておけば大丈夫です。

是非このチャンスに部分日食の観察にチャレンジしてみてください♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする