ふたご座流星群2018の見方を解説!場所や方角やピークの時間は?

こんにちは!

2018年12月13日、14日はふたご座流星群が見ごろを迎えます。

今年最後の大きな天体ショーを楽しみたいという方のために、2018年のふたご座流星群の見方を解説していきたいと思います。

ふたご座流星群を観察するために知っておきたい観察方法のポイントをまとめました。

どんな場所が良い?方角はどっち?ピークの時間は何時?などの疑問にお答えしています。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群2018 方角や時間

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

まずは、ふたご座流星群を楽しく観察するためにふたご座流星群について簡単に見ていきましょう。

ふたご座流星群は流星数の多さか特徴で、3大流星群の1つに数えられています。

3大流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」、そして12月の「ふたご座流星群」です。

平成最後のふたご座流星群ですね(^^♪

ふたご座流星群は見ごろの時間帯が比較的早い時間のため、子どもでも比較的観察しやすい流星群として知られています。

条件が良ければ1時間に最大で40個以上の流星を見つけることができます。

是非、ふたご座流星群の観察にチャレンジしてみてください♪

※国立天文台のふたご座流星群と流星群について解説した動画をご紹介します。

ご興味がある方は是非ご覧ください♪
(3分半の動画です。)

ふたご座流星群2018の見つけ方

ふたご座流星群2018 見つけ方

ふたご座流星群2018を楽しむために見つけ方をご紹介していきます。

重要なポイントは太字にしてあります。

ふたご座流星群2018の日にちとピークの時間

日にちは冒頭でも触れましたが、2018年12月13日(木)、12月14日(金)が見ごろの日にちです。

2018年のふたご座流星群は12月14日の21時頃に極大を迎える予想となっています。

観察に適した時間帯は22時頃から未明までの時間です。

14日は金曜日で次の日休みの方が多いと思います。14日の夜はふたご座流星群の観察の大チャンスです♪

12月13日と14日は20時頃から多くの流星が出現し始めます。明け方まで活発に活動するので夜中になっても観察は可能です。

ふたご座流星群は12月13日14日前後の日の夜でもある程度の流星が出現します。

是非、観測にチャレンジしてみてください♪

ふたご座流星群2018の方角

方角は気になるところですよね!

方角に関してですが、気にしなくて大丈夫です!(笑)

理由は、ふたご座流星群は広い範囲で観測できるからです。

ですので、どこの方角を見ても問題ありません。

方角よりも観測場所の方が重要になってきます。

1.なるべく広く空が見渡せる場所

2.周りが暗い場所

この2点を意識して観察するようにしましょう♪

スポンサードリンク

ふたご座流星群2018の観察方法は?

ふたご座流星群2018の観察方法をご説明します。

観察場所は先ほどご説明したように、なるべく広く空が見渡せる場所、周りが暗い場所での観察をおすすめします。

月明りの心配はしなくで大丈夫です。

観察は肉眼で問題ないです。

望遠鏡や双眼鏡などを使うと視野が狭くなってしまいますので肉眼で観察するようにしましょう。

できればレジャーシートを敷いて長い時間、寝転がって観察できるとベストです!

寒いので防寒対策は忘れずに行ってくださいね(^^♪

ふたご座流星群2018を見るには晴れていることが条件!

ふたご座流星群2018 天気

ふたご座流星群の観察のポイントについてみてきました。

問題は天気です。曇りや雨だとさすがに観察は厳しいです。

こればっかりは祈るしかないですよね。

晴れてくれれば、冬で空気も澄んでいるのでたくさんの流星群を見ることができるでしょう!

観察当日の天気は必ずチェックしておきましょう♪

ふたご座流星群2018は極大前後でも観測可能!

ふたご座流星群2018 方角や時間

ふたご座流星群のピークは12月13日と14日の夜であることをご紹介しました。

しかし、極大の前後の日にちでもふたご座流星群の観察をすることができます!

実は、ふたご座流星群は12月4日頃から17日頃まで活動するとされています。

12月13日と14日の夜には負けますが、12月11日、12日の夜や12月15日、16日の夜でも流星を見ることができます。

ご都合や天気などの関係で観察ができなかった方は上記日程で観測にチャレンジしてみてください♪

まとめ

今回は、ふたご座流星群の見つけ方について見てきました。

条件は良いのであとは天気だけです。

観測のポイントをもう一度おさらいしておきます。

・12月13日と14日の夜が見ごろ

・時間は22時~未明が見ごろ

・方角は気にしなくて大丈夫

・暗いところ、広く空が見渡せる場所で観察する

・肉眼で観察する

このことだけを知っておけば大丈夫です。

是非観察にチャレンジしてみてください♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする