林奎介(青山学院)の進路が決定!シューズや記録や中学高校を調査!

こんにちは!

今回は、青山学院大学のエース・林奎介選手について見ていきたいと思います。

林奎介選手のプロフィールや最速タイム、シューズについてまとめました。

また、林奎介選手の気になる進路についてもご紹介します。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

林奎介のプロフィール

まずは、林奎介選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前:林 奎介(はやし けいすけ)

生年月日:1996年12月24日

年齢:21歳(2018年10月時点)

出身地:千葉県流山市

身長:174㎝

体重:60㎏

大学:青山学院大学 4年

学部:理工学部 機械創造工学科

林奎介選手は青山学院大学のエースの1人として活躍しています。

選手層の厚い青山学院大学でもトップクラスの実力を誇ります。

1、2年の時は思うような結果が残せずにいました。2017年の箱根駅伝では、7区にエントリーしていましたが、当日のメンバー変更で控えになりました。

そんな中、2017年秋の世田谷ハーフマラソンでは、1時間3分28秒の自己ベストをマークし3位入賞(日本人トップ)しました。

2018年の箱根駅伝では、メンバー変更により7区を担当。三大駅伝初出場となりました。

林奎介選手は、箱根駅伝で素晴らしい走りを見せます。7区区間賞とMVPを獲得しました。2位の東洋大学と52秒差の首位でタスキを受けると、その差を3分28秒にまで広げ、青山学院大学の箱根駅伝4連覇に大きく貢献しました。

1時間2分16秒の区間新記録は、設楽悠太選手が持っていた記録を16秒も更新する大記録となりました。

勢いに乗る林奎介選手の今後の走りに注目です!

林奎介の記録(ベストタイム)

林奎介選手のベストタイムをご紹介します。

5000m 13分57秒41
10000m 29分05秒97
ハーフマラソン 1時間03分28秒

5000mチームランキングでは8位にランクインしています。

スポンサードリンク

林奎介の出身中学や高校

林奎介の出身中学や高校

林奎介選手の出身中学校と高校について見ていきましょう。

出身中学校は千葉県柏市立豊四季中学校、出身高校は日本体育大学柏高等学校です。

中学時代はバスケットボール部に所属し、高校から本格的に陸上を始めました。高校は中学時代に市内の駅伝大会でスカウトを受けたとのことです。当時から相当光るものがあったのでしょうね。

林奎介のシューズは?

林奎介 シューズ

画像引用元:https://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20180103-OHT1T50096.html

林奎介選手の着用シューズはアディダスのシューズです。

「adizero takumi sen boost」というシューズが青学陸上部着用のシューズとしてアディダスの公式オンラインショップで紹介されています。

林奎介 シューズ

出典:https://shop.adidas.jp/running/adizero/

こちらのモデルですね。

アディダスと青山学院大学は、パートナーシップ協定を締結しています。

大学駅伝トップクラスの青山学院大学の選手が着用しているシューズなので、機能性はバツグンなんでしょうね。

「adizero takumi sen boost」の詳細は下のリンクからご確認ください。

林奎介の進路が決定!

林奎介選手の気になる進路について見ていきたいと思います。

林奎介選手はGMOアスリーツへ内定が決まっています。

GMOアスリーツは2016年に発足しました。青学大の原晋監督がアドバイザーを務めているので安心感がありますね。

同じ青学大の先輩には、一色恭志選手(2学年先輩)、下田裕太選手(1学年先輩)がいます。大学時代に切磋琢磨した仲間と再び練習することになりました。

さらに青学同級生の森田歩希選手もGMOアスリーツへの内定が決まっています。

慣れ親しんだ仲間と同じ環境で練習できるのは心強いですね!

陸上を続けていく環境としては最高の環境が整ったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、青山学院大学の林奎介選手について見てきました。

大学3年の秋頃から大ブレイクしました。2018年箱根駅伝の走りは圧巻でした。

2019年の箱根駅伝での走りも楽しみです。

実業団に入っても活躍をしてほしいですね!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする