迫俊哉(小樽市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年8月26日に行われる小樽市長選挙に立候補している迫俊哉(はざまとしや)氏について見ていきたいと思います。

迫俊哉氏はどのような候補者なのでしょうか?

迫俊哉氏の政策や経歴などについてまとめました。

小樽市長選挙2018で迫俊哉氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

迫俊哉のプロフィール

まずは、迫俊哉氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:迫 俊哉(はざま としや)

生年月日:1958年8月18日

年齢:60歳(2018年8月21日時点)

出身地:北海道小樽市

肩書:元市総務部長

迫俊哉氏は小樽市富岡で生まれで60歳の候補者です。

自分の生まれ育った小樽の街の将来に大きな不安を感じ、安全・安心で、活力あふれるまちにしたいという想いから小樽市長選に立候補しています。

自民、立憲民主、国民民主、公明の推薦を受けての出馬となります。

ご本人のホームページによると、特技は「翻訳が中心のロシア語」「太鼓や筝の演奏」と個性的。野球が趣味です。

家族構成は妻と一男二女です。

迫俊哉の学歴

迫俊哉 学歴

迫俊哉氏の学歴をご紹介します。

出身小学校:小樽市立稲穂小学校

出身中学校:小樽市立西陵中学校

出身高校:小樽潮陵高等学校

出身大学:高崎経済大学

小樽潮陵高校の偏差値は北海道内で言うとトップクラスではないものの、上位に入る高校です。

高崎経済大学は群馬県にあります。

高校、大学時代は野球をしていました。

スポンサードリンク

迫俊哉の経歴

迫俊哉 経歴

迫俊哉氏の経歴をご紹介します。

大学卒業後は小樽市役所に就職します。

約35年間小樽市役所に勤務しました。市長選に出馬するため2017年2月に早期退職しました。

その後、2017年4月に「小樽みらい会議」設立し、街頭演説活動を続けてきました。

その他の経歴は以下の通りです。

小樽野球協会(樽協)部長、同OB会事務局長
小樽ファイターズ倶楽部事務局長
日本ユーラシア協会小樽支部理事
絵本・児童文学研究センター理事
小樽三曲協会会員

出典:http://www.hazama-toshiya.jp/001.html

迫俊哉の公約

迫俊哉 公約

迫俊哉氏の政策をご紹介します。

「夢あふれる元気な小樽を」を掲げ以下の政策を掲げています。

1.次世代をつくる
安心して子どもを産み育てることができ、すべての子どもたちが能力や可能性を発揮できるまちづくり。

2.安全をつくり、安心を生む
すべての市民が健康で、生きがいと夢を抱きながら、安心・安全に暮らすことができるまちづくり

3.にぎわいをつくる
豊かな自然や歴史・文化を活かし、市民に根ざした観光のまちづくり。地域経済を支える中小企業が元気に事業を続けることができるまちづくり

4.未来をつくる
公共施設や小樽駅前、小樽港の整備、新幹線の活用など、人や物が活発に交流するまちづくり

迫俊哉氏の公約の詳細はこちら!

まとめ

今回は小樽市長選挙2018に立候補している迫俊哉氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

小樽市長選挙の投開票は2018年8月26日(日)となります。

今回は迫俊哉氏の他に、秋野恵美子氏、森井秀明氏、鳴海一芳氏が立候補してます。

他の候補者の記事もご覧ください。

秋野恵美子氏の公約やプロフィールはこちら!

森井秀明氏の公約やプロフィールはこちら!

鳴海一氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする