本郷谷健次(松戸市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は、2018年6月10日に行われる千葉県松戸市長選挙に立候補している本郷谷健次(ほんごうやけんじ)氏について見ていきたいと思います。

本郷谷健次氏は現職の松戸市長で3選を目指します。

そんな本郷谷健次氏の政策や経歴などについてまとめました。

松戸市長選挙2018で本郷谷健次氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

本郷谷健次のプロフィール

まずは、本郷谷健次氏のプロフィールから見ていきましょう!

名前:本郷谷 健次(ほんごうや けんじ)

生年月日:1948年8月29日

年齢:69歳

出身地:愛知県名古屋市緑区鳴海町

本郷谷健次氏は現職の松戸市長です。愛知県名古屋市生まれの69歳です。

本郷谷健次氏は2010年の松戸市長選挙に初当選してから2期連続で当選し、今回3期目を目指します。

まだプロジェクトの途中で時間が必要であり一定の道筋を付けるのが「私の使命」と市政継続を訴えています。

ホームページの写真ではサッカーボールを持っていることから、スポーツ全般が大好きです。

野球、テニス、山歩き、スキー、グラウンドゴルフなどかなりアクティブな趣味をもっています。

その一方で書道や絵画も趣味のようです。

家族は3人兄弟の次男で、結婚後は奥さんと長男、長女の4人家族です。

本郷谷健次の学歴

本郷谷健次 学歴

本郷谷健次氏の学歴をご紹介します。

出身中学校:愛知学芸大学附属岡崎中学校

出身高校:愛知県立旭丘高等学校

出身大学:東京大学 経済学部

小学校は名古屋の町立小学校に通っていました。

旭丘高校は愛知県内でトップクラスの進学校です。

大学は東京大学で財政学を専攻しました。

中学時代はバスケットボール部に所属、高校大学ではラグビー部に所属していました。社会人になってもラグビーをしていました。

スポンサードリンク

本郷谷健次の経歴

本郷谷健次 経歴

本郷谷健次氏の経歴をご紹介します。

大学卒業後は新日鐵株式会社に入社しています。

新日鐵株式会社では総務や人事を中心に様々な仕事を担当し、全国転勤を経験しています。

50歳で新日鐵株式会社を退職してからは会計学を学び、大手監査法人にて主に国へのコンサルタント業務を行いました。

神奈川、埼玉、千葉の財政分析を行った際に千葉県が遅れていることに気が付きに立候補しました。

2006年の松戸市議会議員選挙に当選し1期を務めました。

2010年の松戸市長選挙に当選してから2期を務めました。

2018年の松戸市長選挙にも立候補しており、3期目を目指します。

本郷谷健次の公約

本郷谷健次 公約

本郷谷健次氏の政策について見ていきましょう。

本郷谷氏は「文化の香りがする街づくり」を掲げ「まつど力」を上げるために以下の政策を掲げています。

まつど力1・・・文化の香り
まつど力2・・・子育て
まつど力3・・・高齢者支援
まつど力4・・・教育
まつど力5・・・防犯
まつど力6・・・医療
まつど力7・・・弱者支援
まつど力8・・・経済
まつど力9・・・街づくり
まつど力10・・・2020東京オリパラ
まつど力11・・・交通アクセス
まつど力12・・・財政基盤
まつど力13・・・行政
まつど力13・・・これから

各項目の詳細はこちらから確認できます。

本郷谷健次氏の政策ページ

市長としての2期8年間の実績をアピールして市政継続を訴えています。

松戸市は「共働き・子育てしやすい街(全国編)」のグランプリを受賞しています。松戸市は待機児童3年連続ゼロを達成しています。

※わかりやすいでお馴染みの池上彰さんによる選挙の基本がわかる書籍!選挙とは?いまさら聞けない選挙の知識が満載の一冊です!

※こちらも池上彰さんの本!日本の選挙制度や議会のしくみ、憲法など、知らなかった政治・選挙のキホンを図を使ってやさしく解説した必読の一冊です!

まとめ

今回は千葉県松戸市長選挙に立候補している本郷谷健次氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

松戸市長選挙の投開票は2018年6月10日(日)となります。

今回は、本郷谷健次氏の他に中村典子氏、ミール計恵氏、川井友則氏が立候補してます。

他の候補者の記事も是非ご覧ください。

中村典子氏のプロフィールや公約はこちら!

中村典子と立花孝志の関係は?松戸市長選挙に立候補した理由は?

ミール計恵氏のプロフィールや公約はこちら!

川井友則氏のプロフィールや公約はこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする