飯野晋(新潟市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年10月28日に行われる新潟市長選挙に立候補している飯野晋(いいのすすむ)氏について見ていきたいと思います。

飯野晋氏はどのような候補者なのでしょうか?

飯野晋氏の政策や経歴などについてまとめました。

新潟市長選挙2018で飯野晋氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

飯野晋のプロフィール

飯野晋のプロフィール

画像引用元:https://twitter.com/iinosusumu0913

まずは、飯野晋氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:飯野 晋(いいの すすむ)

生年月日:1973年9月

年齢:45歳

出身地:茨城県

肩書:元北区長

飯野晋氏は元北区長、45歳の候補者です。

飯野氏は東京生まれ茨城育ちです。祖父母と父が新潟市ということで、新潟市にはゆかりがあります。祖父は開業医です。

20年間の行政経験(前新潟市北区長4年・元経産省16年)があります。この経験を活かして新潟県に貢献したいという想いで立候補しました。

飯野晋氏は、篠田市長後援会有志らが支援しており、篠田市政を引き継ぐ意向です。

飯野晋氏は結婚しており、小学生のお子さんが2人います。

趣味はバトミントン、ランニング、スポーツ観戦です。早朝ランを6年間継続しているようです。

飯野晋の学歴と経歴

飯野晋 学歴と経歴

飯野晋氏の学歴と経歴をご紹介します。

出身大学は早稲田大学大学院の理工学研究科です。テキサス大学オースチン校大学院も修了しているようです。

経歴は4年間の北区長の経験と16年間の経済産業省の経験があります。

スポンサードリンク

飯野晋氏の職歴は以下の通りです。

通商産業省 通商政策局
総務省 情報通信政策局
経済産業省 地域経済産業グループ立地環境整備
原子力規制庁 柏崎刈羽原子力規制事務所
内閣官房 地域活性化統合事務所
新潟市北区長(前) 平成26年4月~平成30年3月

出典:http://www.iino.fun/profile/

飯野晋の公約

飯野晋 公約

飯野晋氏の政策について見ていきたいと思います。

「新潟市の「強み」を活かして、どこにも負けない日本一を目指します。」東京一極集中への挑戦を掲げ、若者が夢を持てる町づくりが必要と主張しています。

BRT(バス高速輸送システム)については「市民の足は大事。市民が通勤・通学時に使いやすい公共交通が必要なので改善を図る」と利便性の強化の意向です。

新農業首都、国際商業首都、福祉首都、防災首都という4つの日本一を掲げています。

飯野晋氏の政策の詳細は公式サイトに書かれていますのでご覧ください。

飯野晋氏の政策ページ

飯野晋氏はYouTubeチャンネルを開設して動画をあげているのでご興味のある方は是非チェックしてみてください。

まとめ

今回は、新潟市長選挙2018に立候補している飯野晋氏について見てきました。

新潟市長選挙の投開票日は2018年10月28日(日)です。

今回は、飯野晋氏の他に、元参院議員・中原八一氏(59)、元市議・小柳聡氏(31)、元市議・吉田孝志氏(56)が立候補しています。

他の立候補者の記事もご覧ください。

中原八一氏の公約やプロフィールはこちら!

小柳聡氏の公約やプロフィールはこちら!

吉田孝志氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする