今田真人(佐賀県知事選)の公約や経歴は?実績や学歴や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年12月16日に行われる佐賀県知事選挙に立候補している今田真人(いまだまさと)氏について見ていきたいと思います。

今田真人氏はどのような候補者なのでしょうか?

今田真人氏の政策や経歴などについてまとめました。

佐賀県知事選挙2018で今田真人氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

今田真人のプロフィール

今田真人 プロフィール

画像引用元:https://www.saga-s.co.jp/feature/senkyo/saga/governor

まずは、今田真人氏のプロフィールから見ていきたいと思います。

名前:今田 真人(いまだ まさと)

生年月日:1946年9月27日

年齢:72歳

出身地:神戸市

肩書:共産党佐賀県委員会委員長

今田真人氏は神戸市出身で72歳の候補者です。

共産党佐賀県委員会委員長を務めており、共産党の推薦を受け立候補しています。

もう1人の立候補者は現職の山口よしのり氏(53)です。山口氏は自民党、公明党の推薦を受けて立候補しています。

今田真人氏は、山口県政への反対を訴えており、政策も山口氏とは反対の立場となっています。

趣味は、スポーツ、干支などの木彫り、川柳、書道。座右の銘は「真・善・美」(「真実を究める」「より善く生き抜く」「美しく」)です。

今田真人の学歴と経歴

今田真人 学歴

今田真人氏の学歴をご紹介します。

出身大学は佐賀大学教育学部です。

大学在学中に共産党に入党しています。

共産党の「みんなで明るい佐賀県政をつくる会」の代表として今回の選挙に立候補しています。

共産党県委員長、党中央委員(党県委員会書記長、同副委員長、党県東部地区委員長)。

県委員長は2014年から務めています。

スポンサードリンク

今田真人の政策

今田真人の政策

今田真人氏の政策について見ていきましょう。

記事執筆時点、今田真人氏の公式サイトなどが見つかっていません。

今田氏は「憲法を暮らしに活かし、命を守る」をテーマに以下の3つの重点政策を掲げています。

1.オスプレイ配備反対

2.さよなら原発、こんにちは再生可能エネルギー

3.水門を早期に開門し、有明海の再生

個別政策

1.佐賀で働き、暮らすために当面最低賃金1000円、住宅リフォーム助成制度の復活、地元中小企業支援

2.中学卒業までの医療費無料化、重度心身障害者(児)およびひとり親家庭の医療費の現物支給、医療・介護の負担軽減と制度改善

3.子どもの生きる力と知恵を養い、少人数学級の完全実施と教職員の増員

4.米価の価格保障と所得保障制度の復活、後継者支援の拡充

5.地域・生活密着型の公共事業など、地元や関係者の声と運動を踏まえ、自治体職員と協力し県民の命と暮らしを守るため奮闘する

九州電力玄海原発再稼働や佐賀空港への陸上自衛隊オスプレイ配備計画の反対を訴えています。

まとめ

今回は、佐賀県知事選挙2018に立候補している今田真人氏について見てきました。

佐賀県知事選挙の投開票日は2018年12月16日(日)です。

今回の選挙は、今田真人氏と現職の山口よしのり氏(53)の一騎打ちとなります。

山口よしのり氏の記事もご覧ください。

山口よしのりの公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする