稲川貴大(ロケット開発社長)の経歴や大学は?堀江貴文との関係も!

こんにちは!

今回は、国内民間企業初の宇宙空間へのロケット打ち上げ成功を目指す稲川貴大社長について見ていきたいと思います。

ロケット開発って夢がありますよね♪そんな夢のあるロケットを開発中の稲川貴大社長はどんな人物なのか?とても気になります。

稲川貴大社長のプロフィールや経歴などをまとめました。

また、ホリエモンこと堀江貴文さんとの出会いのきっかけや2人の関係なども見ていきたいと思います。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

稲川貴大のプロフィール

稲川貴大 プロフィール

画像引用元:http://ascii.jp/elem/000/001/131/1131534/

まずは、稲川貴大さんのプロフィールから見ていきましょう!

名前:稲川 貴大(いながわ たかひろ)

生年月日:1987年2月28日

年齢:31歳(2018.06.30時点)

出身:埼玉県越谷市

出身高校:埼玉県立浦和高等学校

出身大学:東京工業大学 機械物理工学専攻

現在:インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役

稲川貴大さんはロケット開発をするインターステラテクノロジズ株式会社の代表取締役を務めています。

ホリエモンロケットの開発を先頭に立って進めているリーダーです。

年齢は31歳です。年齢が若いながらロケット開発という大プロジェクトをけん引しています。

出身高校である浦和高校は県内屈指の進学校です。出身大学の東京工業大学も東大、京大、一橋に次ぐ偏差値です。

さすが!かなり頭は良いんですね~!

大学時代には人気テレビ番組の「鳥人間コンテスト」にも出場経験があります。

2013年、大学院卒業後にインターステラテクノロジズで働き始めます。

インターステラテクノロジズとは?

稲川貴大 大学

インターステラテクノロジズとはどのような企業なのでしょうか。インターステラテクノロジズは2013年2月に設立された会社です。

従業員は14名の少数精鋭でロケット開発に取り組んでいます。

超小型衛星の打ち上げロケットなどの開発と打ち上げサービスを進めています。

北海道広尾郡大樹町を拠点に開発や実験を進めています。

こんな小さい会社が宇宙を目指してロケットを開発しているなんてワクワクしますね(^^♪

自然と応援したくなりますよね!

スポンサードリンク

稲川貴大開発のロケットとは?

稲川貴大 ロケット

画像引用元:http://ascii.jp/elem/000/001/131/1131534/

稲川貴大さんが取り組んでいるロケットについてご紹介します。

ロケットは長さ約10メートル小型ロケット「MOMO(モモ)」です。

宇宙空間到達となれば民間企業単独では初の快挙となります。ロケットの先端には観測機器などを積み込むことができます。

高度は100㎞まで上昇し、宇宙空間へ行くことを目標にしています。その際に4分余りの無重力状態になります。

この無重力空間で実験をしたいという企業や研究機関が多いようです。

実験の様子がこちら!

問題はやはりコスト面です。

打ち上げ費用はクラウドファンディングで調達しました。目標額2700万円のうち、2270万円が集まりました。

期待度の高さが伺えますね!

それでもコストダウンは課題で安い部材などを使用し、技術とアイディアでコストダウンをしながら実験しています。

将来的には小型の人工衛星を搭載したロケットの開発にも取り組む計画です。

宇宙が身近に感じられますね!楽しみです♪

堀江貴文との関係は?

稲川貴大 堀江貴文

画像引用元:http://www.sankei.com/

では稲川貴大さんとホリエモンこと堀江貴文さんの関係について見ていきましょう。

堀江貴文さんは「宇宙」にとても興味を持っています。

ライブドア時代からスポンサーとしてロケット開発に取り組んでいます。

稲川貴大さんのロケット開発にも出資しており、実験に参加しています。

実は、稲川貴大さんのインターステラテクノロジズは堀江貴文さんが創業しています。

有志のロケット作りは「なつのロケット団」と呼ばれるメンバーで、スタッフとして漫画家のあさりよしとお氏やSF作家の笹本祐一氏、ジャーナリストの松浦晋也氏などが名を連ねる。かの堀江貴文氏がスポンサーになり「なつのロケット団」を取り込んで2003年にSNS株式会社という会社を設立、エンジニアたちだけを集めてインターステラテクノロジズという子会社が2013年に設立された。

出典:http://ascii.jp/elem/000/001/131/1131534/

「ホリエモンロケット」という名前がついているくらいですからね!

堀江さんは常に時代の先を行くというか、ワクワクすることをいつもしていますよね!

出会いのきっかけ

堀江さんと稲川さんは2013年3月に出会います。

元々ロケット開発に興味を持っていた稲川さんですが、ロケット関連企業への就職はできず大手光学メーカーへの就職が決まっていました。

しかし、堀江さんの「うちでロケットやればいいじゃん」とサラッと誘ったことがきっかけで稲川さんはインターステラテクノロジズに入ることになりました。

この行動力は素晴らしいですね!

ロケットに対する稲川さんの想いが感じられます。

稲川さんは堀江さんがYouTubeで運営している「ホリエモンチャンネル」に出演していますね!

こちらの映像は2013年の頃で「ホリエモンチャンネル」初期ですね!

2018年の動画もどうぞ!2号機についての話をしています。

※【大人気!】堀江貴文さんの2018年4月発売の書籍をチェック!
常に時代の先端にいるホリエモンの考え方はとても勉強になります。

※2018年6月30日発売!ホリエモンが仮想通貨やお金の話をしています。ホリエモンはかなり昔からビットコインがくるって言ってましたからね。あの頃にビットコインを買っていたら億万長者です。

まとめ

今回は、ロケット開発をしている稲川貴大社長について見てきましたがいかがだったでしょうか?

「ロケット」「宇宙」と聞くとなんかワクワクしますね!打ち上げ実験を通して宇宙がもっと身近に感じられたらうれしいですね!

とにかく研究の成功を祈っています。我々民間人が宇宙に行ける日もそう遠くない?

期待しちゃいますね(^^♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

※関連記事の是非ご覧ください♪

ホリエモンロケットの値段や費用は?会社や社長や打ち上げについて!
こんにちは! ホリエモンロケットとも呼ばれる「小型ロケットMOMO」の2号機が2018年4月28日に打ち上げることが発表されました。...

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする