金井忠一(長野県知事選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年8月5日に行われる長野県知事選挙に立候補している金井忠一(かないちゅういち)氏について見ていきたいと思います。

金井忠一氏はどのような候補者なのでしょうか?

金井忠一氏の政策や経歴などについてまとめました。

長野県知事選挙2018で金井忠一氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

金井忠一のプロフィール

まずは、金井忠一氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:金井 忠一(かない ちゅういち)

生年月日:1950年7月14日

年齢:68歳

出身地:長野県上田市

金井忠一氏は上田市下室賀生まれで68歳の候補者です。

今回の知事選には「明るい県政をつくる県民の会」や共産党の推薦を受けています。

阿部県政を批判し、3つの転換を掲げています。

金井忠一氏は1995年に上田市議会選挙で初当選してから5期を務めました。

趣味は読書、旅行、絵画鑑賞です。家族は奥さんと3人の子供がいます。

金井忠一の学歴

金井忠一 学歴

金井忠一氏の学歴をご紹介します。

出身小学校:上田市立川西小学校

出身中学校:川西中学校

出身高校:上田東高等学校

上田東高校の偏差値は現在長野県内では真ん中より上の方です。

21歳で結婚して婿養子に入っています。大学には進学してないと思われます。

スポンサードリンク

金井忠一の経歴

金井忠一 経歴

金井忠一氏の経歴をご紹介します。

高校卒業後、企業に就職します。

1970年に上田市役所職員となり25年間勤務します。

1995年に上田市議会選挙で初当選してから5期を務めました。

2014年、2018年に上田市長選挙に立候補するも落選しています。

2018年8月5日の長野県知事選挙に立候補しています。

金井忠一の公約

金井忠一氏の政策について見ていきたいと思います。

金井氏は阿部守一県政からの「3つの転換」を掲げています。

1.大型公共事業優先の県政から県民の暮らし優先への転換

2.国政に対してノーと言える県政への転換

3.県民の声が届く県政への転換

憲法9条を守り県民の命と暮らしと平和を守りたい。

大北森林組合の補助金不正受給事件の責任の所在があいまい。

リニア中央新幹線など大型の公共事業の見直し。

などを訴えています。

金井忠一氏が掲げている政策はこちら!

1.教育オール無償化 国民健康保険料の軽減

2.信頼できる県政運営 南信に第2県庁機能を

3.身近なインフラ整備重視、農業・ものづくり・観光で雇用の拡大

4.自然再生エネルギー100%、災害に強い長野県

5.憲法9条を守り核兵器禁止条約の締結

金井忠一氏の詳細な政策は公式ホームページをご確認ください。

金井忠一氏の政策ページ

※わかりやすいでお馴染みの池上彰さんによる選挙の基本がわかる書籍!選挙とは?いまさら聞けない選挙の知識が満載の一冊です!

※こちらも池上彰さんの本!日本の選挙制度や議会のしくみ、憲法など、知らなかった政治・選挙のキホンを図を使ってやさしく解説した必読の一冊です!

まとめ

今回は長野県知事選挙2018に立候補している金井忠一氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

長野県知事選挙の投開票は2018年8月5日(日)となります。

今回は金井忠一氏の他に、阿部守一氏が立候補してます。

阿部守一氏の記事もご覧ください。

阿部守一氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする