火星大接近を自由研究に!スマホで撮影するコツや時期を伝授!

こんにちは!

今年は火星が地球に大接近することで話題になっています。

2018年の夏に最接近するので多くの方に観測のチャンスがあります。

8月いっぱいは観測が可能なので時期的には小学生の夏休みの自由研究に最適ですね!

今回は、大接近する火星をスマホで撮影するコツや方法をご紹介します。

是非参考にしてください♪

スポンサードリンク

火星をスマホで撮影するコツ

火星 スマホ撮影

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/position.html

では、早速火星をスマホで撮影するポイントをご紹介します。

最近はスマートフォンのカメの機能が劇的に向上してますので、できればスマホで撮影したいですよね!

スマホで火星を撮影するポイントを3つまとめました。

1.フラッシュ・照明はオフにしておく

フラッシュはカメラを立ち上げると設定できますね。

基本的にはオフになっていると思いますが、フラッシュは必ずオフにしておきましょう。

2.セルフタイマー機能を使う

セルフタイマーを使うことでシャッターボタンを押す際の手ブレを防ぐことができます。

3.カメラを固定する

できればカメラを固定したいですね。

どうしても固定ができない場合は両手でスマホを包み込むように持つだけでも手ブレは減ります。

他に機能としてあるならば・・・
・撮影は風景や夜景モードに設定する
・明るさ+/-は、いちばん+にしておく
・HDR機能はオンにしておく

普通に火星をスマホで撮影したい方はこれを意識するだけでかなり綺麗な写真が撮影できると思います。

是非お試しください。

スポンサードリンク

火星の自由研究にはもうひと手間を!

自由研究やもう少ししっかり、はっきりと火星を観察したい方におすすめのアイテムをご紹介します。

この天体望遠鏡を使えば火星の撮影がきれいにできます。

スマホ撮影付き天体望遠鏡がおすすめ!

こちらはスマホが装着できる天体望遠鏡です。

こちらは初心者向けに作られているので初めての方でも安心して使用できます。

適正倍率70倍で火星も撮影可能です。値段もお手頃なのでまずはこちらで試してみてはいかがでしょうか。

小学生でも使いやすいように作られています。軽量で持ち運びも簡単!

適正倍率は60㎜×2=120倍です。スマホ撮影も簡単にできます。

※画像をクリックすると詳細が確認できます!

火星の自由研究におすすめの時期は?

火星 自由研究

画像引用元:https://www.vixen.co.jp/lp/2018mars/

火星を自由研究にしたいという場合は、8月の下旬がおすすめの時期です。

8月の下旬になると19時ごろには見やすい位置に火星が上がってきます。

また、火星の他に木星や金星観測できるのでとても良い時期です。

時間に余裕があればゆっくり観察して少しずつ模様が回っていく様子を観察すると良いと思います。

まとめ

今回は、火星のスマホでの撮影方法や自由研究におすすめの時期をご紹介しました。

8月中は火星を見ることができますので、晴れた日の夜に空を見上げてみてください。

自由研究には天体望遠鏡がおすすめです。1回買っておけば、星の観察や他の天体ショーの時にも大活躍します。

スマホ撮影ができるのも嬉しい点です。

次の火星の接近は2035年9月なのでこの機会に火星を観賞しておきましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする