火星接近2018年7月31日!見つけ方(方角や時間)をわかりやすく解説!

こんにちは!

2018年7月31日は火星が地球に大接近する日として話題になっています。

このチャンスに火星を観測したい!という方も多いと思います。

今回は、大接近する火星の見つけ方をわかりやすく解説していきます。

方角や時間や各地の天気が気になりましたのでまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

2018年7月31日に火星が大接近!

火星大接近2018

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/about.html

2018年7月31日は火星が地球に最も近づく日となっています。

地球との距離は5759万キロメートルまで近づくようです。

5759万キロメートルってどのくらいなのかは想像できませんよね・・・(;^ω^)

火星が地球に6000万キロメートル以内に近づくのは15年ぶりということなのでかなり珍しい現象ということがわかります。

次の大接近は2035年9月11日なのでかなり先です。

肉眼でも観測できるので、この機会に火星を観測してみることをおすすめします♪

火星の見つけ方を解説!

火星はどのくらいの時間にどの方向を見れば見つかるのでしょうか?

上の動画は短い時間でわかりやすくまとまっていますので参考になると思います。

こちらの記事でも解説させていただきます。

スポンサードリンク

時間と方角

火星の見つけ方

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/position.html

まず時間ですが、火星は16時50分に地球に最接近します。

しかし、この時間ではまだ空にのぼってきていないので火星は観測できません。

勝負は19時以降です。暗くなってからが良いでしょう。

東京では19時前に南東の空から昇り、真夜中に真南の空に移動します。

日本全国どの地域でも同じ動きと思っていただいて大丈夫です。

2018年7月31日の夜に南の空を見上げてみてください。

※追記

8月以降も同様です。夜に南の空を見上げてみてください。
8月の火星の動きは以下の通りです。

火星接近2018 見つけ方

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/position.html

色は赤く見えます。月明りにも負けない明るさで光っていますよ♪

7月31日はやぎ座の近くに位置しています。土星や木星も肉眼で観測できます。

当日は火星を見ながら天体観測を楽しみましょう!

7月31日の天気は?

火星の見つけ方

火星が観測できると言っても天気が悪かったら観測ができません。

7月31日の夜の天気をご紹介します。

晴れる地域は東北の日本海側や関東、東海、近畿の日本海側や内陸、中国地方、九州の日本海側などとなっています。

この地域にお住いの方は7月31日に火星の観測にチャレンジしてみてください。

当日天気が悪い地域でも観測のチャンスがあります!理由はこの後ご説明します。

火星は他の日でも観測のチャンスあり!

火星の見つけ方

火星は7月31日の他にも観測ができます。

火星の観測は当日のみかと思っている方もいるかもしれませんが、火星の観測は7月31日以降でもできます。

火星は7月31日以降も接近した状態が続いています。

調べてみると9月上旬ころまでは観測のチャンスがあるようです。

これだけ長い期間観測のチャンスがあるならば誰でも観測できそうですね!

しばらくは明るく輝く火星を見ることができますので、天気の良い日に火星の観測にチャレンジしてみてください♪

火星が見える天体望遠鏡は?

火星を天体望遠鏡で観測したいという方もいると思います。

双眼鏡を持っている方は多いかもしれませんが、天体望遠鏡を持っている方はなかなかいないと思います。

残念ながら倍率8倍~10倍程度の双眼鏡では火星は点にしか見えません。

火星の模様を観測するためには70倍~140倍の倍率の天体望遠鏡が必要です。

こちらの天体望遠鏡は火星の他にも、月のクレーターから木星の衛星、土星のリングまで幅広く観測することができます。価格もかなりお手頃です♪

※スマホ撮影や自由研究を考えている方はこちらの記事を参考にしてください。

火星大接近を自由研究に!スマホで撮影するコツや時期を伝授!
こんにちは! 今年は火星が地球に大接近することで話題になっています。 2018年の夏に最接近するので多くの方に観測のチャンスがあ...

まとめ

今回は、火星の大接近について見てきましたがいかがだったでしょうか?

2018年7月31日が最接近の日として注目されていますが、31日以降でも観測のチャンスがあるということがわかりました。

肉眼でも観測できますが天体望遠鏡を使えば火星の模様を見ることもできます。

8月は観測のチャンスがありますので、天気が良い日に夜空を見上げてみてください。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする