小柳聡(新潟市長選)の公約や経歴は?年齢や学歴や実績を調査!

こんにちは!

今回は、2018年10月28日に行われる新潟市長選挙に立候補している小柳聡(こやなぎさとし)氏について見ていきたいと思います。

小柳聡氏は年齢が31歳とかなり若い候補者ですが、どのような候補者なのでしょうか?

小柳聡氏の政策や経歴などについてまとめました。

新潟市長選挙2018で小柳聡氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

小柳聡のプロフィール

小柳聡 プロフィール

画像引用元:https://twitter.com/koyanagisatoshi

まずは、小柳聡氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:小柳 聡(こやなぎ さとし)

生年月日:1987年2月11日

年齢:31歳

出身地:新潟県新潟市北区

肩書:元市議

小柳聡氏は北区生まれ、北区育ちの候補者です。

年齢は31歳です。凄く若い候補者ですよね!

小柳氏は新潟市議1期目で、民進党系の市議会内会派「民主にいがた」に所属しています。

安倍政権に対して批判的な立場におり、市民との対話を軸に市政運営する意向です。連合新潟、国民民主党や社民党、共産党も小柳氏を支援する方針です。

今回の市長選には、4期務めた篠田昭市長が退任することが決定しており、16年ぶりに新しい市長が誕生します。

小柳聡氏は結婚しており、2歳の娘さんと0歳の息子さんがいます。子育て世代代表として、若い層をどれだけ巻き込めるかに注目です。

趣味は野球、サッカー観戦、スノーボードとスポーティーです。

小柳聡の学歴

小柳聡 学歴

小柳聡氏の学歴をご紹介します。

出身幼稚園:豊栄幼稚園

出身小学校:葛塚小学校

出身中学校:光晴中学校

出身高校:新発田高等学校

出身大学:立命館大学 法学部

東京大学公共政策大学院修了

さすが、高学歴ですね!

新発田高校は新潟県内でトップクラスの進学校です。

スポンサードリンク

小柳聡の経歴

小柳聡 経歴

小柳聡氏の経歴をご紹介します。

大学院卒業後、大阪のコンサルティング会社に勤務します。

その後、衆院議員秘書を経て2015年4月の新潟市議選で初当選しました。(トップ当選)
市議会では最年少当選でした。

議会活動については、ご本人の公式サイトに載っていました。

(2015年度、2016年度)
市民厚生常任委員会、人口減少対策特別委員会所属、新潟市議会主権者教育推進プロジェクトメンバー

(2017年度)
文教経済常任委員会(副委員長)、少子化対策特別委員会所属、新潟市議会主権者教育推進プロジェクトメンバー(サブリーダー)、広報委員会

(2018年度)
文教経済常任委員会、少子化対策特別委員会所属、新潟市議会主権者教育推進プロジェクトメンバー(サブリーダー)、広報委員会副委員長、議会運営委員会

出典:https://koyanagi-satoshi.jp/profile/

小柳聡の公約

小柳聡 公約

小柳聡氏の政策について見ていきたいと思います。

小柳氏は「生まれ、育ち、そして集う、未来に躍動する新潟を!」を掲げ以下の政策を打ち出しています。

1.希望する教育、子育てが実現し、子ども達の「笑顔」が弾ける街
~子育て支援・教育日本一の街へ~

2020年までに子ども医療費助成の範囲を中学生まで拡大します。

ひまわりクラブの利用料を2020年までに無料にし、開所時間の一部延長、スペースの拡大を行います。

2020年までに新潟市版の給付型奨学金を創設します。

2.安心して農業を続けられる街
~世界に誇る食と農を未来へ~

家族経営、小規模農家も安心して米作、園芸に取組めるよう新潟市版戸別所得補償制度をモデル実施します

3.魅力的な働く場のある街
~地域資源を活用し市民所得の向上を~

新潟空港への航空機整備事業(MRO)※誘致の推進、輸出手続の簡素化などを通じて、新潟東港の活性化を推進します。

4.いつまでも住み慣れた場所で安心して暮らせる街
~多世代共生の街へ~

移動販売の導入支援など「買い物難民0のまち」を目指します。

5.マイカーがなくても便利に暮らせる街
~生活の要である地域交通を守る~

BRT計画は利用者目線で徹底的に見直し、改善を進め、第1期計画にある連節バス4台の追加購入は一旦中止とし、第2期の環状線化後の利用状況を勘案し、今後の対応を検討します。

6.若者、女性、すべての人に活躍の場がある街
~全ての人に出番と居場所を~

多様な家族のあり方を尊重するため、対象を同性カップルに限定せず事実婚の異性同士を認める「多様なパートナーシップ制度」を創設します。

7.各地域の個性が光る街
~街に彩を、地域に「笑顔」を~

各地域担当の職員を配置する「地域担当制」※を新設します。
※ 地域担当制=地域の皆さんと共に課題解決に取り組む、住民と区役所を繋ぐ窓口となる職員

8.人とモノが結集する「グローカルハブシティ」
~日本海の玄関から世界へ~

新潟空港の民営化を推進し、LCCなどの新規路線就航を進め、佐渡など近隣観光エリアと連携した観光拠点化を推進し、インバウンド対応を進めます。
※グローカルハブシティ=市内及び近隣地域(ローカル)と世界(グローバル)の結節点として、モノの流通や人の交流の一大拠点となる街

小柳聡氏のさらに詳しい政策は公式サイトでご確認ください。

小柳聡氏政策ページ

小柳氏は自身のYouTubeチャンネルでも政策について語っています、ご興味のある方は是非アクセスしてみてください。

まとめ

今回は、新潟市長選挙2018に立候補している小柳聡氏について見てきました。

新潟市長選挙の投開票日は2018年10月28日(日)です。

今回は、小柳聡氏の他に、元参院議員・中原八一氏(59)、元市議・吉田孝志氏(56)、元市北区長・飯野晋氏(45)が立候補しています。

他の立候補者の記事もご覧ください。

中原八一氏の公約やプロフィールはこちら!

吉田孝志氏の公約やプロフィールはこちら!

飯野晋氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする