町田和史(福島県知事選)の経歴や公約は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年10月28日に行われる福島県知事選挙に立候補している町田和史(まちだかずし)氏について見ていきたいと思います。

町田和史氏はどのような候補者なのでしょうか?

町田和史氏の政策や経歴などについてまとめました。

福島県知事選挙2018で町田和史氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

町田和史のプロフィール

まずは、町田和史氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:町田 和史(まちだ かずし)

生年月日:不明

年齢:41歳

出身地:埼玉県

肩書:共産党県委員長

町田和史氏は埼玉県秩父郡両神村生まれの候補者です。

共産党の推薦を受けての立候補となります。

日本共産党や労働組合、民主団体でつくる「みんなで新しい県政をつくる会」という団体があり、そこからの要請を受けた形です。

「国や東電に県民の声をストレートにぶつける県政をつくりたい」と意気込みを語っています。

原発ゼロ、安倍政権が進める憲法9条の改正や消費税増税に反対の立場をとり、県民や現場の声が活かされる県政へと転換していきたい意向です。

町田和史氏には、高1年生の長女と小学5年の長男がいます。

趣味は登山、スキー・スノーボード、読書、音楽と幅広いです。

町田和史の学歴と経歴

町田和史 学歴と経歴

町田和史氏の学歴と経歴をご紹介します。

出身高校は埼玉県狭山市にある西武文理高校、出身大学は福島大学行政社会学部です。

経歴は、「しんぶん赤旗」記者、党県委員会の常任委員、書記長を経て2018年2月から共産党県委員長に就任しています。

スポンサードリンク

町田和史の公約

町田和史 公約

町田和史氏の政策について見ていきたいと思います。

町田氏は「県民の声でつくつ新しい県政へ」をキーワードに、以下の7つの政策を掲げています。

①国や東京電力に県民の立場でハッキリとものを言い、全国に原発ゼロを発信します。憲法9条改悪や消費税増税などの悪政にキッパリ反対します。

②汚染水の海洋放出に明確に反対し、完全賠償のために原子力損害対策協議会の全体会をただちに開催して「オール福島」の発信をします。

③経済も再生可能エネルギーも、大規模プロジェクトではなく、地域循環型、住民参加型での活性化を目指します。

④学校給食費無料や教材費への支援を強め、子ども医療費無料を継続させます。また1万にのぼる特別養護老人ホーム待機者解消に全力を尽くします。

⑤使い勝手のよい制度で中小企業を直接的に支援しながら、最低賃金、時給1000円をめざします。返済不要の奨学金を拡充します。

⑥戸別所得補償制度の廃止を補う県独自の農業支援制度をつくります。

以上は、現在の予算の組み換えで十分に実現可能です。さらに、

⑦ボトムアップの県政をつくるために、県民のみなさんとひざを交えて語るタウンミーティングを毎月開催するとともに、知事室直行の目安箱を県内各地に設置します。知事報酬を3割カットすることでこの経費の一部をまかないたいと思います。

出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2018/10/02/151754

内堀県政について「県政は県民ではなく安倍政権を向いている」と批判。

「国や東電に県民の声をストレートにぶつける県政をつくりたい」と意気込みを語っています。

まとめ

今回は、福島県知事選挙2018に立候補している町田和史氏について見てきました。

福島県知事選挙の投開票日は2018年10月28日(日)です。

今回は、町田和史氏の他に、現職の内堀雅雄氏(54)、新人の自然塾代表・金山屯氏(78)、新人の会社経営・高橋翔氏(30)が立候補しています。

他の立候補者の記事もご覧ください。

内堀雅雄氏の公約やプロフィールはこちら!

金山屯氏の公約やプロフィールはこちら!

高橋翔氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする