マグロの初競り豊洲2019は過去最高額!落札者はどこ?名前は?

こんにちは!

2019年1月5日に豊洲市場移転後初のマグロの初競りが行われました。

マグロ最高値は3億3360万円という過去最高額を記録して本当にびっくりです!

一体誰がそんなすごい金額で落札したのでしょうか?

スポンサードリンク

マグロの初競り豊洲2019は過去最高額!落札者はどこ?

マグロの初競り豊洲2019 落札者

画像引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFK05H04_V00C17A1000000/

落札者は「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村の木村清社長です。

木村社長が278キロの青森県大間産本マグロを3億3360万円の最高額で落札しました。

お馴染みの名物社長がとんでもない金額で落札したということですね!

これには驚きました(^^;

豊洲初年度ということで張り切った様子ですね。それにしても凄い…

東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降、これまでの最高は2013年の1億5540万円でした。

この金額も凄い金額でした。

にぎりずしにすると原価だけで1個10万円相当になるんですから相当です。

その1億5540万円の2倍以上の金額で落札されたんですからびっくりです。

さすが木村社長といったところです。コメントが気になります。

【更新】
木村社長は「やっちゃったね。やりすぎちゃった。5000万~6000万円くらいと思っていた。すぐ銀行さん行かないと」とコメントしています。

競り落としたマグロは全店舗で販売されます。

※今回最高値をつけたマグロを釣り上げた漁師さんの情報はこちらにまとめています。

マグロの初競り豊洲2019!釣った人は誰?漁師の経歴をチェック!

スポンサードリンク

すしざんまいは直近8年で7回の最高額で落札!

マグロの初競り豊洲2019 落札者

「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村の木村清社長は2012年から2019年までの8年間で7回の最高額を叩き出しています。

それにしても2019年の3億3360万円は凄いです。1キロ当たり120万円ですからね~!

とんでもないマグロです(^^;

産地は青森県大間産のクロマグロが8年連続で最高値をつけました。

大間産のマグロは記録がある1999年から2019年までの20年間で18回最高値をつけています。これもすごいことですよね。

「マグロと言えば大間」です。

※関連記事

マグロの初競りの歴代落札額をまとめています。

マグロの初競り歴代落札額まとめ!歴代最高額はいつ?いくら?

漁師さんにどのくらいお金が入るのか気になる方はこちらの記事を参考にしてください♪

マグロの初競り2019!漁師の取り分はいくら?なぜ価格が高いのか?

今回最高値をつけたマグロを釣り上げた漁師さんの情報はこちらにまとめています。

マグロの初競り豊洲2019!釣った人は誰?漁師の経歴をチェック!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする