マグロの初競り豊洲2019!釣った人は誰?漁師の経歴をチェック!

こんにちは!

2019年1月5日早朝に行われた豊洲市場でのマグロの初競りは史上最高額の3億3360万円で落札されました。

3億3360万円の値をつけたのは青森県大間産の本マグロでした!

このマグロを釣り上げた漁師さんは誰なのでしょうか?

気になったのでまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

マグロの初競り豊洲2019!釣った人は誰?

マグロの初競り豊洲2019 釣った人

2019年1月5日早朝に豊洲市場移転後初のマグロの初競りが行われました。

このマグロを落札したのは「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村の木村清社長でした。

初競りお馴染みの名物社長が誰もが驚く驚愕の3億3360万円で競り落としました。

では、このマグロを釣り上げた漁師さんはだれなのでしょうか?

調べたところ、このマグロを釣り上げた漁師さんは大間漁協所属の一本釣り漁船「第28光明丸」の藤枝亮一船長ということがわかりました。

今回最高値をつけたマグロは「278キロの青森県大間産クロマグロ(本マグロ)」です。

このキーワードをもとに調べると、このマグロを釣り上げた漁師さんは藤枝亮一さんということがわかりました。

2019年のマグロの初競りは過去最高額!

マグロの初競り豊洲2019 釣った人

先述しましたが、2019年のマグロの初競りは過去最高の3億3360万円という最高値をつけました。

元々「ご祝儀相場」で高値をつける傾向のあるマグロの初競りですが、想像を超える高値となりました。

理由として、豊洲移転後初の初競り、平成最後の初競りと節目が重なったことも高値を後押ししたと思われます。

他にも本年度は全国的な品薄傾向で、単価は比較的高い水準で推移しているとのことです。

様々な要因が絡まってこの最高額が出たということですね。

これまでの最高額は2013年の1億5540万円でした。この金額の2倍以上ということからも今回の価格が「異常」ということがわかります。

昨年(2018年)の最高値は3645万円でした。この価格の9倍以上ですからね。凄すぎです。

漁師さんは嬉しいでしょうね(^^♪

スポンサードリンク

大間漁協は他にも大物を水揚げ!

先ほど大間漁協所属の「第28光明丸」の藤枝亮一船長が278キロの本マグロを釣り上げたと紹介しました。

他にも大間漁協所属の漁師さんは大物を釣り上げています。

はえ縄漁船「第38良栄丸」の佐々木勝弥船長は185キロのマグロなど計7本の水揚げをしました。

大間の漁師さんは素晴らしい仕事をしましたね。

さすが大間です。「マグロと言えば大間」が定着しています。

藤枝亮一のプロフィールや経歴

今回、最高値をつけたマグロを釣り上げた藤枝亮一さん。

現在の年齢は64歳です。

藤枝亮一さんはマグロの仲買人でしたが、マグロを獲る道に進みました。

漁師のキャリアは19年です。

あの松方弘樹さんと一緒に海に出ていたようですね。

マグロ漁は天候にも左右され、獲れないときは1ヶ月間全く釣れない時もあります。

命がけで漁に取り組む藤枝亮一さんは息子に漁師は継がせないと話します。

「マグロ3億円」だけ聞くと「漁師はいいな」と思いがちですが、実際はマグロ漁だけで生計を立てる漁師は少なくやはりそれだけ大変な仕事です。

278キロの大物を水揚げした藤枝亮一さんは「思ったよりでっかくて正直びっくりした。」と話しています。このマグロが3億3360万円!

藤枝亮一さんもこの金額は想像してなかったでしょうね(^^♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

【更新】

後日、藤枝亮一さんについてもう少し調べてまとめました。是非ご覧ください♪

藤枝亮一(大間マグロ漁師)の経歴や年収を調査!結婚や子供は?

※関連記事もご覧ください♪

マグロの初競りで漁師の取り分はいくらか?をまとめています。

マグロの初競り2019!漁師の取り分はいくら?なぜ価格が高いのか?

マグロの初競りの歴代落札額をまとめています。

マグロの初競り歴代落札額まとめ!歴代最高額はいつ?いくら?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント