松田広子(イタコ)の口寄せって本当?申込や料金はいくら?

スポンサードリンク

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は、恐山最後のイタコである松田広子さんについての記事です。

2017年1月25日(水)TBSで放送の水トク!「世界の怖い夜…最後のイタコ&本当にあった呪いの物語」に登場するみたいです。

そもそもイタコって何?という疑問から、松田広子さんの口寄せや料金について解説していきます。

是非ご覧ください!

イタコとは?

松田広子 イタコ

まずは、イタコについてご説明します。

これがわからないと先に進めませんからね。

イタコとは、東北地方の北部で口寄せを行う巫女(みこ)さんのことを言います。

口寄せとは、霊を自分に降霊(憑依)させて、霊の代わりにその意志などを伝えることです。

わかりやすく言いますと、イタコさんが亡くなった人の霊をあの世から呼び出して、メッセージなどを語ってもらうということです。

例えば、亡くなったおじいちゃんのメッセージを受け取ったりできるという訳です。

イタコは、霊的な力を持つとされる人もいる一方で、心理カウンセラーや占い的な要素も強いとされています。

恐山最後のイタコが登場!

今回、テレビ番組に出演するイタコは、松田広子さんという方です。

現在44歳で、現役のイタコでは最年少であることから「最後のイタコ」と呼ばれています。

今回のテレビでは、人気司会者で3年前に突然肺胞出血で急死した山本文郎さんの妻・山本由美子さんが登場します。

イタコの松田広子さんの口寄せで、最期の言葉を話す間もなく逝ってしまった山本文郎さんの想いが語られます。

一体どんなメッセージが語られるのでしょか?注目です!

松田広子さんのプロフィール

松田広子 プロフィール

画像引用元:https://joshi-spa.jp/26070

最後のイタコ松田広子さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

松田広子さんは、1972年、青森県八戸市生まれです。

二人のお子さんがいます。

幼少期から体が弱く、原因不明の熱を出して保育園を中退するほどでした。

そこで、母親がイタコのところに相談をしに行きました。

そこでイタコにお祓いをしてもらうと不思議と熱が下がったという経験をお持ちです。

幼少の頃からイタコとの縁が深かった松田さんは、中学校を卒業後にイタコの弟子入りを志願します。

1991年7月、恐山(青森)の夏の大祭でイタコとしてデビュー。

その後も活動を続け、現在は八戸市在住の郷土史家・江刺家均氏に師事しながら“オシラ様遊ばせ”など青森に根付く信仰や風習を後世に引き継ぐべく活動中です。

イタコの口寄せって本当?

松田広子 本当

イタコの口寄せはどんなものかはわかりました。

では、「イタコの口寄せって本当?」って疑問が湧いてきますよね。

本当に亡くなった方の意志なんてわかるのか?そんなの適当なのでは?という気持ちもわかります。

しかし、そもそも本当か?ウソか?という議論も違う気がします。

スポンサードリンク

先ほど言いましたが、イタコは霊的な力を持つとされる人もいる一方で、心理カウンセラーや占い的な要素も強いのです。

今回の山本文郎さんのケースのように急死というケースもあり、言葉を交わしたくても交わせない人が多くいるのです。

そんな人の心残しを少しでも取り除ければよいと思うのです。

ウソだと思う方はウソだと思っていればよく、本当だと思う方は、本当だと思っていればよいのです。

そういう方が、イタコの口寄せを申し込むのです。

ちなみにイタコの口寄せはとても人気があり、何十時間も並ぶそうです。

イタコの口寄せの申込みや料金について

松田広子 申し込み

イタコの口寄せの申込みみついて解説します。

イタコの口寄せは、青森県むつ市にある恐山の恐山大祭か恐山秋詣りの時にやってもらうケースが一般的です。

霊場・恐山では7月の恐山大祭中、2人のイタコが朝から晩まで口寄せを行い、1日100人以上の霊を口寄せします。

(恐山大祭は毎年7月20日~7月24日 恐山秋詣りは毎年10月上旬です)

人気が高く待ち時間がかなりのものになると予想されます。

事前の予約もできません。

松田広子さんのホームページには、お問い合わせフォームがあるのでそちらから問い合わせてみるのもいいかもしれません。

日時を調整はかなり難しいと思いますが・・・

口寄せの料金は?

恐山の口寄せの料金は1回5000円です。

時間は約15分ほどで終わるみたいです。

自分の名前、あの世から呼び出してもらいたい人の名前、亡くなった命日をイタコさんに伝えれば口寄せしてくれます。

まとめ

今回は、最後のイタコの松田広子さんやイタコの申し込みや料金について見てきましたがいかがだったでしょうか?

いろんな考え方がある中ですが、イタコの口寄せで救われるかたも多くいることも事実です。

松田広子さんは、『最後のイタコ』という著書を出版しています。

ご興味のある方は是非読んでみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

※関連記事

松田広子さんのように困った人を助けるばっちゃんとは?

中本忠子(ばっちゃん)の活動内容と場所はどこ?資金はどうしてる?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする