マツコの知らない世界で紹介!クリスマスツリーの飾りや商品の通販は?

こんにちは!

2018年12月4日放送の『マツコの知らない世界』は「マツコの知らないクリスマスツリーの世界」という興味深いテーマの放送でした。

これまで200本以上ものクリスマスツリーをコーディネートしてきた佐々木潤さんが登場し、家庭で楽しめるクリスマスツリーの魅力を伝えました。

家庭でクリスマスツリーを飾って幸せになってほしいと意外と知られていない飾りつけのコツを紹介しました。

初めてクリスマスツリーを飾ったマツコさんも大興奮でした。

今回は番組で紹介されたクリスマスツリーのオーナメント(飾り)や飾り付けのポイントをまとめました。

今年はこのポイントをおさえてクリスマスを楽しみましょう(^^♪

スポンサードリンク

マツコの知らない世界で紹介された商品は?

ツリー

クリスマスツリーは、飾りたくなる3大ブランドイケア・コストコ・ニトリで買え!

イケア もみの木
(税込み2999円)
・もみの木は本物。
・葉はアロマの原料で癒し効果がある。
・期間中にツリーを店に返却すると1000円分のクーポンがもらえるので実質1999円。
・11月下旬に販売するが、大人気で初日に完売する店もある。

コストコ クリスマスツリー屋内用 2m28㎝
(税込み3万4680円)
・手軽に楽しみたい方におすすめ。
・ライトが最初からついている。
・ライトは7種類の点滅に切り替え可能。
・LED700球付き。

ニトリ ヌードツリー180㎝スノー
(税込み5990円)
・家族連れにおすすめ。
・木に雪が吹きかけられているので自然な雪に見える。
・雪が本物っぽくて見た目が良い。
・ノスタルジーに浸れる。

最近はツリーが安くなっているので、家庭でも気軽に楽しめる。

スポンサードリンク

オーナメント

おすすめの3つのお店はフライングタイガーコペンハーゲン、ソストレーネグレーネ、ザ・コンランショップ。

1.フライングタイガーコペンハーゲン

・幸福の国・デンマーク生まれのインテリアショップ。
・本物の幸せを運んでくれる妖精が人気。
・ユーモアあふれるオーナメントと色彩に富んだデザインが特徴。
・ニッセと呼ばれる北欧で昔から親しまれる妖精は幸せを運ぶので縁起がいい。
・オーナメントは100円など安いものが多い。妖精は100円。
・豚のオーナメント300円。
・DIYオーナメント300円。→自分で完成させるタイプの飾りもある。

2.ソストレーネグレーネ

・デンマーク生まれのインテリア雑貨ショップ。
・落ち着いた色使いのデザインが特徴。
・LEDつきクリスマスボール578円。
・オーナメントが単体で光るものがある。デザインも様々。
・クリスマスボーブル278円。

3.ザ・コンランショップ
・今年は「Around the World」がテーマ
・本物志向なのにユニークなのが特徴。子供が喜ぶ。
・BRISTLE SILVER RABBITは1500円。かわいいうさぎの飾り。
・BRISTLE SILVER MOUSEは1500円。かわいいねずみの飾り。
・TURQ GLITTER FEATHER BIRD ON CLIPは600円。クリップがついいる鳥。
・TAXI WITH SANTAは3500円。タクシーに乗ったサンタ。

マツコの知らない世界で紹介されたクリスマスツリー飾りのコツ

マツコの知らない世界 クリスマスツリー

飾るときのルールはクリスマスソングをかける。(笑)

【飾りつけのポイント】

1.バランスをとるためにライトは付けたまま飾りつけをする。

2.壁につけて置くときは正面だけに巻く。

3.下までライトをつけたら一度照明を落としてバランスを確認する。

4.飾りつけをする前にライトを消す→ライトでごまかされてぐちゃぐちゃな飾りつけになる。

5.同じ飾りは三角形につけるとバランスが良くなる。

まとめ

今回は、『マツコの知らない世界』で紹介されたクリスマスツリーの商品や飾りつけのポイントをまとめました。

もう少しでクリスマスですね!今年はこの飾りつけのポイントをおさえてクリスマスを楽しみましょう♪

もう師走とは本当に早いです。あっという間にお正月を迎えて2019年になりますね!

皆さんも是非佐々木潤さんが紹介した方法でクリスマスを楽しんでくださいね(^^♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

今回出演した佐々木潤さんについての記事はこちらです!

佐々木潤(クリスマスツリー)が結婚した嫁や子供は?家族(姉や父)も調査!
こんにちは! 2018年12月4日放送の『マツコの知らない世界』にクリスマスツリーの魅力を伝える佐々木潤さんが出演しました。 「...

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする