マツコの知らない世界で紹介された読み聞かせ絵本一覧!

こんにちは!

2019年1月22日の『マツコの知らない世界』は「大人も夢中!読み聞かせ絵本の世界」ということで絵本が多数紹介されました。

ゲストとして自宅に1500冊の絵本を所有する主婦の内田早苗さんが出演しました。

この記事では、『マツコの知らない世界』で紹介された読み聞かせ絵本をまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

マツコの知らない世界で紹介された読み聞かせ絵本一覧!

2019年1月22日の『マツコの知らない世界』で紹介された読み聞かせ絵本一覧です。

■しろくまちゃんのほっとけーき

ホットケーキを焼くページが子どもに人気の絵本です。大人は気づけないが子どもが共感するある秘密が隠されています。
→しろくまのエプロンの色が変化しています。

■ごぶごぶごぼごぼ

落ち着きのない子どもが静かになるという魔法の絵本です。お腹にいた時に聞こえた音が絵本に書かれています。

■くだもの

本物の果物に見えるように書かれています。子どもが描かれた果物を取ろうとするだけでなく食べようとします。

■これはのみのびこ

反復する聞き心地が最高です。これを読んでいると子どもが言葉を覚え合唱してしまうといいます。

■おいしいおと

食べ物を食べる音が描かれています。作者さんが目が不自由で耳で感じた音が表現されています。

■オニのサラリーマン

関西弁で書かれた絵本です。社会のリアルを描いていますが、関西弁が柔らかくして子どもの耳に馴染みやすいです。

■パンツのはきかた

子どもに大人気の歌絵本です。最後にクスっと笑ってしまうオチがあります。

■あなたがとってもかわいい

子どもを想う親の普遍的な愛を描いた絵本です。

※こんな本もチラッと出てました。

■アンディ・ウォーホルのヘビのおはなし

■えんとつ町のプペル

読み聞かせ絵本の世界出演の内田早苗とは?

「読み聞かせ絵本の世界」に出演したのは主婦の内田早苗さんです。

内田早苗さんは自宅に1500冊の絵本を持ち、絵本講師として絵本教室を開いている主婦です。

子どもが苦手だったことが絵本にハマったきっかけでした。息子に絵本を読み聞かせているうちに多くの絵本に出会いました。

年間2000冊以上も発売されている絵本の選び方や読み聞かせ方を伝授してくれました。

※こちらは子供が泣き止む絵本として人気の絵本の紹介記事です。

もいもい(絵本)の対象年齢は何歳?口コミレビューや値段をチェック!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする