MGC(マラソン)男子出場選手一覧!出身大学や自己ベストを紹介!

こんにちは!

2019年9月15日にマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が開催されます。

MGCは、2020年の東京オリンピックにつながる非常に大切な大会となっています。

今回は、MGCに出場する男子選手を一覧で全員ご紹介します。

どの選手がMGCファイナリストになったのでしょうか?

各選手の簡単な実績もまとめましたので、是非参考にしてください!

スポンサードリンク

MGC(マラソン)男子出場選手一覧!

では早速見ていきたいと思います。

MGCの男子の出場者は以下の選手です。

村澤明伸(日清食品グループ)
大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)
上門大祐(大塚製薬)
竹ノ内佳樹(NTT西日本)
川内優輝(埼玉県庁)
園田隼(黒崎播磨)
設楽悠太(Honda)
井上大仁(MHPS)
木滑良(MHPS)
宮脇千博(トヨタ自動車)
山本憲二(マツダ)
佐藤悠基(日清食品グループ)
中村匠吾(富士通)
岡本直己(中国電力)
谷川智浩(コニカミノルタ)
大塚祥平(九電工)
中本健太郎(安川電機)
藤本拓(トヨタ自動車)
服部勇馬(トヨタ自動車)
山岸宏貴(GMOアスリーツ)
福田穣(西鉄)
二岡康平(中電工)
橋本崚(GMOアスリーツ)
岩田勇治(MHPS)

以上のメンバーが東京オリンピック出場権をかけてマラソングランドチャンピオンシップに挑みます。

MGC(マラソン)男子出場選手のプロフィールと自己ベスト

MGCの出場を決めた選手のプロフィールをご紹介します。

村澤明伸

名前:村澤 明伸(むらさわ あきのぶ)

生年月日:1991年3月28日

出身地:長野県

身長:167㎝

体重:54㎏

出身中学校:樽川中(長野)

出身高校:佐久長聖高(長野)

出身大学:東海大学

自己ベスト:2時間09分47秒(2018.2 東京マラソン)

北海道マラソン2017で優勝し、MGC出場第1号となりました。

大迫傑

名前:大迫 傑(おおさこ すぐる)

生年月日:1991年5月23日

出身地:東京都

身長:170㎝

体重:51㎏

出身中学校:金井中(東京)

出身高校:佐久長聖高(長野)

出身大学:早稲田大学

自己ベスト:2時間05分50秒(2018.10 シカゴマラソン)

福岡国際マラソン2017で日本人トップでゴールしてMGC出場権を獲得しました。

2018年のシカゴマラソンでは、日本人初の2時間5分台を記録しました。

上門大祐

名前:上門 大祐(うえかど だいすけ)

生年月日:1993年12月11日

出身地:京都府

身長:176㎝

体重:59㎏

出身高校:北陵高(京都)

出身大学:京都産業大学

自己ベスト:2時間09分27秒(2017.12 福岡国際マラソン)

福岡国際マラソン2017で日本人2位に入りMGC出場権を獲得しました。

竹ノ内佳樹

名前:竹ノ内 佳樹(たけのうち よしき)

生年月日:1992年5月25日

出身地:大阪府

身長:176㎝

体重:57㎏

出身高校:関西大学第一高(大阪)

出身大学:日本大学

自己ベスト:2時間10分01秒(2017.12 福岡国際マラソン)

福岡国際マラソン2017で日本人3位に入りMGC出場権を獲得しました。

マラソンは2017年のびわ湖毎日マラソンが初挑戦でした。

園田隼

名前:園田 隼(そのだ はやと)

生年月日:1989年4月5日

出身地:熊本県

身長:166㎝

体重:50㎏

出身中学校:阿蘇西原中(熊本)

出身高校:熊本国府高(熊本)

出身大学:上武大学

自己ベスト:2時間09分34秒(2018.2 別府大分毎日マラソン)

別府大分毎日マラソン2018で日本人トップでゴールしてMGC出場権を獲得しました。

2018年の世界ハーフマラソン選手権にも出場しています。

設楽悠太

名前:設楽 悠太(したら ゆうた)

生年月日:1991年12月18日

出身地:埼玉県

身長:174㎝

体重:48㎏

出身中学校:男衾中(埼玉)

出身高校:武蔵越生高(埼玉)

出身大学:東洋大学

自己ベスト:2時間06分11秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人1位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

東京マラソンで男子マラソンの日本記録を16年ぶりに塗り替え、1億円を獲得しました。

井上大仁

名前:井上 大仁(いのうえ ひろと)

生年月日:1993年1月6日

出身地:長崎県

身長:165㎝

体重:51㎏

出身中学校:飯盛中(長崎)

出身高校:鎮西学院高(長崎)

出身大学:山梨学院大学

自己ベスト:2時間06分54秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人2位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

アジア大会2018では見事金メダルを獲得しています。

木滑良

名前:木滑 良(きなめ りょう)

生年月日:1991年1月22日

出身地:長崎県

身長:168㎝

体重:54㎏

出身高校:瓊浦高(長崎)

自己ベスト:2時間08分08秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人3位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

宮脇千博

名前:宮脇 千博(みやわき ちひろ)

生年月日:1991年8月28日

出身地:長野県

身長:176㎝

体重:57㎏

出身高校:中京高(岐阜)

自己ベスト:2時間08分45秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人4位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

山本憲二

名前:山本 憲二(やまもと けんじ)

生年月日:1989年11月17日

出身地:広島県

身長:165㎝

体重:53㎏

出身高校:遊学館高(石川)

出身大学:東洋大学

自己ベスト:2時間08分48秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人5位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

佐藤悠基

名前:佐藤 悠基(さとう ゆうき)

生年月日:1986年11月26日

出身地:静岡県

身長:179㎝

体重:60㎏

出身高校:佐久長聖高(長野)

出身大学:東海大学

自己ベスト:2時間08分58秒(2018.2 東京マラソン)

東京マラソン2018で日本人6位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

多くの世界大会に出場しているベテランです。

スポンサードリンク

中村匠吾

名前:中村 匠吾(なかむら しょうご)

生年月日:1992年9月16日

出身地:三重県

身長:172㎝

体重:55㎏

出身中学:内部中(三重)

出身高校:上野工業高(現:伊賀白鳳高)(三重)

出身大学:駒澤大学

自己ベスト:2時間08分16秒(2018.9 ThBmwBerlin-Marathon)

びわ湖毎日マラソン2018で日本人トップでゴールしてMGC出場権を獲得しました。

自己ベストは2018年秋のベルリンマラソンで樹立しています。

川内優輝

名前:川内 優輝(かわうち ゆうき)

生年月日:1987年3月5日

出身地:東京都

身長:175㎝

体重:62㎏

出身中学:鷲宮中(埼玉)

出身高校:春日部東高(埼玉)

出身大学:学習院大学

自己ベスト:2時間08分14秒( 2013.3 ソウル国際マラソン )

対象2大会(2017年福岡、2017年防府読売)の平均が2時間11分00秒以内というワイルドカード枠でMGC出場権を獲得しました。

ボストンマラソン2018では31年ぶりの日本人優勝を果たしています。

岡本直己

名前:岡本 直己(おかもと なおき)

生年月日:1984年5月26日

出身地:鳥取県

身長:176㎝

体重:56㎏

出身高校:由良育英高(現:鳥取中央育英高)(鳥取)

出身大学:明治大学

自己ベスト:2時間11分29秒(2018.8 北海道マラソン)

北海道マラソン2018で優勝し、MGC出場権を獲得しました。

谷川智浩

名前:谷川 智浩(たにがわ ともひろ)

生年月日:1989年3月4日

出身地:熊本県

身長:161㎝

体重:46㎏

出身高校:熊本工業高(熊本)

出身大学:拓殖大学

自己ベスト:2時間11分39秒(2015.4 長野マラソン)

北海道マラソン2018で日本人2位でゴールし、MGC出場権を獲得しました。

大塚祥平

名前:大塚 祥平(おおつか しょうへい)

生年月日:1994年8月13日

出身地:大分県

身長:170㎝

体重:55㎏

出身中学:城南中(大分)

出身高校:大分東明高(大分)

出身大学:駒澤大学

自己ベスト:2時間10分12秒(2018.2 別府大分毎日マラソン)

北海道マラソン2018で日本人3位でゴールし、MGC出場権を獲得しました。

中本健太郎

名前:中本 健太郎(なかもと けんたろう)

生年月日:1982年12月7日

出身地:山口県

身長:173㎝

体重:58㎏

出身中学:菊川中(山口)

出身高校:西市高(山口)

出身大学:拓殖大学

自己ベスト:2時間08分35秒(2013.2 別府大分毎日マラソン)

北海道マラソン2018で日本人4位でゴールし、MGC出場権を獲得しました。

藤本拓

名前:藤本 拓(ふじもと たく)

生年月日:1989年9月11日

出身地:山口県

身長:166㎝

体重:54㎏

出身高校:高水高(山口)

出身大学:国士舘大学

自己ベスト:2時間07分57秒(2018.10 シカゴマラソン)

シカゴマラソン2018で2時間07分57秒を記録して、「指定大会で2時間08分30秒以内」の条件を満たし、ワイルドカードでMGC出場権を獲得しました。

服部勇馬

名前:服部 勇馬(はっとり ゆうま)

生年月日:1993年11月13日

出身地:新潟県

身長:176㎝

体重:63㎏

出身中学:中里中(新潟)

出身高校:仙台育英高(宮城)

出身大学:東洋大学

自己ベスト:2時間07分27秒(2018.12 福岡国際マラソン)

福岡国際マラソン2018で優勝を果たし、MGC出場権を獲得しました。

山岸宏貴

名前:山岸 宏貴(やまぎし ひろき)

生年月日:1991年9月6日

出身地:新潟県

身長:170㎝

体重:54㎏

出身高校:高田北城高(新潟)

出身大学:上武大学

自己ベスト:2時間10分14秒(2018.2 東京マラソン)

福岡国際マラソン2018で日本人4位でゴールして、MGC出場権獲得済みの上位2選手を除き日本人2位となったことで、MGC出場権を獲得しました。

福田穣

名前:福田 穣(ふくだ じょう)

生年月日:1990年12月31日

出身地:福岡県

身長:166㎝

体重:51㎏

出身中学:玉名中(熊本)

出身高校:大牟田高(福岡)

出身大学:国士舘大学

自己ベスト:2時間09分52秒(2018.7 GoldCoastAirportMarathon)

福岡国際マラソン2018で日本人5位でゴールして、MGC出場権獲得済みの上位2選手を除き日本人3位となったことで、MGC出場権を獲得しました。

二岡康平

名前:二岡 康平(におか こうへい)

生年月日:1994年2月5日

出身地:鳥取県

身長:166㎝

体重:60㎏

出身高校:鳥取中央育英高(鳥取)

出身大学:駒澤大学

自己ベスト:2時間09分15秒(2019.2 別府大分毎日マラソン)

別府大分毎日マラソン2019で日本人トップでゴールしてMGC出場権を獲得しました。

橋本崚

名前:橋本 崚(はしもと りょう)

生年月日:1993年9月26日

出身地:大分県

身長:170㎝

体重:54㎏

出身高校:大分西高(大分)

出身大学:青山学院大学

自己ベスト:2時間09分29秒(2019.2 別府大分毎日マラソン)

別府大分毎日マラソン2019で日本人2位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

岩田勇治

名前:岩田 勇治(いわた ゆうじ)

生年月日:1987年7月9日

出身地:福岡県

身長:170㎝

体重:54㎏

出身高校:福岡和白丘中(福岡)

出身大学:福岡工業高(福岡)

自己ベスト:2時間09分30秒(2019.2 別府大分毎日マラソン)

別府大分毎日マラソン2019で日本人3位でゴールしてMGC出場権を獲得しました。

MGC(マラソン)男子出場選手のベストタイムランキング

MGCに出場選手でマラソンベストタイムを順番に並べてみました。

マラソンベストタイムランキングは以下の通りです。

順位 選手名 記録
1 大迫傑 2時間05分50秒
2 設楽悠太 2時間06分11秒
3 井上大仁 2時間06分54秒
4 服部勇馬 2時間07分27秒
5 藤本拓 2時間07分57秒
6 木滑良 2時間08分08秒
7 川内優輝 2時間08分14秒
8 中村匠吾 2時間08分16秒
9 中本健太郎 2時間08分35秒
10 宮脇千博 2時間08分45秒
11 山本憲二 2時間08分48秒
12 佐藤悠基 2時間08分58秒
13 二岡康平 2時間09分15秒
14 上門大祐 2時間09分27秒
15 橋本崚 2時間09分29秒
16 岩田勇治 2時間09分30秒
17 園田隼 2時間09分34秒
18 村澤明伸 2時間09分47秒
19 福田穣 2時間09分52秒
20 竹ノ内佳樹 2時間10分01秒
21 大塚祥平 2時間10分12秒
22 山岸宏貴 2時間10分14秒
23 岡本直己 2時間11分29秒
24 谷川智浩 2時間11分39秒

ここから東京マラソンに出場できるのは3名のみとなります。

やはり上位にランクインしている選手が有力選手です。

大迫傑選手、設楽悠太選手には是非出場してもらいたいです。

日本男子マラソン界は有力選手が揃っており、本当に楽しみです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする