宮地秀享の出身高校や大学は?身長体重や年齢や鉄棒実績を調査!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は、体操の日本代表選手である宮地秀享選手について見ていきたいと思います。

日本代表選手の中でも特に鉄棒を得意種目とする宮地秀享選手。

そんな宮地秀享選手の出身高校や大学、身長体重や鉄棒の成績などについてまとめました。

これからの活躍が楽しみな選手で注目しています!

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

宮地秀享のプロフィール

宮地秀享 プロフィール

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaiyumiko/20171216-00077497/

まずは、宮地秀享選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前:宮地 秀享(みやち ひでたか)

ニックネーム:みやっち

生年月日:1994年11月12日

年齢:23歳(2018.06.25時点)

出身地:愛知県

血液型:O型

所属:茗渓クラブ

得意競技:鉄棒

宝物:みんながくれたお守り

マイブーム・趣味:ボーリング

自分の性格を一言で:精神面が弱い

好きな言葉:まずやってみてから考える

最も影響を受けた人:内村航平選手

出典:http://taisou-nippon.jp/player/hidetaka-miyachi.html

宮地秀享選手は3歳から体操を始めます。

当時は地元愛知県半田市の「ならわ体操クラブ」という体操クラブに通っていました。

宮地秀享選手は鉄棒が得意な選手として知られていますが、大学4年まではオールラウンダーでした。

特にあん馬、平行棒、鉄棒が得意でしたが、怪我の影響で種目を絞ることになりました。

2016年に練習で最高I難度の大技「伸身ブレトシュナイダー」を成功させたことで鉄棒に絞って競技を続けていくことを決断します。

練習をする傍ら中学校の非常勤講師として体育を教えています。

また、地元クラブでは子どもたちの指導も行っています。

さらに、現役の大学院生として体操の技や運動学、コーチングを研究しています。

本当に毎日忙しい中での練習となっていますが、世界体操の日本代表選手に選出されるなど実績を残してきています。

日々の努力の賜物ですね(^^♪

次は宮地秀享選手の得意技について見ていきましょう!

宮地秀享の得意技

宮地秀享選手の得意競技は鉄棒ですが、その鉄棒で内村航平選手も取り入れていない大技があります。

その技の名前が、伸身ブレットシュナイダー(伸身コバチ2回ひねり)です。

伸身ブレットシュナイダーは伸身で後方2回宙返り2回ひねりをする大技です。

この技は最難度のI難度となります。

I難度はAから始まる難度ランクで現在の男子の最高位であり、男子の全6種目の中で「ミヤチ」ただひとつ。

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaiyumiko/20171216-00077497/

これだけでも、この技がどれだけ大技なのかわかります。

この大技は当時世界で成功させた選手がおらず、宮地秀享選手が成功させたら宮地選手の名前が入ると言われていました。

その後、2017年10月の世界体操で宮地秀享選手がこの大技を成功させたので「The MIYACHI」という名前になりました。

体操選手の名前が入るっておもしろいですよね(^^♪

白井健三選手も「シライ2」「シライ3」といった名前のついた技があります。

白井選手は床と跳馬で計6つも「シライ」の名前が付く技を持っています。

内村航平選手ほどの選手でも名前の付いた技はありません。内村選手は名前の付いた技を持ってる選手がうらやましいと話していました。

自分の名前が技になるのは、選手にとってモチベーションにつながるでしょうね!

スポンサードリンク

宮地秀享の身長体重は?

宮地秀享選手の身長と体重を調べました。

身長は168cm、体重は62.5kgです。

ちなみに内村航平選手は162㎝、52㎏で白井健三選手は164㎝、54㎏です。

体操選手はやはり小柄な選手が多いですよね!

宮地秀享選手は体操選手の中では大きいほうなのでしょうか?

体操を本格的にやっているアスリートは低身長になる傾向があるようです。

宮地秀享の出身高校や大学は?

宮地秀享 出身高校や大学

宮地秀享選手の出身高校や大学について見ていきましょう。

出身高校は福井県立鯖江高校です。特に体操が強い高校で全国レベルです。

大学は筑波大学で現役の大学院生(2年生)です。

体操の技や運動学を研究しています。

先ほどもご紹介しましたが、大学院生に加え非常勤講師や体操クラブでの指導、そして選手活動と本当に忙しい日々を送っています。

その中でもしっかりと結果を残してくる宮地選手はさすがの一言です!

宮地秀享の鉄棒成績

宮地秀享選手の鉄棒の成績をご紹介します。

2016 全日本種目別 鉄棒 5位

2017 全日本種目別 鉄棒 2位

出典:http://taisou-nippon.jp/player/hidetaka-miyachi.html

体操オフィシャルファンサイトに掲載されていた実績です。

2018年のオーストラリア国際では鉄棒で優勝を果たしました。

今後さらに磨きをかけ、2020年の東京オリンピックで金メダルを獲得してほしですね!

※内村航平選手がつけている健康ネックレスを発見!
身に着けるだけでさまざまな効果が期待できる話題のSEVです(^^♪
SEVルーパーtypeM・54cm特注・グリーン sev SEV セブルーパー 健康ネックレス

まとめ

今回は体操で鉄棒を得意とする宮地秀享選手について見てきましたがいかがだったでしょうか?

非常勤講師として中学校で指導をしていることや体操クラブで教えていることもあって、生徒たちからの期待も背負っての競技生活をしています。

I難度の大技を成功させたことで世界でも注目される選手に成長しました。

2020年の東京オリンピックでは、鉄棒で金メダルも狙える選手なのでぜひ頑張ってもらいたいです!

宮地秀享選手も東京オリンピックで金メダルを獲得することを目標にしていると話していましたよ(^^♪

今後の活躍に期待しましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする