もいもい(絵本)の対象年齢は何歳?口コミレビューや値段をチェック!

こんにちは!

赤ちゃんが泣き止む絵本として話題になっている『もいもい』という絵本があります。

『もいもい』はメディアでも取り上げられている絵本で、2018年5月27日放送の『林先生が驚く初耳学!』でも紹介されるなど今注目の絵本です。

赤ちゃんが泣き止む絵本ということで気になっているお母さんも多いと思います。

そこで今回は話題の絵本『もいもい』の対象年齢や口コミなどについてまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

もいもいとは?

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」

『もいもい』は2017年7月に発売された「赤ちゃんが泣き止む!!」と今話題の絵本です。

この絵本は「東京大学赤ちゃんラボ」というところが赤ちゃんと一緒に作った自信作です!赤ちゃんと一緒にさまざまな実験を行い、赤ちゃんの目をくぎづけにしたイラストを絵本にまとめました。

泣いている赤ちゃんも見つめるという驚きの絵本で注目度が上がっています。

話題の絵本!『もいもい』

もいもいの内容動画

『もいもい』がどのような絵本なのかをこちらの動画で確認することができます。

特に物語はなく、カラフルさと不思議な絵が特徴です。

赤ちゃんが好きそうな本ですよね(^^♪

『しましまぐるぐる』のような絵本ですね!

もいもいの対象年齢は?

もいもい 対象年齢

次に『もいもい』の対象年齢について見ていきましょう。対象年齢はやはり気になるとことですね!

結論からお話しすると個人差があるので一概には言えません。

しかし、対象年齢のヒントになるようなポイントがありますのでご紹介します。

先ほどもご紹介しましたが、この絵本は「東京大学あかちゃんラボ」という研究所の協力で出版されています。

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」ということで赤ちゃんに協力してもらって完成した絵本なのです。

では、どのくらいの月齢の赤ちゃんに協力してもらったのかというと、月齢8ヶ月~13ヶ月の赤ちゃんに協力をしてもらって研究を行っています。

そのため8ヶ月~13ヶ月くらいの赤ちゃんに一番効果的な絵本なのかもしれません。

ちなみに『林先生が驚く初耳学!』で出演した鈴木亜美さんの息子さんは1歳4ヶ月でした。効果抜群でしたね(^^♪

口コミでも赤ちゃんの対象年齢を探るヒントになるので口コミについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

もいもいの口コミ

もいもい 口コミ

『もいもい』の口コミをご紹介します。

1歳3ヶ月の息子にはちょっと物足りなかったようです!

7ヶ月の子に見せています。もい、もい!!と抑揚をつけて読んでいると、2歳の子も寄ってきます♪

11ヶ月の息子に買いました。他の絵本だと、すぐには反応してくれませんが、直ぐに反応を示してページをめくりました。

2ヶ月の息子に初めての絵本。書いてある通りじーっとみてくれた。

9ヶ月の娘は好きなようです。

3ヶ月の赤ちゃんの目の前でページをめくっていくと目を丸くしてじっと見つめている。

3ヶ月の子供に読み聞かせをしました。ものすごい目力でガン見しました。もうすぐ5ヶ月になる今では読んであげるとニコニコして聞いています。

そろそろ10ヶ月になる息子に少し遠くから見せると、全力でハイハイしてきます。

早い家庭では2ヶ月から絵本を見せているようですね!口コミを見ている限りだと1歳前後が多かったです。

でも2歳の子も喜んでいるという口コミもあるように個人差はかなりあります。

かなり評価の高い絵本なので買って損はなさそうですね♪

次にマイナス意見も見てみましょう。

もう少しページの紙質をしっかりめにした方が良いんじゃないかなー。

こちらの本は紙が薄い、破けます。

一番多かったのが絵本の紙が薄くてすぐに破ける、破ってしまうという口コミです。

興味深々で絵本に食いつきますからすぐに破けてしまうようです。

また、あまり反応がなかったといった口コミもありました。

やはり個人差がありますので仕方がないことですが、全体的に見ると高評価が多い絵本だといえます。

メディアでも取り上げられる絵本ですから、ある程度の効果は得られるでしょうね♪

もいもいシリーズの紹介!

今回は『もいもい』をご紹介しましたが、同じシリーズの本が他に2冊あります。

それがこちら!

『モイモイとキーリー』

『モイモイとキーリー』はあかちゃんが持つ言葉のイメージをイラスト化してできた絵本です。

『うるしー』

見習い手品師うるしーが、帽子からいろいろなものを取りだします。

他の2冊の絵本も口コミ評価は高かったですね!

対象年齢は『もいもい』→『モイモイとキーリー』→『うるしー』の順に高くなっていきます。

それぞれの絵本を使ってお子さんの反応を確かめてみるのも面白そうですね!

『もいもい』と一緒にお子さんにプレゼントすると喜んでくれますよ(^^♪

まとめ

今回は、赤ちゃんが泣き止む絵本として話題の『もいもい』について見てきましたがいかがだったでしょうか?

赤ちゃんのグズグズに悩まされるお母さんも多いと思います。

『もいもい』やそのシリーズの絵本が少しでも赤ちゃんの笑顔に変わるなら1500円は安いですよね(^^♪

気になった方は是非チェックしてみてください♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする