鳴海一芳(小樽市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年8月26日に行われる小樽市長選挙に立候補している鳴海一芳(なるみかずよし)氏について見ていきたいと思います。

鳴海一芳氏はどのような候補者なのでしょうか?

鳴海一芳氏の政策や経歴などについてまとめました。

小樽市長選挙2018で鳴海一芳氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

鳴海一芳のプロフィール

まずは、鳴海一芳氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:鳴海 一芳(なるみ かずよし)

生年月日:1954年

年齢:63歳(2018年8月時点)

出身地:北海道足寄郡足寄町

肩書:元裁判所事務官

鳴海一芳氏は足寄町出身で63歳の候補者です。

元裁判所事務官でした。

共産、社民推薦で今回の小樽市長選に出馬しています。

森井秀明市政になってからもなかなか小樽市が活性化しない状況を見て自らが先頭に立とうという気持ちが強くなり立候補に至りました。

趣味は、スポーツ観戦(野球、サッカーなど)、マラソン、登山、ドライブ、読書、映画鑑賞などと多趣味。

平和・自由・平等(公平)をモットーとしています。

鳴海一芳の学歴と経歴

鳴海一芳 学歴

鳴海一芳氏の学歴と経歴をご紹介します。

出身高校は北海道足寄高等学校、出身大学は日本大学法学部二部です。

足寄高校の偏差値は北海道内では真ん中くらいの高校です。

大学卒業後の1977年に横浜地方裁判所に就職します。

その後、甲府地方裁判所、最高裁判所勤務で勤務し、2013年に最高裁判所を退職します。

退職後は両親の介護のために小樽市で生活しています。

スポンサードリンク

鳴海一芳の公約

鳴海一芳 公約

鳴海一芳氏の政策をご紹介します。

「小樽市政9策=救策」をキーワードに9つの政策を掲げています。

1.人口減をストップ!

2.入りこみ観光客数1000万人の観光都市づくり/観光都市で生きる覚悟の市政

3.中小企業に重点をおいた復興策と誘致策

4.かせぐ小樽市政

5.子どもも高齢者もみんな宝

6.後志19町村との協力連携関係の強化で小樽もにぎわい

7.未来に羽ばたく街・小樽

8.海と港の街・小樽

9.新・小樽市民憲章をみんなで作る

鳴海一芳氏の公約の詳細はこちら

まとめ

今回は小樽市長選挙2018に立候補している鳴海一芳氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

小樽市長選挙の投開票は2018年8月26日(日)となります。

今回は鳴海一芳氏の他に、秋野恵美子氏、森井秀明氏、迫俊哉芳氏が立候補してます。

他の候補者の記事もご覧ください。

秋野恵美子氏の公約やプロフィールはこちら!

森井秀明氏の公約やプロフィールはこちら!

迫俊哉氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする