NBA移籍情報2018-2019!噂やトレードや契約最新情報を紹介!

こんにちは!管理人のゆー。です!

2017-2018シーズンのNBAが終了しオフシーズンに入りました。

今回は、2018-2019年シーズンへ向けたNBAの移籍情報を見ていきたいと思います。

移籍やトレードの噂や契約更新などの最新情報を独自の視点でまとめました。

フリーエージェント(FA)になる選手の動きに注目が集まります。今オフはレブロン・ジェームズの動向に一番の注目が集まりますね!

2018-2019シーズンを占う重要なオフになります。

今年はどんなビッグトレードが実現するのでしょうか?

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

目次はこちら

NBAの移籍や契約更新情報!(随時更新)

NBA 移籍情報

NBAの移籍や契約更新などの最新情報をご紹介します!

フリーエージェントの選手が契約を結べるのが7月1日以降ですので今後ビッグニュースが次々に出てくるでしょう!

ビックリするニュースが続々出てきてますよ~!

※情報は随時更新していきたいと思います。

【注目1】レブロン・ジェームズがレイカーズへ移籍!!!

NBA移籍情報2018-2019

早くもキングが動きました!レブロンがレイカーズへ移籍です!!

4年1億5400万ドル(約170億5000万円)の契約

今オフ最大の目玉が早くも動きました!8年連続ファイナルに進出しているレブロンがついにウエストへ!若手の成長が著しいレイカーズへの移籍が決まりました。

これで来シーズンの勢力図がガラリと変わることは間違いないでしょう。レイカーズは優勝に向けて今後も補強を続けるでしょう。

レナードがレイカーズへ来たら一気に面白いチームになります。2003年組のウォルトンが同期のレブロンをコーチすることになります。来シーズンが楽しみです!

レブロンとカイリーのいないキャブズ・・・

2016年のキャバリアーズ優勝に大きく貢献したレブロンとカイリーは2年で2人ともいなくなってしまいました。

完全にチームの核を失ったキャブズ。アービングの移籍騒動後は全く良い補強が出来ずにレブロンまで失うといった緊急事態となりました。現在のキャブズのリーディングスコアラーはケビン・ラブです。

来シーズンのキャブズは厳しい戦いが強いられそうですね。

キャブズはドラフト8位でコリン・セクストンを獲得しています。セクストンはレブロンに対し「一緒にファイナルに行こう」と強気な発言をしていましたが、レブロンと一緒にプレーすることはできませんでした。

共に名門に移籍したレブロンとカイリー。近いうちにレイカーズ対セルティックスというファイナルが実現するかもしれませんね!

コービーも歓迎

レブロンのレイカーズ移籍に対してレジェンドのコービー・ブライアントが歓迎のツイートをしています。

歴史・人気・華やかさのある名門レイカーズでレブロンがどんなパフォーマンスを見せるのか本当に楽しみです。

毎試合観戦しているジャック・ニコルソンの楽しみも増えましたね!

※レブロングッズをチェックしてみてください♪

【注目2 】デマーカス・カズンズがウォリアーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ペリカンズのカズンズがウォリアーズへ移籍することが決まりました。

1年530万ドル(約5億8000万円)の契約

恐ろしいことが起きてしまいました!カズンズが王者ウォリアーズへ移籍です。王者ウォリアーズにカズンズ・・・想像できません。ウォリアーズ唯一の弱点ともいえるインサイドの補強にも成功しました。

カズンズがペリカンズで大けがを負ってからペリカンズは調子を徐々に上げプレーオフでも躍進。カズンズはいらないと判断したのでしょうか?それともカズンズが残留を拒んだのか?

カズンズはペリカンズからの2年4000万ドルのオファーを蹴ってウォリアーズと破格の契約をしたと報道されています。それにしても530万ドルは安すぎる。減俸を受け入れてでも優勝したいんでしょうね。

ペリカンズはロンドとカズンズがいなくなりました。オールスターにカズンズのユニフォームを着たADの心境は・・・?

ウォリアーズはスタメン全員がオールスター選手に

とんでもないチームが完成してしまいました。

ウォリアーズはスタメン全員がオールスター選手になりました。毎日がオールスターです。前年のオールスターに選出された選手が同じチームに5人いるケースは42年ぶり6度目のことです。

来シーズンのウォリアーズは80勝するつもりなのでしょうか?

グリーン以外の選手が50得点狙える爆発力を備えています。グリーンは得点以外ならなんでもできます。

カズンズがウォリアーズにハマったら凄いことになるぞ・・・

ウォリアーズが史上初のチームに!

カズンズの移籍により、ウォリアーズには前年の平均得点が25得点以上の選手が3人所属することになりました。

これは史上初のことらしいです。単純計算、毎試合3人で75得点ですからね。

それだけ今回のカズンズのウォリアーズ移籍は衝撃的でしたね。

※他にもウォリアーズグッズたくさんありますよ♪

【注目3】カワイ・レナードとデマー・デローザンのトレードが成立!

ついにレナードが動きました!

スパーズのレナードとラプターズのデローザンがトレードされることが決定しました。

【ラプターズ獲得】
カワイ・レナード
ダニー・グリーン

【スパーズ獲得】
デマー・デローザン
ヤコブ・ポエートル
2019ドラフト1巡目指名権

レナードのトレードが難航していたのでどうなるかと見守っていましたが、まさかラプラーズに移籍するとは・・・非常に微妙なトレードですね。

それにしてもよくこのトレードがまとまりましたね。

両者このトレードには不満と報道

レナードとデローザンの両者はこのトレードに不満を持っていると報道されています。レナードはラプターズでプレーする気がないと報道されました。

一方のデローザンはチームからトレードはないと話しをされた直後の放出にかなり動揺しているようです。デローザンは自身のインスタグラムで「彼ら(ラプラーズ)のことは信用できない。」と発信するなど不満を漏らしています。

ラプターズのフランチャイズプレイヤーとして活躍してきたデローザンにとってはかなりダメージの大きいトレードとなりました。

それでもNBAのプレーヤーですから気持ちを切り替えて活躍してくれることでしょう。

※スパーズグッズもたくさんあります♪

グレッグ・モンローがラプターズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

セルティックスのグレッグ・モンローがラプターズへ移籍することが決まりました。

クリント・カペラがロケッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

クリント・カペラがロケッツと再契約を結びました。

5年9000万ドル(約100億円)の契約

成長著しいカペラが大型契約を結びました。本人は4年1億ドル級の要望をしていたようですが、お互いが歩み寄る形で契約が決まったのでしょう。

ロケッツにとってカペラは必要な人材ですからね。この契約はかなりリスクもあると思いますが・・・カペラにはこの契約に見合う活躍をしてほしいですね!

デビン・ハリスがマーベリックスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ナゲッツのハリスがマーベリックスへ移籍することが決まりました。

1年契約

今シーズンのトレード・デッドラインにナゲッツに移籍していたハリスでしたが、再びマブスに戻ってきました。ハリスと言えばやはりマブスといったイメージです。

気づけばすっかりベテランになってしまいましたね。2009年にはオールスターにも出場しています。

ビンス・カーターがホークスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

キングスのビンス・カーターがホークスへ移籍することが決まりました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

41歳のスラムダンクチャンピオンのカーターが21年目のシーズンを迎えることになりました。かつてのエースはベンチからベテランらしい活躍を随所に発揮しています。若手中心のホークスでも経験を伝える重要な存在になるでしょう。

カーターはベテランになってからアウトサイドの精度があがりました。NBAでここまで長くプレーできてるのは本当に素晴らしいことです。

ケビン・ラブがキャバリアーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ケビン・ラブがキャバリアーズと再契約を結びました。

4年1億2000万ドル(約133億5000万円)の契約

ラブが予想以上の大型契約をキャブズと結びました。これはキャブズがラブを中心にチームを作っていくと捉えて間違いないでしょう。

1試合平均25得点、12リバウンドくらいしてくれないと困りますね。でもその数字を残せるポテンシャルはあります。あとはチームを勝利に導けるかですね。怪我が多いのもかなり心配です。あと、この大型契約が他の補強に影響しないかも心配です。

カーメロ・アンソニーがロケッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

カーメロ・アンソニーがロケッツへ移籍することが決まりました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

カーメロがベテランミニマムでロケッツに移籍しました。これで優勝候補のチームに入ることができました。ハマればかなり大きな戦力になります。

ロケッツでもハーデン、ポールに続くサードオプションになるでしょう。あとは本人の気持ち次第?ロケッツで活躍している姿が見たいですね!

ダーク・ノビツキーがマーベリックスと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

大ベテランのノビツキーがマブスと再契約を結びました。

1年500万ドル(約5億5000万円)の契約

ノビツキーが来シーズンもマブスでプレーします!これでマブス1筋21年となりNBAの新記録樹立となりました。この記録はもしかしたら破られることがないかもしれません。今はスーパースターでも移籍を頻繁にする時代ですからね。

40歳のノビツキーは歴代のNBAでも7人しかいない通算3万得点以上を記録している選手です。海外選手でこれだけ成功したのはノビツキーだけです。少しでも長く試合に出て欲しいですね!

アレックス・レンがホークスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

サンズのアレックス・レンがホークスへ移籍することが決まりました。

2年850万ドル(約9億4000万円)の契約

レンは2013年ドラフト5位の高評価でNBA入りしました。サンズで5年間プレーしており、FAになっていました。レンはウクライナ出身の25歳でまだ成長が見込める選手です。

モントレズ・ハレルがクリッパーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

モントレズ・ハレルがクリッパーズと再契約を結びました。

2年1200万ドル(約13億3000万円 )の契約

昨年のオフにロケッツからクリッパーズへ移籍してきたハレルが再契約を勝ち取りました。現在24歳のハレルはロケッツ時代にキャリアハイの29得点を記録しています。

ネマニャ・ビエリツァがキングスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ウルブズのネマニャ・ビエリツァがキングスへ移籍することが決まりました。

3年2050万ドル(約22億8000万円)の契約

1度はシクサーズと1年440万ドルで契約していましたが、家族の事情で契約を破棄してヨーロッパリーグへ復帰することを決意します。

しかし、キングスのGMで同じセルビア出身のディバッツとの話し合いでキングスでプレーすることが決まりました。シクサーズからしたら納得のいかない話のように感じますが。

結果的に大きな契約を勝ち取ることができましたね。ビエリツァは2015年にユーロリーグでMVPを獲得した実績があります。

マイケル・ビーズリーがレイカーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ニックスのマイケル・ビーズリーがレイカーズへ移籍することが決まりました。

1年350万ドル(約3億8000万円)の契約

レイカーズにまた個性的な選手が入りました。ビーズリーはオフェンス能力の高い選手です。

2008年ドラフト2位指名ですが、その性格からチームを転々とし、中国でプレーした経験もあります。それでもNBAに復帰してニックスでは30点オーバーを記録した試合もありました。

レイカーズではベンチからの貴重な戦力になることでしょう。

マーカス・スマートがセルティックスと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

マーカス・スマートがセルティックスと再契約を結びました。

4年5200万ドル(約58億4000万円)の契約

セルティックスとの契約がうまくまとまらずにフラストレーションがたまっていたとされるスマートがついに再契約を結びました。

強靭な肉体でディフェンスに定評のあるスマートはハッスルプレーでチームを盛り上げる選手です。個人的にはセルティックスと再契約を結んで安心しました。

セルティックスは戦力保持に成功しました。

カーメロ・アンソニーを含むトレードが成立!

NBA移籍情報2018-2019

サンダーの退団が濃厚とされていたカーメロがホークスへ移籍することが決まりました。
→カーメロはその後ロケッツへ移籍!

【ホークス獲得】
カーメロ・アンソニー
2022年ドラフト1巡目指名権(プロテクト付き)

【サンダー獲得】
デニス・シュルーダー
マイク・マスカラ(→シクサーズ)
ティモテイ・ルワウ・キャバロ(←シクサーズ)

NBA移籍情報2018-2019 NBA移籍情報2018-2019

やはりサンダーのビッグ3は1年で解体となりました。カーメロはホークスから解雇される見込みです。その後の移籍先はロケッツが有力とされています。

カーメロが優勝候補のロケッツにいけるのは嬉しいですが、果たしてスタメンで活躍できるのか・・・ベンチならグレてチームの雰囲気を壊すかもしれません。

サンダーはウエストブルック、フェルトン、シュルーダーとガード陣が豊富に集まりました。

ジャバリ・パーカーがブルズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

バックスのジャバリ・パーカーがブルズへ移籍することが決まりました。

2年4000万ドル(約44億9000万円)の契約

2014年ドラフト2位でバックスに入団し、バックスのエースとして期待されていたパーカー。しかし、2度の左膝前十字靭帯でバックスの戦力外になってしまいました。

その間にヤニス・アデトクンボが驚異的な成長を見せたためにパーカーはバックスでの居場所を失ってしまった印象です。まだ23歳と若く才能あふれる選手なのでブルズでの奮起に期待したいと思います。

シャバズ・ネイピアーがネッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ブレイザーズのシャバズ・ネイピアーがネッツへ移籍することが決まりました。

2年契約

ブレイザーズの躍進に貢献したネイピアーは今シーズン72試合に出場し平均8.7得点を記録していました。

ネッツでもベンチから貴重な活躍をしてくれるでしょう。

チャニング・フライがキャバリアーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

レイカーズのチャニング・フライがキャバリアーズへ移籍することが決まりました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

今シーズンの途中にトレードでレイカーズに移籍していましたが、オフになりキャバリアーズへ戻ってきました。

フライは211㎝と長身ながらスリーも高確率で決めることができる選手です。キャブズに戻ってきたので出場時間が増えるかもしれませんね。

フライは2016年のキャバリアーズの優勝メンバーです。

ケネス・ファリードがトレードでネッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ナゲッツのケネス・ファリードがトレードでネッツへ移籍することが決まりました。

【ネッツ獲得】
ケネス・ファリード
ダレル・アーサー
2019年のドラフト1巡目指名権(条件付き)
2020年のドラフト2巡目指名権

【ナゲッツ獲得】
アイザイア・ホワイトヘッド

ナゲッツ一筋でチームを支えてきたファリードがネッツへ移籍することになりました。ナゲッツのプランにファリードが入らなくなってしまったのが残念です。

ファリードは豪快なプレーが魅力的な選手です。ネッツでの活躍を期待しています。

ジェレミー・リンがトレードでホークスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ネッツのジェレミー・リンがトレードでホークスへ移籍することが決まりました。

【ホークス獲得】
ジェレミー・リン

【ネッツ獲得】
イサイア・コーディニアの交渉権
2020年ドラフト2巡目指名権(プロテクト付き)

リンは今シーズン1試合のみの出場で終わりました。怪我が多い選手なのでそれが心配ですね。NBAで活躍できることは証明してるので、ニックス時代の「リンサニティ」を再び見せて欲しいですね!

アイザイア・トーマスがナゲッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

レイカーズのアイザイア・トーマスがナゲッツへ移籍することが決まりました。

1年200万ドル(約2億2000万円)の契約

セルティックスで大活躍していたのがはるか昔のように感じます。衝撃トレードでキャバリアーズへ移籍してからは厳しいキャリアとなっています。

トーマスにとって最悪のタイミングでFAになってしまいましたね。若手の多いナゲッツではベンチからの活躍が求められます。

復活に向けてもうひと頑張りしてほしいものです。それにしても怪我は本当に怖いですね・・・

カイル・アンダーソンがグリズリーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

スパーズのカイル・アンダーソンがグリズリーズへ移籍することが決まりました。

4年3700万ドル(約40億8000万円)の契約

スパーズで成長を続けていたアンダーソンがグリズリーズへ移籍です。これは残念ですね。今後のスパーズの中心選手の1人になると思っていましたが移籍してしまいました。

スパーズはここ数年で見ないような弱体化が進んでいるように思います。来シーズンのスパーズが非常に心配です。

ブルック・ロペスがバックスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

レイカーズのブルック・ロペスがバックスへ移籍することが決まりました。

1年契約

レイカーズのインサイドプレイヤーとして活躍していたロペス兄弟の兄・ブルックがバックスへ移籍です。

ロペスは堅実なプレーが印象的で日本にも馴染みのあるプレイヤーです。バックスは来シーズンイーストの上位に食い込むチャンスがあるので、ロペスもキープレイヤーとして活躍してくれるでしょう。

ザザ・パチュリアがピストンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ウォリアーズのザザ・パチュリアがピストンズへ移籍することが決まりました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

ウォリアーズのスタメンとしても活躍していたパチュリアですが、今となっては完全にベンチを温める選手になりました。ピストンズではウォリアーズよりは出場時間が増えると予想されます。

パチュリアと言えば2017年プレーオフのレナードに対するファウルをはじめ、ダーティなイメージがあるファンも多い選手です。ウォリアーズで連覇を達成した経験を活かしてピストンズで活躍してほしいですね。

マジック・ホーネッツ・ブルズ間で三角トレードが成立!

NBA移籍情報2018-2019

マジックとホーネッツとブルズの3チーム間で5選手のトレードが成立しました。

【マジック獲得】
ティモフェイ・モズコフ (←ホーネッツ)
ジェリアン・グラント (←ブルズ)

【ホーネッツ獲得】
ビスマック・ビヨンボ (←マジック)

【ブルズ獲得】
ジュリアン・ストーン(←ホーネッツ)

モズコフは先日ハワードとのトレードでネッツからホーネッツに移籍したばっかりでした。

ユスフ・ヌルキッチがブレイザーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ヌルキッチがブレイザーズと再契約を結びました。

4年4800万ドル(約53億円)の契約

ブレイザーズ躍進の主力選手として活躍したヌルキッチが4年契約を勝ち取りました。ヌルキッチはインサイドで力を発揮する選手です。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ出身の23歳は211㎝と体格にも恵まれ、今後さらに成長が期待できる選手です。今シーズンのプレーオフの悔しさと経験を活かして欲しいですね。

ザック・ラビーンがブルズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ザック・ラビーンがブルズと再契約を結びました。

4年7800万ドル(約86億2000万円)の契約

キングスからもオファーのあったラビーンですが、ブルズ残留が決まりました。4年7800万ドルは結構思い切りましたね。

それだけ期待が高いんでしょうね。怪我がなければエースとして頑張ってくれるはず!まだ23歳なので成長に期待しましょう。あと素晴らしいダンクも期待!

トニー・パーカーがホーネッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

スパーズのトニー・パーカーがホーネッツへ移籍することが決まりました。

2年1000万ドル(約11億円)の契約

スパーズ一筋で引退すると思われたパーカーがまさかのホーネッツ移籍です。これには驚きました。怪我や若手選手の台頭もありパーカーの出場時間は減ってきていました。

今後はホーネッツでのバックアップとして活躍してくれるでしょう。パーカーは2003年、2005年、2007年、2014年で優勝を経験しており、2007年にはファイナルMVPに輝いた実績を持っています。

デビン・ブッカーがサンズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

デビン・ブッカーがサンズと再契約を結びました。

5年1億5800万ドル(約174億6000万円)のマックス契約

サンズのエースが大型契約を勝ち取りました。1試合70得点も記録したことのあるブッカーがサンズと5年契約です。

サンズは今年のドラフト1位でディアンドレ・エイトンを獲得しています。昨年にはドラフト4位のジョシュ・ジャクソンも獲得しており、若手の成長が期待できるチームです。

ベテランのアリーザも獲得し、プレーオフ進出に向けて少しずつ駒が揃ってきています。

ダンテ・エクサムがジャズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ダンテ・エクサムがジャズと再契約を結びました。

3年3300万ドル(約36億4000万円)の契約

今シーズンのプレーオフでは要所で活躍を見せたエクサムがジャズとの再契約を勝ち取りました。なかなか良い金額ですね!

ジャズは主力選手の引き留めに成功しており、来シーズンも大幅な戦力変更なく戦えそうです。あと1枚欲しいところですが・・・

ドワイト・ハワードがウィザーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ネッツのドワイト・ハワードがウィザーズへ移籍することが決まりました。

1年530万ドル(約5億8000万円)の契約

ホーネッツからトレードでネッツに一旦移籍していたハワードですが、ウィザーズで落ち着きそうです。

それにしても530万ドルは安いですね。今のハワードの評価はこんなものなんでしょう。それでも昨シーズンは1試合平均16.6得点、12.5リバウンドを記録しています。

結構いい数字だと思うんですが、チームケミストリーがうまくいかない選手なんですよね・・・

タイリーク・エバンスがペイサーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

グリズリーズのエバンスがペイサーズへ移籍することが決まりました。

1年1200万ドル(約13億2000万円)の契約

エバンスのペイサーズ行きは嬉しいですね!ルーキーシーズンがインパクト強すぎてその後はあまりパッとしない印象があります。

新天地でオールラウンドのプレーを見せつけて欲しいですね。ペイサーズは良い補強ができました!

ジェフ・グリーンがウィザーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

キャバリアーズのジェフ・グリーンがウィザーズへ移籍することが決まりました。

1年250万ドル(約2億7000万円)の契約

ポストプレイやたまに見せる豪快なダンクが魅力的なグリーンがウィザーズへ移籍しました。グリーンは多少の波はありますが、頼れるベテランといった印象。

ウィザーズではベンチから良い活躍をしてくれるのでは?それにしてもキャブズはカイリー以降の補強がお粗末ですね。

アミア・ジョンソンがシクサーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

アミア・ジョンソンがシクサーズと再契約を結びました。

1年契約(詳細不明)

シクサーズで渋い活躍をしていたジョンソンはシクサーズに残留です。ジョンソンは、若手中心で躍進したシクサーズに必要なベテラン選手です。

シクサーズは戦力を落とすことなく、維持できてますね!

ウィルソン・チャンドラーがシクサーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ナゲッツのウィルソン・チャンドラーがシクサーズへ移籍することが決まりました。

シクサーズとナゲッツの間でトレードが成立しました。シクサーズがウィルソン・チャンドラーを獲得し、ナゲッツは将来のドラフト2巡目指名権を獲得しました。

ナゲッツはサラリーの削減に成功し、シクサーズは即戦力のベテランを手に入れました。

シクサーズはなかなか良い補強が出来たと思います。

ホセ・カルデロンがピストンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

キャバリアーズのカルデロンがピストンズへ移籍することが決まりました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

カルデロンはラプターズ時代の印象が強い選手。36歳となった今ではベンチからの出場がおおいですが、スタメンもこなしました。

まじめでIQが高い選手だと思います。将来コーチになりそうなタイプ。

ケボン・ルーニーがウォリアーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ケボン・ルーニーがウォリアーズと再契約を結びました。

契約詳細不明

王者ウォリアーズのインサイドプレイヤーとして活躍した選手です。インサイドはパチュリアやマギーを使った期間もありましたが、最終的に多くの出場時間を手にしたのがルーニーでした。

プレーオフでの活躍が評価されて再契約を勝ち取ったのでしょう。今後の成長に期待できます。

エイブリー・ブラッドリーがクリッパーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

エイブリー・ブラッドリーがクリッパーズと再契約を結びました。

2年2500万ドル(約27億6000万円)の契約

ブラッドリーはディフェンスに定評のある選手です。2016年にはオールディフェンシブファーストチームに選出されています。

クリッパーズのコーチのであるドック・リバースとはセルティックス時代にも一緒にやっています。

セス・カリーがブレイザーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

マブスのセス・カリーがブレイザーズへ移籍することが決まりました。

2年契約 来季は275万ドル(約3億円)2年目はプレイヤーオプション

ステフィン・カリーの弟のセス・カリーがブレイザーズへ移籍しました。ブレイザーズにはリラードとマッカラムという強力バックコートコンビがいるのでカリーはベンチからの出場になると思われます。

怪我が心配な選手ですが、期待しています。

ラジョン・ロンドがレイカーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ペリカンズのロンドがレイカーズへ移籍することが決まりました。

1年900万ドル(約9億9000万円)の契約

ペリカンズの司令塔がレイカーズの司令塔へ!今シーズンのプレーオフで大活躍したロンドはレイカーズで大きな役割を発揮してくれるでしょう。

ロンゾとロンド・・・ガード陣は悪くないですね!

ロンドはセルティックス時代にプレーオフでレブロンと何度も対戦しています。ウォルトンコーチとはファイナルで対戦しています。

ジュリアス・ランドルがペリカンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

レイカーズのランドルがペリカンズへ移籍することが決まりました。

2年1800万ドル(19億9000万円)の契約

レイカーズの若手成長株ランドルがペリカンズへ移籍してしまいました。これでコービー在籍時のメンバーがいなくなりました。

ランドルの移籍は非常に残念です。レブロンとランドルのプレーを見てみたかった・・・まだ23歳と若い選手なのでこの先が楽しみな選手です。

ナーレンズ・ノエルがサンダーへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

マーベリックスのノエルがサンダーへ移籍することが決まりました。

2年契約(最低年俸、2年目はプレイヤーオプション)

未完の大器・ノエルがサンダーへ移籍しました。ノエルは怪我でルーキーシーズンを全休するなど怪我が気になる選手です。

また、薬物プログラム違反をするなど性格面も少し心配です。しかし、ハマれば力を発揮できる選手がと思うのでウエストブルックにもまれて開花して欲しいですね!

デリック・フェイバーズがジャズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

デリック・フェイバーズがジャズと再契約を結びました。

2年3600万ドル(約39億9000万円)の契約

ジャズの主力として活躍したフェイバーズがジャズに残りました。スーパールーキーのドノバン・ミッチェルの躍進でジャズは予想外の成績を残しました。

フェイバーズは能力の高い選手なので今後の活躍も期待できます。

JJ・レディックがシクサーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

シクサーズのレディックがシクサーズと再契約を結びました。

1年1200万ドル~1300万ドル(13億3000万円~14億4000万円)の契約

シューターのレディックがシクサーズに残ることになりました。イリヤソバとベリネリがいなくなり心配しましたがレディックは残りました。

若いシクサーズをまとめるベテランとしての働きと要所でのスリーが求められます。

マリオ・ヘゾニャがニックスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

マジックのヘゾニャがニックスへ移籍することが決まりました。

1年650万ドルの契約(約7億2000万円)の契約

2015年ドラフト5位と評価の高かった選手です。しかし、マジックで結果を残せずにニックスへ移籍しました。

クロアチア出身のヘゾニャはクロアチア代表として活躍していました。

エルフリッド・ペイトンがペリカンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

サンズのペイトンがペリカンズへ移籍することが決まりました。

1年契約(契約詳細不明)

髪型が特徴的なペイトンはこれまでマジック、サンズでプレーしました。故郷に一番近いペリカンズでのプレーは嬉しいでしょうね。

まだ24歳と若いので伸びしろがあります。ペリカンズはガードの補強に成功しました。

ジャベール・マギーがレイカーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ウォリアーズのマギーがレイカーズへ移籍することが決まりました。

契約内容不明(最低年俸)

ウォリアーズの貴重なインサイドとしてファイナルでも要所で活躍したマギー。身体能力の高さと珍プレーが魅力の選手です。

30歳のマギーはレイカーズで6チーム目となります。レイカーズでもベンチから要所で活躍してくれるでしょう。

ランス・スティーブンソンがレイカーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ペイサーズのスティーブンソンがレイカーズへ移籍することが決まりました。

1年450万ドル(約5億円)の契約

ペイサーズでシックスマンを務めていたスティーブンソンがレイカーズへ移籍します。これまでプレーオフでレブロンと幾度となくぶつかり合ってきた両者が同じチームになります。

この因縁の2人が同じチームでプレーするなんて誰が想像したでしょうか?2人がコンビプレーを決めてハイタッチする姿が想像できないです!(笑)

スティーブンソンが仲間にいたら力強いですね!

アーロン・ゴードンがマジックと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

アーロン・ゴードンがマジックと再契約を結びました。

4年8400万ドル(約93億1000万円)の契約

マジックがエースの引き留めに成功です。なかなかのいい条件ですね。ゴードンは今シーズン序盤は良かったんですが、後半は怪我で欠場しました。

1シーズン通して出場できればいい選手ですが。ダンクのイメージが強い選手ですが、まだ22歳と若く、今後の成長が期待できる選手です。

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがレイカーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

コールドウェル・ポープがレイカーズと再契約を結びました。

1年1200万ドル(約13億2000万円)

レイカーズで出場した試合は全て先発でした。若手のレイカーズの一員として活躍していました。

来シーズンは進化したレイカーズでどれだけ活躍できるのかに注目しています。

フレッド・バンブリートがラプターズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

フレッド・バンブリートがラプターズと再契約を結びました。

2年1800万ドル(約19億9000万円)の契約

ラプターズの貴重なベンチプレイヤーです。今シーズンのプレーオフのキャバリアーズ戦では終盤の貴重なシュートを落として悔しい思いをしたでしょう。

ドラフト外から這い上がってきた選手です。

グレンロビンソンIIIがピストンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ペイサーズのグレンロビンソンIIIがピストンズへ移籍することが決まりました。

契約内容不明

グレンロビンソン3世といえばやはりダンクチャンピオンの印象が強いですね!最近はあまり出場機会が得られてなかったような気がします。身体能力はずば抜けています。

再建中のピストンズでの活躍を祈ります。

ジョー・ハリスがネッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ジョー・ハリスがネッツと再契約を結びました。

2年1600万ドル(約17億7000万円)の契約

ネッツの主力として活躍しているジョー・ハリスがネッツ残留です。ドラフトされたキャバリアーズ時代は結果が残せずにいましたが、ネッツでその才能が開花しました。

まだ26歳なので成長が見込める選手です。

ルディ・ゲイがスパーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ルディ・ゲイがスパーズと再契約を結びました。

1年1000万ドル(約11億円)の契約

かつてのエースプレイヤーのルディ・ゲイがスパーズと再契約をしました。現在はベテランになり、ベンチからの出場が増えています。

しかし、それでも平均2ケタ得点を残しており強豪スパーズの貴重な戦力として機能しています。

アーサン・イリヤソバがバックスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

シクサーズのイリヤソバがバックスへ移籍することが決まりました。

3年2100万ドル(約23億2000万円)の契約

シクサーズのベンチメンバーとして活躍していたイリヤソバが古巣バックスに戻ることになりました。

シクサーズはベリネリに次いでイリヤソバを放出し、控えの層が薄くなっています。バックスとしては良い補強ですね!

ジェラルド・グリーンがロケッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ジェラルド・グリーンがロケッツと再契約を結びました。

1年240万ドル(約2億6000万円)の契約

1度は引退も考えたグリーンがロケッツで再びプレーする機会を得ました。

2007年にはスラムダンクコンテストで優勝するなど跳躍力がずば抜けていました。今ではそこまで激しいダンクはしないものの、スリーポイントに磨きをかけてチームに貢献しています。

優勝候補のロケッツでの貴重な戦力になるでしょう。

マルコ・ベリネリがスパーズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

シクサーズのベリネリがスパーズに移籍することが決まりました。

2年1200万ドル(約13億2000万円)の契約

プレーオフではベンチから出場してクラッチタイムでのシュートを決めるなど要所で活躍したベリネリ。古巣スパーズに戻ることになりました。

スパーズでは2014年にチャンピオンメンバーとして活躍しました。イタリア出身のベリネリはこれまでに9チームを渡り歩いてきました。

エド・デイビスがネッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ブレイザーズのエド・デイビスがネッツへ移籍すること決まりました。

1年440万ドル(約4億8000万円)の契約

名門ノースカロライナ大出身のエド・デイビスはベンチから出場し、チームに貢献していました。

大学時代はNCAAチャンピオンにも輝いています。

アーロン・ベインズがセルティックスと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

アーロン・ベインズがセルティックスと再契約を結びました。

2年1100万円(約12億1000万円)の契約

今シーズンいい活躍をしていいたベインズはセルティックスに残ります。躍進したセルティックスのインサイドを支えるセンターです。

ベインズはオーストラリア出身で2014年のスパーズ在籍時代にチャンピオンになっています。

ジェラミ・グラントがサンダーと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ジェラミ・グラントがサンダーと再契約を結びました。

3年2700万ドル(約29億9000万円)の契約

サンダーの貴重なベンチプレイヤーとして活躍していたグラントはサンダーに残りました。サンダーに貢献してましたし再契約は良かったと思います。

これからまだ成長が期待できる選手なのでサンダーで一皮むけて欲しいですね!

ケビン・デュラントがウォリアーズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ウォリアーズのデュラントがウォリアーズと再契約を結びました。

2年6150万ドル(約68億1000万円)のマックス契約
※2年目はプレイヤーオプション

これは当然ですね。2年連続ファイナルMVPのデュラントは最強ウォリアーズで3連覇を目指します。

ウォリアーズ王朝はまだ数年続きます。ウォリアーズを倒せるチームは現れるのか・・・?

ウィル・バートンがナゲッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ウィル・バートンがナゲッツと再契約を結びました。

4年5400万ドル(約59億8000万円)の契約

バートンは2015年からナゲッツでプレーしています。ベンチからチームを盛り上げるプレーをするのが印象的な選手です。

主力が若手中心のナゲッツでプレーオフ進出を目指します。

トレバー・アリーザがサンズへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ロケッツの貴重な戦力として活躍していたアリーザがサンズに移籍しました。

1年1500万ドル(約16億6000万円)の契約

アリーザは優勝候補のロケッツで活躍していた選手。本来ならば残留なんだろうけど本人が移籍を希望していたと報道されていましたね。

リーグ最高勝率チームからリーグ最低勝率チームへ移籍するとは・・・

サンズは今年のドラフト1位でアリゾナ大の新人ディアンドレ・エイトンを獲得しました。来シーズンのサンズが少し楽しみです。一方ロケッツは貴重な戦力を失いました。

ニコラ・ヨキッチがナゲッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ニコラ・ヨキッチがナゲッツと再契約を結びました。

5年1億4800万ドル(約163億円)のマックス契約

今シーズンの活躍を見れば当然ですね。完全にナゲッツのエースです。208㎝でスリーも打ててパスも出来る次世代型のセンターです。

トリプルダブルも量産しできる23歳はまだまだ成長できます。ただ怪我が怖い選手です。

今シーズンはあと1勝届かずプレーオフを逃しています。プレーオフに出場できるかはヨキッチの活躍次第です。

デリック・ローズがウルブズと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

デリック・ローズがウルブズと再契約をしました。

1年200万ドル(約2億2000万円)の契約

2017年オフにニックスからキャブズに移籍したかと思えばトレードでジャズに移籍し解雇。その後、シーズン途中にウルブズと契約しています。

プレーオフでもそこそこの活躍をしてました。ベンチからの出場になると思いますが貴重な戦力になるはずです。

来シーズン所属するチームがあってよかった・・・シボドーとはブルズ時代からの付き合いだしローズの事をよくわかっているんでしょう。史上最年少MVPの戦いは続きます。

ポール・ジョージがサンダーと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ポール・ジョージがサンダーとの再契約を結びました。

4年1億3700万ドル(約151億6000万円)のマックス契約

レイカーズに移籍濃厚かと思われましたが、残留には驚きました。これでウエストブルック、ジョージ、カーメロのBIG3(と言われている)は継続となりました。

フロントはこの布陣で行けると思ったのでしょう。2年目のケミストリー向上に期待しています。

クリス・ポールがロケッツと再契約!

NBA移籍情報2018-2019

ロケッツのクリス・ポールが残留決定です。

4年1億6000万ドル(約177億円)のマックス契約

ロケッツは王者ウォリアーズをあと一歩のところまで追いつめたチームです。ポールはカンファレンスファイナル第5戦で負傷し離脱するといった悔しい経験をしています。

クリス・ポールは優勝のことしか考えていません。それを考えるとロケッツ残留は当然でしょう。シーズンMVPを獲得したハーデンと再び優勝を目指します。

デアンドレ・ジョーダンがマーベリックスへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンがマーベリックスへ移籍しました。

1年2410万ドル(約26億6000万円)の契約

「ようやくか」といった印象です。2015年オフに一度はマブスとの契約に合意しましたが、ポールやグリフィンなどの説得もありクリッパーズに残留を決意した過去があります。

説得したチームメイトはいなくなり、チームはプレーオフにすら出場できませんでした。クリッパーズは完全に再建モードに突入ですね。

今年のドラフト3位の注目ルカ・ドンチッチなど新戦力の揃ったマブスはプレーオフに出場か?楽しみですね!

オースティン・リバースとマーチン・ゴータットのトレードが成立!

NBA移籍情報2018-2019

クリッパーズのオースティン・リバースとウィザーズのマーチン・ゴータットのトレードが成立しました。

オースティン・リバースはコーチである父親からようやく離れました。これからが本来の実力を試せる時だと思います。

ゴータットはデアンドレ・ジョーダンの穴を埋めるために補強されました。クリッパーズはこのままだと厳しい戦いが強いられそうです。

カーメロ・アンソニーがサンダー残留へ!

NBA移籍情報2018-2019

カーメロ・アンソニーがサンダーに残留することになりました。

→2018.07.07追記
カーメロがサンダー退団のニュースが流れてきました!移籍先にレイカーズ、ロケッツ、ヒートがあがっています。

→2018.07.20追記
カーメロがトレードでホークスへ!その後は解雇され、ロケッツに移籍する説が有力となっています。

→2018.07.24追記
カーメロがベテランミニマムでロケッツへ移籍しました。

カーメロは、来季年俸27090万ドル(約30億6700万円)を破棄することなくサンダーに残る選択をしました。

今シリーズのプレーオフの低調ぶりをみると確実に移籍コースだなと思っていました。しかし、スターターにこだわるカーメロの移籍先は見つからないですよね。

サンダーで意地を見せて欲しいです。

ドワイト・ハワードがネッツへ移籍!

NBA移籍情報2018-2019

ホーネッツのハワードがネッツへ移籍することが決まりました。

→ハワードはその後ウィザーズへ!

ホ-ネッツはティモフェイ・モズゴフと将来的なドラフト2巡目指名権2枠を獲得します。

かつての最強センターはすっかり影をひそめてしまいました。ハワードの株も下がりっぱなしです。マジック時代が全盛期だったと思うと悲しいです。

ネッツではプレーオフ進出すら難しいでしょう。

スポンサードリンク

NBA移籍の噂がある選手は?

NBA移籍情報2018

画像引用元:https://basket-count.com/article/detail/3994

移籍の噂が上がっている選手は誰なのでしょうか?

移籍の噂がささやかれている選手を集めました。

もし、この選手がこのチームでプレーしたら・・・なんて考えるのも面白いですよね(^^♪

レブロン・ジェームズ

→レイカーズへ移籍!

今オフ最大の目玉であるレブロン・ジェームズ。

シーズン中からレブロンの移籍の噂は絶えないですね。

噂されている移籍先候補にレイカーズ、ロケッツ、シクサーズなどがあります。

一時期はウォリアーズなんて話も出ましたが、ウォリアーズはないでしょう。

もちろん、残留の可能性も十分に考えられますが優勝できないと感じるなら可能性があるチームに移籍するでしょう。

※2018.07.01追記

レブロンはまだどのチームとも交渉していないようですね。

デアンドレ・ジョーダン

→マーベリックスへ移籍!

クリッパーズに所属しているジョーダンは移籍の可能性が高い選手です。

ポールとグリフィンが相次いて移籍したことを考えると完全に再建モードに突入しています。

今シーズンプレーオフにすら進めなかったことを考えると、ジョーダンの移籍は時間の問題なのではないかと思っています。

いろんなチームがオファーするでしょうね。

ハッサン・ホワイトサイド

ヒートのホワイトサイドに移籍の噂が出ました。

プレーオフファーストラウンドでシクサーズに完敗を喫したヒートはインサイドで力を発揮できなかったホワイトサイドのトレードを検討しています。

プレーオフでの平均出場時間が15分ということを考えるとチームにほとんど貢献できていなかったことがわかります。

問題はホワイトサイドの受け入れ先がみつかるのかどうかですね。

ポール・ジョージ

→サンダーに残留

昨シーズンのオフにまさかのサンダーへ移籍したポール・ジョージ。

プレーヤーオプションを行使すれば制限なしのFAになることができます。

プレーオフ1回戦敗退という結果を受けてBIG3は解体するでしょう。移籍する可能性が高いですね。

レイカーズ行きの噂がシーズン前から続いています。シクサーズも獲得に興味を示しています。

カーメロ・アンソニー

→ロケッツへ移籍!

昨シーズンオフにポール・ジョージとサンダーに移籍したカーメロ。移籍1年目は期待以下の出来となりました。

特にプレーオフでの低調ぶりは印象に残っています。平均11.8得点はあまりにも低いです。

チームもプレーオフ初戦で姿を消すなど補強は完全に失敗に終わりました。カーメロはチームを去ると思われますが今のカーメロを欲しがるチームがあるのか疑問です。

優勝を狙うチームでシックスマンとして活躍してほしいですが本人はベンチスタートにはなるつもりはないと話しています。

※2018.06.25追記

カーメロはサンダーとの契約を破棄せずに残留するとの情報です。来季の年俸が高いのがネックです。2790万ドル(約30億6700万円)

カワイ・レナード

→ラプラーズへ移籍!

スパーズのエース・レナードにも移籍の噂が絶えません。

怪我の影響で今季わずか9試合の出場。そしてコーチであるポポビッチとの不仲報道などレナードの移籍を匂わす報道があります。

レナードが移籍となると勢力図がガラッと変わる可能性があります。それだけの影響力をもった選手です。

シクサーズがレナードに関心を示しているとの情報があります。

※2018.05.25追記

スパーズがレナードにスーパーマックス契約を提示する予定というニュースが入りました!今後の動きに注目です!

※2018.06.17追記

レナードがスパーズの退団を希望していることがわかりました。移籍先候補にレイカーズが挙がっています。

※2018.07.09追記

スパーズとレイカーズのトレードはスパーズの要求が高くて交渉が成立しなそうです。ここにきて同じロサンゼルスであるクリッパーズへの移籍の噂が出てきています。

カール・アンソニー・タウンズ

ウルブズのセンターのタウンズに移籍の噂が浮上しています。

タウンズはチームを14年ぶりのプレーオフに導いた主力の1人です。しかし、プレーオフでは活躍ができずにチームに不満を持っていると報道されています。

インサイドで力を発揮するだけではなく、スリーも打てるビッグマンはインサイドで悩むチームからのオファーが多数あるとみられています。

2015年のドラフト1位は今季初のオールスターに選出され、成長中。若手でまだこれからの選手です。

※2018.07.16追記

タウンズとウルブズがマックス契約への話し合いを進めているようです。バトラーがウルブズに残らないとなるとタウンズはしっかりおさえておきたいところです。

アンドリュー・ウィギンズ

ウルブズのウィギンズにも移籍の噂が浮上しています。

バトラーがチームのエースになったため、ウィギンズはオフェンスでの役割に不満を持っているとされています。また、バトラーとの不仲も報じられています。

2014年のドラフト1位のウィギンズと2015年のドラフト1位のタウンズのドラ1コンビが揃ってチームを離れる可能性があります。

ウィギンズも若手で伸びしろがある選手なので、強豪チームからのオファーがある可能性もあります。

ラプターズが移籍候補に挙がっており、カナダ出身のウィギンズにとっては魅力的だと思われます。

デマー・デローザン

→スパーズへ移籍!

ラプターズのエースとして長年活躍してきたデローザンにラプターズ限界説があがっています。

ラプターズは今シーズンチーム史上最高の59勝をあげ、イースト初の首位でレギュラーシーズンを終えました。そのチームのエースがデローザンです。

しかし、プレーオフでキャバリアーズに10連敗を喫し、デローザンは第3戦で8得点、第4戦でフレグラント2で退場と後味最悪でシーズンを終了しました。

ラプターズが優勝を目指すにはラウリー&デローザンコンビにメスを入れる時が来たのかもしれません。

移籍先にウルブズがあがっています。

ドワイト・ハワード

→ネッツへ移籍!→ウィザーズへ移籍!

ホーネッツのハワードがネッツに移籍する報道が出ています。ネッツはティモフェイ・モズゴフとドラフト2巡目指名権2枠をトレードすると言われています。

マジック時代の支配力はすっかり影を潜めているハワード。それでも3月のネッツ戦では32ポイント30リバウンドを達成する活躍を見せています。

マジックを出てからはレイカーズ→ロケッツ→ホークス→ホーネッツと完全にジャーニーマンになってしまいました。ホーネッツでもあまり好かれていなかったようですね。

ハワードがこのまま終わってしまいそうで非常に残念です。是非意地を見せて欲しいですね!

ジャマール・クロフォード

ウルブズのクロフォードが移籍1年でチームを退団することが発表されましました。ウルブズでは出場時間が減少し、コーチとの相性も悪かったようです。

過去に3度のシックスマン賞を受賞しているクロフォードの年齢は38歳です。年齢を感じさせないプレーが魅力ですが、獲得に動くチームはあるでしょうか?

優勝を狙うチームのサポート役で出場してくれたら個人的には嬉しいです。

ケネス・ファリード

→ネッツへ移籍!

ナゲッツのファリードがホークスとトレードする話が出てきています。プレーオフ進出に向けて補強したいナゲッツはサラリーに空きを作るためにファリードを放出する考えです。

2011年にナゲッツに指名されてからナゲッツ一筋で活躍していたファリードはすっかり若手の陰に隠れる存在になりました。

泥臭いプレーが印象的でアメリカ代表に選ばれた経歴もあります。今年29歳になる選手なのでまだ活躍できると信じています。

ケンバ・ウォーカー

ホーネッツのフランチャイズプレイヤーのウォーカーにはシーズン中からトレードの噂が出ていました。オフシーズンにキャブズがトレード案をホーネッツに提示したと報道されています。

ホーネッツとしては残留の考えを示しています。しかし、ウォーカーはプレーオフにすら進出できないチームに嫌気がさしているようです。

ウォーカーがホーネッツに残留するかどうかは、フロントの補強次第ではないでしょうか。ウォーカーが戦力的にダメだと感じたらホーネッツを離れる決断をするかもしれません。

NBAおすすめ商品

キャップ

※海外アーティストも着用のシカゴ・ブルズのキャップ!ロゴのキラキラがカッコよすぎます(^^♪米国老舗ブランドの「ミッチェル&ネス」が手がけています。

ミッチェル&ネス キャップ スナップバック ダークホログラム NBA シカゴ ブルズ ブラック Mitchell&Ness

※シンプルなNBAキャップ!NBAロゴがやっぱり最高です(^^♪

ニューエラ 5950キャップ マルチロゴ NBA ロゴマン ネイビー スノーホワイト

Tシャツ・靴下

※レブロンのTシャツ!シンプルでカッコいいですね(^^♪海外でしか手に入らない商品です!

NBA レブロン・ジェームズ ネーム&ナンバーTシャツ キャバリアーズ(オールスター ホワイト)

※NBAのソックスです!価格も安いし是非これは押さえておきたいアイテムですね♪

NIKE/ナイキ バスケットボール NBA [sx5868 NBA_エリート_ミッド_ソックス] 靴下_ミッドソックス

ショップ

NBA商品を多数取り扱っているショップです!ここで探せば絶対に欲しいものが見つかります!要チェックです(^^♪

ワールドスポーツストアーズ渋谷店

まとめ

今回は、NBAの2018-2019に備えた各チームの移籍情報について見てきましたがいかがだったでしょうか?

情報は今後どんどん更新していきたいと思います。

今年のオフも盛り上がりそうですね!

ドラフトも楽しみです。2017年のルーキーは豊作でベン・シモンズやドノバン・ミッチェルをはじめ多くのルーキーが活躍しました。

2018年のルーキーも豊作と言われているので、こちらも楽しみです。

新たなスターの誕生が待ち遠しいですね!

また情報入りましたら更新したいと思います。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ポッチャマ より:

    エイブリーブラッドリーは、移籍じゃなくて、再契約じゃないの?