奥田智子(川口市長選)の公約や経歴は?学歴や家族を調査!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は2018年の川口市長選挙に共産党推薦で立候補している奥田智子(おくだともこ)氏についての記事です。

元県議会議員の奥田智子氏の政策や経歴をまとめました。

また、奥田智子氏の学歴や家族を調査しました!

川口市長選挙2018で奥田智子氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

奥田智子のプロフィール

まずは、奥田智子氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:奥田智子(おくだ ともこ)

生年月日:1968年12月生まれ(49歳)

出身地:埼玉県川口市

元鳩ヶ谷市議、元埼玉県議

奥田智子氏は1968年に鳩ヶ谷市本町(現・川口市鳩ヶ谷本町)で生まれます。

現在の年齢は49歳です。

両親は教師をしていました。

奥田智子氏は2人姉妹の妹です。

家族は夫、長男、義父の4人で川口市鳩ヶ谷市に住んでいます。

2012年、2014年に日本共産党から衆議院選挙に立候補、2016年の参議院選挙比例区に立候補しています。

奥田智子の学歴

奥田智子 学歴

奥田智子氏の学歴をご紹介します。

出身小学校:川口市立鳩ヶ谷小学校

出身中学校:川口市立鳩ヶ谷中学校

出身高校:埼玉県立草加南高校

出身大学:東京家政大学 家政学部栄養学科

小学生時代は器楽部、中学生時代はブラスバンド部に所属していました。

大学入学時代まではやりたいことが見つかっていなかったそうです。

奥田智子の経歴

奥田智子 経歴

奥田智子氏の経歴をご紹介します。

大学卒業後、人材派遣会社に勤務します。

入社1年目で池袋支店を任されるなど仕事に専念しました。

姉の留学経験に触発され、25歳でワーキングホリデービザを取り単身オーストラリアへ行きます。

約1年後に帰国。

その後は外資系電話会社に就職し、翻訳補助の仕事をします。

日本共産党の宣伝カーの対応に感激し、宣伝カーのアナウンサーを志願します。

1997年に東京都議選でアナウンサーを担当します。

1998年から2011年まで鳩ヶ谷市議会議員(共産党)を4期つとめますが、川口市への合併に伴い失職します。

2014年の埼玉県議補選で当選し、県議会議員を1期つとめました。

2014年の総選挙では、埼玉2区から立候補しました。

奥田智子の公約

奥田智子 公約

奥田智子氏の政策を見ていきましょう。

・憲法と平和を守ります
憲法に定められた生存権・幸福追求権を尊重し、市民の暮らし第一の市政に転換します。

・働く現場の声が届く政治を
ブラック企業・ブラックバイトを許さず、働くルールを守らせます。

・健全・公正な財政を
消費税の引き上げは延期でなく中止を求めます。
大企業へのさまざまな優遇策を見直し、せめて中小企業なみの負担となるよう求めます

・子どもたちの明日のために
学校給食費の無償化を実現し、保護者負担を軽減します。
子ども医療費の無料化を18歳までに拡充します。

・いつまでも安心できる社会保障を
高すぎる国民健康保険税を引き下げます。
特別養護老人ホームの建設とともに、既存施設の活用を推進します。

・健全なIT社会の構築を
迷惑メールや架空請求などに対し、実効ある取り締まりを実施します。
さまざまな問題があるマイナンバーシステムの運用停止を求めます。

・中小企業のまち川口で働き続けるために
公契約条例を制定し、市内の事業所の労働環境を改善するとともに、まじめに頑張る業者を応援します。
社会保険料の事業主負担分について、中小企業については国が負担するよう求めます。

・人権を何よりも大切に
ヘイトスピーチを許しません。
ヘイトスピーチ規制法を趣旨に則って運用するとともに、差別を許さない教育を徹底します。

・安全・防災対策を
全学校と橋梁の耐震化を。
ゲリラ豪雨にも対応できる河川整備、貯水池・槽の設置、排水能力のアップの水害対策を促進を。

・便利で住みやすい川口を
住宅リフォーム助成制度・商店リフォーム助成制度を拡充します。
市内のバス路線など、公共交通の充実を図ります。

・動物の命を大切に
動物の悲惨な殺処分をなくすよう、環境を整備します。

・農業をまもる
農地税制を改めます。生産緑地制度を今より使いやすいものにし、都市農業を守ります。
学校給食への地元野菜の利用、地産地消をすすめ、農業への理解を進めます。

出典:http://www.okudatomoko.org/policy.html

ライバル候補者の奥ノ木信夫氏との政策の違いがわかる表がありましたので載せておきます。

奥田智子氏は奥ノ木市政について「市民の暮らしの目線に立っていない」と批判しています。

国民健康保険税の増税中止や学校給食の無料化などを提案しています。

まとめ

今回は川口市長選挙2018に出馬をする奥田智子氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

川口市長選挙の投開票は2018年2月4日(日)となります。

現職・奥ノ木信夫氏との一騎打ちとなりました。

結果が楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする