大塚雄介(コインチェック取締役)の年齢や学歴!経歴や今後を調査!

こんにちは!管理人のゆー。です!

仮想通貨が盛り上がっている中、「コインチェック」で580億円の仮想通貨が流出したというニュースが飛び込んできました!

そこで今回は仮想通貨取引所を運営するコインチェックの大塚雄介取締役について見ていきたいと思います。

大塚雄介取締役の年齢や学歴、職歴が気になったのでまとめました。

また、大塚雄介取締役の今後についても調査しました!

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

大塚雄介取締役のプロフィール

大塚雄介取締役 プロフィール

画像引用元:http://astavision.com/contents/interview/2670

まずは、大塚雄介取締役のプロフィールから見ていきましょう。

名前:大塚雄介(おおつか ゆうすけ)

生年月日:1980年

出身地:群馬県

大塚雄介氏の年齢は現在37歳です。

大塚雄介氏は和田晃一良社長と共同で「コインチェック」を立ち上げました。

「コインチェック」は今流行りの仮想通貨の取引が簡単に出来るとして注目を集めている会社です。

出川哲朗さんがCMをしているので、かなり認知度は上がっていると思います。

大塚雄介氏は会社のビジネス連携、広報、マーケティングを担当している人物のようです。

今回の謝罪会見にも出席しており、受け答えを担当していました。

和田晃一良社長との両輪でうまく会社が機能し始めた矢先での仮想通貨流出事件でした。

大塚雄介取締役の学歴

大塚雄介取締役 学歴

大塚雄介氏の学歴を調べました。

大塚雄介氏の出身大学は早稲田大学です。

さらに大学院も卒業しています。

大学では量子理論物理学を学んでおり、早稲田大学大学院にて物理学修士号を取得しています。

頭が良い方なんですね。エリートです。

学生時代はずっと本を読んでは学習をしていました。

大学時代は研究室、英語教室、家の往復だったそうです。

ひたすら研究をしていました。

自分の名前が後世に残るくらいの功績を残したいという想いで勉強をしていました。

スポンサードリンク

大塚雄介取締役の経歴

大塚雄介取締役 経歴

大学卒業後の2006年に株式会社ネクスウェイに入社します。

新人時代は法人営業でかなり苦労をしたようです。

若いうちから事業に携わりたいという想いを強く持っていました。

株式会社ネクスウェイでは9年ほど仕事をした後に自分が中心となって事業に携わりたいという想いからレジュプレスの『STORYS.JP』の求人を見つけて仕事をしました。

平日はネクスウェイの仕事、休日はレジュプレスの仕事をしました。

レジュプレスが軌道に乗ってきたところでネクスウェイの仕事がおろそかになってはいけないということで転職します。

「コインチェック」が本格化してきたタイミングで転職しました。

大塚雄介取締役の今後は?

大塚雄介取締役 今後

今回の仮想通貨流出で大塚雄介取締役の今後はどうなるのでしょうか?

まだ顧客への返済のめどは立っておらず、原因追及に追われることでしょう。

それにしても額が額なだけに顧客への返済は難しいでしょうね。

※追記

NEM(ネム)の保有者約26万人に総額約463億円を返金することを発表しましたね!

返済は自己資金から行うようですが・・・

返金方法や返金時期についてはまだわかっていません。

これからも対応については今後報道されるでしょうがかなり厳しい現実が待っていそうですね。

まとめ

今回はコインチェックの大塚雄介取締役について見てきましたがいかがだったでしょうか?

急に人気が出てきたものはまだ法整備などが追い付いていないのが現状です。

さらにセキュリティも甘かったことで今回の流出が起きてしまいました。

恐れていたことが起きてしまったということです。

今後会社としては誠実に対応するしかないでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする