大鶴基成弁護士の学歴や経歴は?担当事件やプロフィールを調査!

こんにちは!

日産のカルロス・ゴーン容疑者の様々な疑惑が問題になっています。

そんな中、ゴーン容疑者の担当弁護士に大鶴基成弁護士が就くことがわまりました。

大鶴基成弁護士はライブドアの粉飾決済事件や野球賭博問題などを担当した弁護士です。

大鶴基成弁護士のプロフィールや経歴をまとめました。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

大鶴基成弁護士のプロフィール

大鶴基成弁護士 プロフィール

画像引用元:http://www.aeonfinancial.co.jp/corp/exec/exec_10.html

まずは、大鶴基成弁護士のプロフィールから見ていきたいと思います。

名前:大鶴 基成(おおつる もとなり)

生年月日:1955年3月3日

年齢:63歳

出身地:大分県佐伯市

大鶴基成弁護士は大分県出身63歳の弁護士です。元東京地方検察庁特別捜査部長です。

検事時代はライブドア事件やカネボウ粉飾決算事件など様々な大きな事件を担当しています。

ライブドア事件では堀江貴文氏を実刑に追い込みました。

今回、カルロス・ゴーン容疑者の弁護を担当することに堀江貴文さんが反応しています。

大鶴基成弁護士は「サン綜合法律事務所」に所属して様々な案件を担当しています。

所属しているサン綜合法律事務所の公式サイトによると、大鶴基成弁護士は客員弁護士となっていました。弁護士としての取り扱い分野は以下の分野がありました。

税法関係(脱税、税務訴訟)・金融商品取引法・独占禁止法・会社法・銀行法・政治資金規正法等の事件相談、 業務上横領・詐欺事件等の告訴・告発等、会社内のコンプライアンスの相談、不正事犯の調査等

出典:http://san-law.com/lawyers/

特捜部の動きや手の内を知り尽くしているだけあってどんな弁護をするのかに注目が集まります。

大鶴基成弁護士の学歴

大鶴基成弁護士 学歴

大鶴基成弁護士の学歴をご紹介します。

出身中学と高校は鹿児島県のラ・サール中学校・高等学校です。ラ・サールは鹿児島県内でトップを誇る進学校です。

卒業生としてはお笑い芸人のラサール石井さんが有名です。名門校というだけあって政治家、弁護士、裁判官、学者、上場企業社長など様々な分野で活躍する方が卒業しています。

大鶴基成弁護士の出身は大分県ですが、鹿児島県の高校に通うほど勉強熱心だったようです。ラ・サールで首席だったようです。トップの中のトップだったんですね。

出身大学は東京大学法学部です。当然のように東大に進学しています。

高校時代から検事になることを目標にしており、見事に夢をかなえています。高校時代に父親を亡くし、母親の面倒を見ると話していたようです。当時から正義感が強かったんですね。

スポンサードリンク

大鶴基成弁護士の経歴

大鶴基成弁護士 経歴

大鶴基成弁護士の経歴をご紹介します。

1977年 司法試験合格(第32期司法修習)
1980年 検事任官
1992年~1995年、
1997年~2000年
東京地検特別捜査部検事
2000年 東京地検特別捜査部副部長(財政経済担当)
2001年 法務省刑事局公安課長、司法試験委員
2002年 東京地検特別捜査部副部長(特殊直告担当)
2005年 東京地検特別捜査部長
2007年 函館地検検事正
2008年 最高検検事(財政経済担当)
2010年 東京地検次席検事
2011年 最高検公判部長、検事退官、弁護士登録
2014年 一般社団法人日本野球機構 調査委員長 現任

出典:http://san-law.com/lawyers/

大学卒業後、東京地方検察庁の検事になります。

その後、1981年に福岡地検、1983年に大阪地検、1985年に釧路地検、1987年に水戸地検、1989年に大分地検と全国を転々しています。1992年に東京地検に配属されました。

検事任官から31年後の2011年に退官し、弁護士になり現在に至ります。

大鶴基成弁護士の担当事件

大鶴基成弁護士 担当事件

大鶴基成弁護士が担当した主な事件を挙げていきます。

【検事時代】

ゼネコン汚職
四大証券・第一勧業銀行の総会屋利益供与事件
日歯連闇献金事件
ライブドア事件
カネボウ粉飾決算事件
水谷建設脱税事件

【弁護士時代】

野球賭博問題

そして今回、カルロス・ゴーン容疑者の弁護を担当します。

弁護士時代の野球賭博問題は2015年から2016年にかけて発覚した巨人の選手による賭博問題を担当しました。

まとめ

今回は、カルロス・ゴーン容疑者の弁護士に就くことになった大鶴基成弁護士について見てきました。

大鶴基成弁護士は30年以上検事として活躍し、ライブドア事件など様々な事件を担当していたことがわかりました。

今回のカルロス・ゴーン氏でもその手腕を発揮するでしょう。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする