ペルセウス座流星群2018関西(大阪)の方角や時間をわかりやすく解説!

こんにちは!

2018年のペルセウス座流星群が8月12日夜から13日明け方にかけて見ごろをむかえます。

今回は、関西地区(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)での見つけ方を解説していきます。

関西地区でペルセウス座流星群が観賞できる方角やピーク時間をご紹介します。

また、当日の天気もまとめてあります。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群2018 関西

画像引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/perseids2018/

まずは、ペルセウス座流星群を楽しく観察するためにペルセウス座流星群について少し見ていきましょう。

ペルセウス座流星群は3大流星群の1つです。

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」そして8月の「ペルセウス座流星群」です。

ペルセウス座流星群は夏休みの時期やお盆の時期に見ごろを迎えるため、ご家族で楽しむことができます。

また、時期的に寒くないことやたくさん流星が出現するので3大流星群の中では最も観察がしやすい流星群です。

条件が良ければ最大で40個以上の流星を見つけることができます。

ペルセウス座流星群2018関西での見つけ方

ペルセウス座流星群2018 関西

ペルセウス座流星群2018を関西で楽しむために見つけ方をご紹介していきます。

日にちと時間

日にちは冒頭でも触れましたが、2018年8月12日(日)~8月13日(月)となります。

時間は21時以降が観測のチャンスです。

観測のピークは13日の午前1時~午前3時くらいの2時間となります。

実は今年のペルセウス座流星群の極大は13日の午前10時ごろです。

しかし、この時間は既に明るいため観察はできません。

その為、一番条件が良いのが13日午前1時~午前3時くらいとなっております。

明け方に近づけば近づくほど多くの流星が観察できます。

8月11日、12日、14日、15日の夜でも数は少なくなりますが、ある程度流星が出現するとされています。

是非、観測にチャレンジしてみてください♪

方角

方角は気になるところですよね!

方角に関してですが、気にしなくて大丈夫です!

理由は、ペルセウス座流星群は広い範囲で観測できるからです。

ですので、どこの方角でも問題ありません。

方角よりも観測場所の方が重要になってきます。

1.なるべく広く空が見渡せる場所

2.周りが暗い場所

この2点を意識して観察するようにしましょう♪

スポンサードリンク

月あかりの影響は?

今年は新月直後のため月明りの影響は全くありません。

月明りの心配はしなくで大丈夫です。

肉眼でも見えますので望遠鏡や双眼鏡は必要ありません。

むしろ、肉眼で見たほうが広い範囲を見渡せるので観測には適しています。

ペルセウス座流星群2018関西の天気は?

ペルセウス座流星群2018 関西

ペルセウス座流星群の観察のポイントがわかったところで、当日の関西地区の天気を見ていきましょう。

天気が悪いと最悪ですからね・・・(;^ω^)

では関西地区の8月12日夜~8月13日の天気を見ていきましょう。

信頼性の高い気象庁のデータを持ってきました。

※追記(8月13日)

8月14日からの週間天気をご紹介します。

大阪】

ペルセウス座流星群2018 関西

【京都】

ペルセウス座流星群2018 関西

【奈良】

ペルセウス座流星群2018 関西 

【三重】

ペルセウス座流星群2018 関西

【兵庫】

ペルセウス座流星群2018 関西

【滋賀】

ペルセウス座流星群2018 関西

【和歌山】

ペルセウス座流星群2018 関西

ペルセウス座流星群2018は極大前後でも観測可能!

ペルセウス座流星群2018 関西

ペルセウス座流星群の極大は8月13日の午前1時~午前3時であることをご紹介しました。

しかし、極大の前後の日にちでもペルセウス座流星群の観察をすることができます!

8月12日~13日の夜には負けますが、8月11日~12日の夜、8月13日~14日の夜も多くの流星を見ることができます。

ご都合や天気などの関係で観察ができなかった方は上記日程で観測にチャレンジしてみてください♪

8月14日~15日の夜でも観測できますよ!

もっと言ってしまうと8月25日くらいまではペルセウス座流星群は活動してますので、まだこの先もチャンスはあります(^^♪

まとめ

今回は、関西地区におけるペルセウス座流星群の見つけ方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

条件が良いのであとは天気だけです。

観測のポイントをもう一度おさらいしておくと、

・8月13日の午前1時~午前3時がピーク

・方角は気にしなくて大丈夫

・暗いところ、広く空が見渡せる場所で観察する

・肉眼で観察する

このことを知っておけば大丈夫です。

是非観察にチャレンジしてみてください♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

※関連記事 火星もまだ見るチャンスがありますよ!

火星接近2018年7月31日!見つけ方(方角や時間)をわかりやすく解説!
こんにちは! 2018年7月31日は火星が地球に大接近する日として話題になっています。 このチャンスに火星を観測したい!という方...

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする