埼玉県の自転車保険義務化の理由や罰則は?対象の自転車は?

こんにちは!管理人のゆー。です!

埼玉県で2018年の4月1日から自転車保険の義務化が始まります。

埼玉県内で自転車に乗る人は必ず自転車保険に加入しなくてはなりません。

そこで今回は自転車保険が義務化になった理由や罰則についてまとめました。

自転車に乗る方は必ず押さえておきたいことです!

是非ご覧ください!

スポンサードリンク

埼玉県の自転車保険義務化とは?

埼玉県 自転車保険義務化

画像引用元:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/saitama-profile/kensyo.html

埼玉県では2018年(平成30年)4月1日から自転車保険の加入義務化が始まります。

埼玉県では今まで自転車保険の加入を努力義務としていましたが、完全に義務に引き上げることを決めました。

これで埼玉県で自転車に乗る人全てが自転車保険に加入しなくてはならなくなりました。

埼玉県の自転車保険の加入率は約45%となっており、半数以上が自転車保険未加入となっています。

この状況を踏まえ、埼玉県は自転車保険の義務化に踏み切りました。

既に兵庫県、大阪府、滋賀県、鹿児島県の4府県が自転車保険の義務化をしています。

埼玉県と同時期に京都府でも自転車保険の義務化が開始します。

自転車保険義務化の理由は?

自転車保険義務化 理由

埼玉県は自転車保険の加入義務化についてこのように説明しています。

交通事故が起こった場合の被害者の救済と加害者の経済的負担の軽減を図るため、自転車利用者に対し、自転車保険の加入に努めることとしました。

しかし、近年自転車事故による高額賠償請求事例が全国各地で散見されるなど自転車の事故に対する社会的な責任の重みが増してきている状況にあります。

こうした状況の中で、埼玉県では「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」を改正し、自転車利用者等の自転車損害保険の加入義務化及び学校等における保険加入確認の努力義務を規定しました。

出典:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/jitensya/jitensyajyourei.html

まとめると

・交通事故が起こった際の加害者の経済的負担軽減

・交通事故が起こった際の被害者の救済

・交通マナーの意識向上

こんなところでしょうか。

自転車事故によるニュースはよく耳にすると思います。

自転車は気軽に乗ることができるため、自動車よりも安全意識が薄れがちです。

更に自転車は小学生などまだ判断力が乏しい子どもも運転します。

事故に備えた備えは必須ということですね!

自転車事故の高額賠償例

自転車保険義務化 理由

次に、自転車事故による高額賠償例をご紹介します。

【ケース1】賠償額9266万円

男子高校生が自転車で歩道から車道を斜めに横断した際、対向車線から自転車で直進してきた24歳男性会社員と衝突。男性会社員には言語機能の喪失等重大な障害が残った。(’08年・東京地裁判決)

【ケース2】賠償額6779万円

男性がペットボトル片手に下り坂を猛スピードで走行。交差点に進入した際、38歳の女性に衝突。女性は脳挫傷で3日後に死亡。(’03年・東京地裁判決)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010006-jisin-soci

2013年7月に起こった自転車事故では9521万円の高額倍賞の判決が下っています。

当時小学5年生の少年が、夜間走行中、62歳女性に正面衝突。女性は頭蓋骨骨折の重傷で、一命は取り留めたものの、意識が戻らなかった。女性への損害賠償額は、9521万円。子どもの起こした事故のため、監督責任のある母親に賠償命令が神戸地裁から下されました。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010006-jisin-soci

さらに2008年自転車同士の衝突事故では約1億7千万円もの損害が認定されています。

驚きの賠償額ですよね!

スポンサードリンク

自転車保険に無加入だと罰則がある?

自転車保険義務化 罰則

やはり気になるのが自転車保険に無加入だと罰則があるのか?ということですね。

現時点で自転車保険無加入による罰則はありません。

自転車保険に加入しているという証明が難しいということが原因です。

今のところ自転車保険を義務化している他府県でも罰則規定はありません。

しかし罰則がないからといって保険に入らなくて良いのかというとそういう訳ではありません。

自転車を乗る人(または親)の意識だと思います。

しっかり自転車保険には加入しましょう!

自転車保険義務化の対象の自転車は?

自転車保険義務化 対象

自転車保険義務化の対象の自転車をご紹介します。

自転車保険義務化の対象の自転車は、埼玉県内で自転車に乗る人全てです。

他県から埼玉県に乗り入れた場合でも対象になります。

未成年は親の自転車保険の加入が義務となります。

自転車レンタルをしている自転車貸付業者も加入対象です。

※自転車保険の家族プランです。本人型、夫婦型、子供コースなどのプランも選択できます。詳細は下のリンクからご覧ください。

まとめ

今回は埼玉県の自転車保険義務化について見てきましたがいかがだったでしょうか?

まずは自転車事故を起こさないことが一番ですが、万が一に備えた保険が必要となります。

自分が加害者になってしまったときに被害者側にしっかり保障が出来るようにすることが自転車に乗る人の責務となります。

また、子供の自転車指導も親の責任になります。

自転車保険は保証額が出来れば2億円のもの、示談交渉サービスがついているものがおすすめです。

自転車保険にしっかり加入し、安全運転に務めましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    はっきり言ってこれは県民の安全のためではなく保険業界のためにやっています
    保険業界としても、県民から自転車保険という確実に搾り取れるのはおいしいすぎます。
    近年保険業界は苦境にたたされているらしいですから尚更のことです業界団体が県にロビー活動というなの恐喝をやっていたのでしょう(実行しないと支持しないと感じに)。
     実際車の交通取り締まりも実情はノルマと罰金というなの荒稼ぎにすぎません(罰金が予算に計上されているし、違反件数水増して捕まった警官もいます理由はノルマ達成)
    マスコミも腐りきっていますらめったに出ない高額賠償で恐怖を煽らせて国民を誘導まさに洗脳。