斎藤智也監督(聖光学院)の経歴や息子は?出身高校や大学を調査!

こんにちは!

2018年の夏の甲子園が盛り上がりを見せています。

福島県の強豪・聖光学院は12年連続で夏の甲子園出場を果たしました。

その聖光学院を指導するのは斎藤智也監督です。

今回は、斎藤智也監督のプロフィールや経歴などをまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

斎藤智也監督のプロフィール

斎藤智也監督 プロフィール

画像引用元:https://news.goo.ne.jp/

名前:斎藤智也(さいとうともや)

生年月日:1963年6月1日

年齢:54歳

出身地:福岡県

斎藤智也監督は福島県の聖光学院を指導する監督です。普段は保健体育の教師として働いています。

聖光学院は2018年夏の甲子園にも出場しています。これで12年連続15回目の出場となります。

12年連続というのは戦後最長の出場記録です。確かに毎年「聖光学院」の名前は聞きますね!

斎藤智也監督は聖光学院を甲子園常連校に育て上げた名監督ですね!

2011年には高校日本代表コーチも務めています。春5回、夏14回の甲子園出場経験があります。

これまでに歳内宏明投手(阪神育成)、横山貴明投手(楽天育成)、園部聡内野手(オリックス)、八百板卓丸外野手(楽天)などを育てました。

斎藤智也監督の出身高校や大学

斎藤智也監督 出身高校や大学

斎藤智也監督の出身高校や大学をご紹介します。

出身高校は福島高校、出身大学は仙台大学です。

高校時代は投手兼外野手、大学時代は副主将で外野手としてプレーしました。

大学時代は4番バッターとして活躍しました。

スポンサードリンク

斎藤智也監督の経歴

斎藤智也監督 経歴

斎藤智也監督の経歴をご紹介します。

斎藤監督は今から31年前の1987年に聖光学院の野球部長に就任します。

1999年9月から監督として指揮を執ります。

学校側からは「3年以内に甲子園に出場しなければユニホームを脱いでもらう」と厳しい声をかけられていました。

監督就任から2年後の2001年に夏の甲子園初出場を果たします。初の甲子園は明豊(大分)相手に0-20と大敗を喫しました。

2004年夏に2回目の甲子園出場を果たし、3回戦まで勝ち進みます。

夏の甲子園は2007年から12年連続で出場、春も5回出場しています。

夏の甲子園では2008年、2010年、2014年、2016年にベスト8入りを果たしています。

しかし、まだ全国制覇は達成していません。

東北は準優勝が最高で全国で唯一優勝経験がない地区です。東北地方に悲願の初優勝をもたらせるか?注目です!

斎藤智也監督の息子

斎藤智也監督 息子

斎藤智也監督には2人の息子と1人の娘がいます。

2人の息子・兄の斎藤寛生さんと弟の斎藤英哉さんも野球をしており、聖光学院でプレーしました。

やはり息子の指導はしにくいでしょうね。息子にはかなり厳しく指導していたようです。

「人の2倍以上の結果を出して、レギュラーとして使うかどうかだ」と話し、息子には猛練習を課して結果を出させました。

その結果、2人の息子は甲子園出場を果たし、英哉さんは甲子園でホームランを放ちました。

まとめ

今回は、聖光学院を指導する斎藤智也監督について見てきましたがいかがだったでしょうか?

30年以上も長い間聖光学院を指導していることがわかりました。

日本代表の監督を務めるほどの斎藤智也監督でも甲子園優勝はまだ未経験です。

それだけ全国制覇は難しいんですね。悲願の全国制覇を目指して日々指導をしています。

甲子園での活躍に期待しましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする