桜田宏(ひろし)の公約や経歴は?学歴や実績や家族が気になる!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は、2018年04月08日に行われる青森県弘前市長選挙に立候補している桜田宏(さくらだひろし)氏について見ていきたいと思います。

桜田宏氏はどのような候補者なのでしょうか?

桜田宏氏の政策や経歴などについてまとめました。

弘前市長選挙2018で桜田宏氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

桜田宏のプロフィール

まずは、桜田宏氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:桜田 宏(さくらだ ひろし)

生年月日:1959年生まれ

年齢:58歳

出身地:青森県弘前市

桜田宏氏青森県弘前市の生まれ弘前市育ちの58歳です。

肩書は元市観光振興部長です。

市役所は今年1月に退職しています。

今回の選挙は、現市政が市民生活を第一に考えた市政になっていないという理由から出馬を決意しました。

市民生活に密着した政策を打ち出しています。

ねぷたが好きで、趣味はねぷた制作です。

家族は妻と息子さんが2人います。

桜田宏の学歴

桜田宏 学歴

桜田宏氏の学歴をご紹介します。

出身小学校:弘前市立桔梗野小学校

出身中学校:弘前市立第四中学校

出身高校:青森県立弘前高等学校

出身大学:弘前大学 人文学部

弘前高校は青森県の中でもトップクラスの進学校です。

高校時代はラグビー部に所属していました。

大学も弘前大学なので、生まれてから大学卒業まで弘前市で過ごしていたんですね。

大学卒業後も弘前市に就職ています。(経歴に続く・・・)

スポンサードリンク

桜田宏の経歴

桜田宏 経歴

桜田宏氏の経歴をご紹介します。

大学卒業後の1983年に弘前市役所に入庁しています。

市役所にて以下の部署に勤務。

福祉事務所保護課

人事課

企画課

秘書課

観光物産課長

市民協働政策課長

政策推進課長

観光振興部長  2018年退職。

資格:社会福祉主事

出典:http://39rada-h.com/free/profile

2018年1月31日付けで市役所を退職しました。

桜田宏の公約

桜田宏 公約

桜田宏氏の政策について見ていきましょう。

桜田宏氏は「市民生活を第一に」をトップのキャッチフレーズとして掲げています。

政策として以下の3本の柱を掲げています。

「くらし」「いのち」「ひと」

1.市民の「くらし」を支えます。
市民に大きな負担を求めず、雪国の快適なまちづくりを進めます。
なぜ必要なのか、その目的と目標があいまいな「指定ごみ袋」の導入を中止します。

2.市民の「いのち」を大切にします。
医療と保険の対策を充実し、市民の健康と長寿を推進します。
県の提案を踏まえ、津軽圏域の中核病院を早期に整備し、24時間、365日救急患者を受け入れ、かつ安心して病気やケガの治療を受けられる体制を整えます。

3.次の世代を託す「ひと」を育てます。
人口減少と超高齢化社会の到来にそなえ、弘前大学をはじめ市内の各大学の協力も得ながら、地域を担う人材を育てます。
学校だけでなく公民館なども活用しながら、地域の小・中学生を地域で育てる仕組みを教育委員会とともに作ります。

出典:http://39rada-h.com/

まとめ

今回は、弘前市長選挙2018に立候補している桜田宏氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

弘前市長選挙の投開票は2018年4月8日(日)となります。

今回は桜田宏氏の他に、葛西憲之氏と畑山聡氏が立候補しています。

他の候補者の記事もご覧ください。

葛西憲之氏の公約やプロフィールはこちら!

畑山聡氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする