佐藤洋(奥州市長選)の公約や経歴は?学歴や実績を調査!

こんにちは!管理人のゆー。です!

今回は、2018年3月4日に行われる岩手県奥州市長選挙に立候補している佐藤洋(さとうひろし)氏について見ていきたいと思います。

佐藤洋氏はどのような候補者なのでしょうか?

佐藤洋氏の政策や経歴をまとめました。

奥州市長選挙2018で佐藤洋氏について気になっている方の参考になって頂けたら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

佐藤洋のプロフィール

佐藤洋 プロフィール

画像引用元:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171216_31026.html

まずは、佐藤洋氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:佐藤洋(さとう ひろし)

生年月日:1954年4月3日

年齢:63歳

出身地:岩手県奥州市(旧水沢市)

佐藤洋氏は2014年の市議選で初当選しました。

今回の市長選に立候補するにあたり任期途中の2017年11月に辞職しています。

市職員としての経験を活かし、閉塞感が漂う市政を変えたいと立候補しました。

現市政について佐藤洋氏は以下のコメントしています。

「行政改革として市職員の削減を進めているが、それに伴う組織基盤の確立や民間の導入が進んでいない」と批判しています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00010001-senkyocom-pol

佐藤洋の学歴

佐藤洋 学歴

佐藤洋氏の学歴をご紹介します。

出身中学校:水沢市立東水沢中学校

出身高校:岩手県立水沢高等学校卒業

出身大学:早稲田大学卒業

佐藤洋氏は奥州市で生まれ育ちます。

水沢市は2006年に他の市町村と合併して奥州市になっています。

水沢高等学校は県内でもトップクラスの進学校です。

その後早稲田大学に進学しています。

スポンサードリンク

佐藤洋の経歴

佐藤洋 経歴

佐藤洋氏の経歴をご紹介します。

昭和53年3月 早稲田大学卒業

昭和53年4月 水沢市役所奉職(奥州市総務部財政課長、奥州市健康福祉部長歴任)

平成26年1月 奥州市役所退職

平成26年3月 奥州市議会議員

平成29年11月29日 奥州市議会議員辞職

出典:http://www.poweruposhu.net/#3rdPage

佐藤洋の公約

佐藤洋 公約

佐藤洋氏の政策を見ていきましょう!

佐藤洋氏は、パワーアップ奥州をキーワードに以下の5つの政策を掲げています。

奥州力アップのための5つの約束

①保育と教育の市政 独自の子育て環境が輝くまち
1.子育て支援の拡充
2.教育環境の充実

②安心で安全な市政 健やかで安心して暮らせるまち
1.地域医療体制の充実
2.高齢者支援の拡充
3.障がい者支援の拡充
4.生活困窮者の支援
5.防災体制の充実
6.公共交通体系の確立
7.公共インフラの適切な維持管理

③希望と創造の市政 産業の力みなぎる魅力あるまち
1.農畜産業の振興
2.商工業の振興
3.観光の振興

④対話と参画の市政 市民と協働して共に歩むまち
1.市民対話機会の開催市民活動の推進

⑤公正で透明な市政 公正で開かれた情報公開のまち
1.市政の透明化と情報公開の徹底財政の健全化

出典:http://www.poweruposhu.net/#3rdPage

医療体制の活性化や教育環境の充実に力を入れる方針です。

特に情報公開には力を入れ、市民に見える奥州市を目指すと意気込みます。

人口減少による少子高齢化や厳しい財政状況に立ち向かいます。

まとめ

今回は、奥州市長選挙2018に立候補している佐藤洋氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

奥州市長選挙の投開票は2018年3月4日(日)となります。

佐藤洋氏の他には、現職の小沢昌記氏と新人の佐藤邦夫氏が立候補しています。

小沢昌記氏と佐藤邦夫氏の記事もご覧ください。

小沢昌記氏の公約やプロフィールはこちら!

佐藤邦夫氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする