センバツ甲子園2018創成館VS智弁学園で誤審?審判は誰?感想も!

こんにちは!管理人のゆー。です!

第90回センバツ高校野球が甲子園球場で繰り広げられています。

3月30日に行われた3回戦の創成館(長崎県)VS智弁学園(奈良県)は大会初の延長戦にもつれる試合になりました。

その試合9回裏の創成館の攻めの場面で起きた誤審騒動について見ていきたいと思います。

審判の名前は?審判が下した判定は?周りの反応は?

まとめましたので是非ご覧ください!

スポンサードリンク

創成館VS智弁学園の試合結果

創成館VS智弁学園 誤審

創成館2-1智弁学園

延長10回に創成館の3番松山君によるサヨナラホームランで勝利しました。

センバツ甲子園でサヨナラホームランが3本も出たのは史上初です。

今年は劇的な幕切れが多いですね!

創成館VS智弁学園で起きた誤審騒動とは?

創成館VS智弁学園 誤審

創成館VS智弁学園で起きた誤審騒動について見ていきたいと思います。

1点を追う9回裏、創成館はノーアウト1・2塁にした後に次の打者がしっかり送ります。

その後、センターのエラーで同点に追いつきます。

その後、智弁学園は満塁策をとります。

1アウト満塁でサヨナラのチャンスを迎えました。

そして問題のシーンがこちら!

バッターが打ったボールをショートが補給している(ように見える)のにショートバウンドと判定され、ホームとサードのフォースプレイ!

ダブルプレーでスリーアウト!延長戦に入ります。

審判団の見解

日本高野連の審判規則委員長で、この試合の担当幹事・窪田哲之審判は「球審が正面からショートバウンドを確認し、セーフのジェスチャーをした。その後、創成館から『ノーバウンド捕球では』とアピールがあり、審判団が集まって確認した結果、やはりショートバウンドと判定。二塁、三塁走者それぞれが進塁しなかったためフォースアウトとなった」と説明した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000130-dal-base

スポンサードリンク

ネット上の反応

創成館にとってかわいそうな判定になってしまったと感じました。

でもその後にサヨナラホームランを打ったのは素晴らしい!

タイブレークまで行くかなと思ってましたが・・・

さすが秋に大阪桐蔭を破っただけありますね!本当に熱戦でした!

創成館が負けてたらかなり炎上しいていたと思いますが、勝ったから審判にとっても良かったですね!

創成館VS智弁学園の審判は誰?

球審:鈴木隆

1塁塁審:古川泰史

2塁塁審:吉岡浩伸

3塁塁審:野口敏行

※甲子園サウンド夏の高校野球編!面白いですね(^^♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする