城間幹子(那覇市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年10月21日に行われる那覇市長選挙に立候補している城間幹子(しろまみきこ)氏について見ていきたいと思います。

城間幹子氏は現職の那覇市長で再選を目指します。

城間幹子氏の政策や経歴などについてまとめました。

那覇市長選挙2018で城間幹子氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

城間幹子のプロフィール

城間幹子のプロフィール

画像引用元:http://www.shiromamikiko.com/

まずは、城間幹子氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:城間 幹子(しろま みきこ)

生年月日:1951年1月20日

年齢:67歳

出身地:那覇市

肩書:那覇市長

城間幹子氏は現職の那覇市長です。那覇市長を1期務めました。

「那覇市の発展に尽くしたい思いが高まった」と立候補の意気込みを語り再選を目指します。

今回の那覇市長選には県議で自民党県連会長代行の翁長政俊氏が立候補しており、一騎打ちとなります。

城間市政の4年間の評価が問われる選挙となります。城間幹子氏は4年間の実績をアピールして今後の課題を明確にしておきたいところでしょう。

城間幹子氏は、共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄」の支持を受けています。10月4日に就任した玉城デニー知事とは「共通する部分は連携したい」と話しています。

城間幹子の学歴

城間幹子 学歴

城間幹子氏の学歴をご紹介します。

出身小学校:那覇市立松川小学校

出身中学校:那覇市立真和志中学校

出身高校:沖縄県立那覇高校

出身大学:国立宮城教育大学

高校までは沖縄で過ごし、大学は宮城県へ行きます。

その後、千葉県で教員として働きます。

スポンサードリンク

城間幹子の経歴

城間幹子 経歴

城間幹子氏の経歴をご紹介します。

城間氏は1973年に教員採用され、2009年まで様々な中学校で指導してきました。その後、教頭、校長に就任します。

教諭時代は中学校の国語科を教えていました。

その後は、那覇市教育委員会学校教育部長、那覇市教育長、那覇市副市長を経験しました。

2014年11月の市長選で初当選しました。

1期目の実績はこちらの動画で紹介されています。

2018年の市長選にも立候補しており、2期目を目指します。

城間幹子の公約

城間幹子 公約

城間幹子氏の政策について見ていきたいと思います。

城間氏は「あなたとともに」「平和・こども・未来『ひと つなぐ まち』」をキーワードに以下の政策を掲げています。

1.子育て

待機児童ゼロ

子ども貧困対策の推進

2.福祉

安心の介護

3.経済

アジアのダイナミズムを取り込む

具体的な政策

中学3年までの子ども医療費の無償化、幼児教育の無償化
小学校区まちづくり協議会を全校区に
アーケード再整備支援、中心市街地の活性化
中小企業や働く人を支援
新文化芸術発信拠点施設建設と伝統文化継承
LRTの本格的導入を検討

米軍普天間飛行場の辺野古移設については「新しい基地はいらない」との見解を示しています。

城間幹子氏の政策の詳細は公式サイトをご覧ください。

城間幹子氏の政策ページ

まとめ

今回は、那覇市長選挙2018に立候補している城間幹子氏について見てきました。

那覇市長選挙の投開票日は2018年10月21日(日)です。

今回の選挙は、城間幹子氏と無所属新人で前県議の翁長政俊氏(69)の一騎打ちとなります。

翁長政俊氏の記事もご覧ください。

翁長政俊の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする