スーパー玉出の売却先の会社はどこ?売却額や理由が気になる!

こんにちは!

大阪府内を中心に展開する「スーパー玉出」の創業者である前田託次氏が逮捕されたというニュースが飛び込んできました。

暴力団との関係があったようですね。

ニュースを読み進めてみると「スーパー玉出」は2018年7月に売却したと書かれていました。

一体どこの会社が買い取ったのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

スーパー玉出の売却先の会社はどこ?

スーパー玉出 売却先の会社

スーパー玉出は派手な外観や激安販売が売りのスーパーマーケットです。

店舗は大阪に44店舗、兵庫に1店舗あります。

スーパー玉出は2018年7月に別の運営会社にスーパー事業を売却したとあります。

取得したのは、株式会社アイセ・リアリティーという会社です。

売却額は約45億円と報道されています。

スポンサードリンク

株式会社アイセ・リアリティーの会社概要をみてみると代表者名のところに3名の名前が書かれいました。

代表取締役 伊勢 彦信
代表取締役 柳 喜之
代表取締役 湯本 正基

事業内容は以下の通り。

不動産関連業
商品事業
ホテル事業
人材派遣業
食品小売事業
物流事業
美容事業
事業開発

かなり幅広い事業を展開している会社ですね。

グループ会社の株式会社フライフィッシュが運営することになります。

ライフィッシュ社長にはアイセの代表取締役・湯本正基氏が就任しました。

スーパー玉出が売却した理由は?

スーパー玉出 売却した理由

スーパー玉出は売却する理由について次のように説明しています。

・社長が高齢になった。

・格安の創業精神を継承する企業が見つかった。

今回逮捕されたスーパー玉出の社長・前田託次氏は74歳です。信頼できる売却先が見つかったので手放したと説明しています。

屋号はそのまま変わらずに営業します。

株式会社スーパー玉出の2018年2月期の売上高は約360億円でした。

親会社の玉出ホールディングスは、不動産管理事業に移行しています。

今回の調査でこのような情報がわかりました。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする