激レアヒロコさん(アメフト)の年俸や結婚や子供は?経歴が凄い!

こんにちは!

今回は、アメリカの女子アメリカンフットボールリーグで活躍する鈴木弘子さんについて見ていきたいと思います。

鈴木弘子さんは2018年12月3日放送の『激レアさんを連れてきた。』にヒロコさんとして出演しました。

日本人初の女子アメフトプレイヤーのヒロコさんとはどのような選手なのでしょうか?

ヒロコさんの経歴を調べたら素晴らしかったです!また、気になる年収や結婚についても調査しました!

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

ヒロコさん(鈴木弘子)のプロフィール

ヒロコさん(鈴木弘子) プロフィール

画像引用元:https://twitter.com/79betty

まずは、鈴木弘子さんのプロフィールから見ていきたいと思います。

名前:鈴木 弘子(すずき ひろこ)

生年月日:1964年9月28日

年齢:54歳

出身地:東京都

身長:173㎝

体重:65㎏

鈴木弘子さんは女子アメリカンフットボールの選手です。

凄いのが年齢です。54歳なのにまだ現役バリバリで活躍しているのです。

この激レアぶりがテレビで取り上げられ、テレビ朝日の『激レアさんを連れてきた。』に出演しました。

番組では『身体能力が凄すぎるあまり、もうアスリートを引退したいのに54歳になってもやめさせてもらえない江戸っ子』として出演します。

限界を知らないスーパーウーマンですね(^^♪

鈴木弘子さんはベティー(Betty)の愛称で親しまれています。名前の由来は、アニメキャラクターのベティ・ブープに似ていることから言われています。

アメリカンフットボールと言えばアメリカでは大人気のスポーツで、アメリカの4大スポーツの1つです。

女子のアメフトリーグは2000年に創設されました。鈴木弘子さんはリーグ創設時からプレーする大ベテランの選手なのです。

そして日本人初のプロアメフト選手になりました。

まだ現役で活躍しているのは本当に凄いことだと思います。まだまだ活躍してくれそうです(^^♪

ヒロコさん(鈴木弘子)の経歴と成績

ヒロコさん(鈴木弘子) 経歴と成績

画像引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/475120

鈴木弘子さんの経歴をご紹介します。凄い経歴ですよ!

鈴木弘子さんは、東京都浅草で生まれ育ちました。

幼少期から身長が高くスポーツ万能で、高校時代はシンクロナイズドスイミングの選手として活躍しました。

共立女子短期大学卒業後はスポーツインストラクターとして働きます。ジムやスキューバーダイビングのインストラクター、水泳、エアロビクス、ウエイトトレーニング、栄養を指導するなどスポーツに携わりました。

そんな鈴木弘子さんとアメフトとの出会いは30歳の時でした。日本のアマチュアチームへの紹介が友人からありました。それがきっかけで、日本の女子クラブチーム・レディコングで、アメフトを始めます。

激しいスポーツと競技の深みを知ってすっかりアメフトの魅力に取りつかれた鈴木弘子さんは、1年目に選手、2年目でポジションリーダー、3年目でキャプテン、4年目でチームオーナーになりどんどん活躍の幅を広げていきました。

2000年にアメリカで女子プロリーグの誕生の知らせを聞くと、アトランタでプロテストを受けるために単身渡米します。

WPFLのトライアウトに合格し、リーグ唯一の日本人プレイヤー、日本人初のプロ選手として活躍します。

その後の経歴は以下の通りです。

2000年
WPFL(Women’s Professional Football League) トライアウトに合格し、日本人初プロアメフト選手となる。フロリダ州デイトナビーチバラクーダスで、センターとしてチームを引っ張り、ディビジョン優勝。オールスター戦にもスターターとして選出される。

2001年
アリゾナカリエンテ(WPFL)に移籍。プレイオフ進出

2002年
アリゾナカリエンテで、リーグ準優勝

2003年
春シーズン:フィラデルフィアフィニックス(NWFA)
秋シーズン:ロングビーチアフターショック(WPFL)

2004年
ロングビーチアフターショック(WPFL)

2005年
南カリフォルニアスコーピオンズ(WPFL)

2006年
アンティロープバレーアタック(NWFA)

2007年
春シーズン:オールバレーアタック(NWFA)
秋シーズン:LAアマゾンズ(WPFL)

2009年
カリフォルニアクエイク(IWFL)

2010年
カリフォルニアクエイク(IWFL)

2011年
カリフォルニアクエイク(IWFL) 準優勝

2012年
サンディエゴサージ(WFA) 優勝

2013年
パシフィックウォリアーズ(WFA)
チームUSAに選出される。

2014年
サンディエゴサージ(WFA) 準優勝

2015年
パシフィックウォーリアーズ(WFA)

2016年
パシフィックウォーリアーズ(WFA)
オーナーに就任、全米8位でシーズン終了

2017年
パシフィックウォーリアーズ(WFA)
オーナー兼選手(センター)

出典:https://profile.ameba.jp/ameba/betty-suzuki79

選ばれた選手しか出場できないオールスターにも連続出場しています。

優勝も経験していますし、実績は申し分ないですよね。

こんなに凄い選手がアメリカで活躍してるとは恥ずかしながら知りませんでした。

もっと日本のニュースなどで取り上げられるべき選手ですよね。

スポンサードリンク

2010年にはオフェンス賞を受賞しています。

2011年には準優勝を経験し、2012年に悲願の全米優勝を果たしました。

2013年には世界選手権に選出されました。

2014年にも準優勝をして、2015年にコーチ兼選手になりました。

さらに凄いのが現在選手として活躍しながらチームのオーナーも務めています。「オーナー兼選手」ってカッコイイですね(^^♪

選手としてだけではなく、チームの経営も任されており、鈴木弘子さんがチームにもたらす影響の大きさがわかります。チームや選手から信頼されている証拠だと言えるでしょう。

ヒロコさん(鈴木弘子)の年俸は?

ヒロコさん(鈴木弘子) 年俸

日本人初のアメリカンフットボールのプロ選手となった鈴木弘子さんの年俸はどのくらいなのでしょうか?

実は、女子アメフト選手はプロですが競技一本で生計を立てるのが難しいくらいの収入なのです。恐らく100万円前後の選手が多いのではないでしょうか?

男子のアメフトNFLの選手の年俸は軽く億を超えます。アメフトは男子と女子でかなりの開きがあることがわかります。

女子アメフト選手は多くの選手が主婦や仕事を掛け持ちしてプレーしています。鈴木弘子さんもコーディネーターをしながらプレーしていました。

現在は、パシフィック・ウォリアーズのオーナーも務めているので年間600万~1000万円の資金調達を確保するのに尽力しているとの情報です。

グッズのデザインから、パンフレット作り、練習以外のバーベキューも企画するなど仕事一色です。

女子アメフト選手は金銭面では厳しいということがわかりました。

ヒロコさん(鈴木弘子)は結婚している?

ヒロコさん(鈴木弘子) 結婚

最後に鈴木弘子さんが結婚しているのかも調べました。

調べたところ鈴木弘子さんは独身だということがわかりました。

アメフトがとにかく大好きでアメフトのことばっかり考えているんでしょうね。

それだけアメフトに人生をかけているということですね。

アメリカで長年生活しているので、出会いとしたら外国の方が多いでしょうね。

結婚願望があるかは不明ですが、今後もアメフトには愛を注いで携わっていくでしょうね。

まとめ

今回は、アメリカで大人気のスポーツアメフトのプロ選手兼オーナーとして活躍する鈴木弘子さんについて見てきました。

アメフトは日本ではあまりメジャーなスポーツではないので注目度はあまり高くないですが、アメリカでは本当に凄い熱気です。

鈴木弘子さんは、身長が173㎝と一般女性よりは大きいですが、アメフト選手としては小柄の選手のようです。パワーがない分スピードでカバーしてプレーしていると話していました。

負けず嫌いで強気な性格という印象を受けました。

54歳で現在は凄すぎです。今後も現役バリバリで頑張ってほしいですね(^^♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする