台風23号2018年の進路予想図!上陸やピークはいつになる?

こんにちは!

今年は台風が多発して日本に大きな影響を与えています。

これからが台風シーズンなので、今後の台風の発生が心配されます。

今回は、台風23号(仮)のたまごや進路予想図について見ていきたいと思います。

是非ご覧ください!

※台風22号はまだ発生していません。現在の海の状況を考察しています。
情報は随時更新していきます。

スポンサードリンク

台風23号のたまごが発生?

台風21号が非常に強い勢力で日本に接近しました。各地で強風が吹き、大きな被害が出ました。

台風21号は去りましたが、今後の台風も気になります。

下の写真をご覧ください。

台風23号 進路予想図

こちらは、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表している情報です。

TS26Wは9月7日に発生した台風22号です。

赤い丸の98Wは台風22号になるとみられています。

そして、東シナ海に黄色の98W、さらに南シナ海にオレンジの90Wの熱帯低気圧があります。

この熱帯低気圧が発達して台風23号になる可能性があります。

台風のたまごがどんどん発生しています。

今後も台風は発生しやすい環境にあるということなので心配です。

台風23号の進路予想図は?

台風23号 進路予想図

9月7日時点で台風22号(仮)の進路予想図はまだ発表されていません。

日本に接近する可能性もあるので今後の情報に注目したほうが良さそうです。

今年は海面水温が高いので台風が発生しやすく、勢力も衰えにくいと言われています。

今後のこの傾向は続くようなのでしばらくは台風情報から目が離せないです。

スポンサードリンク

台風が過去最高ペースで量産!

台風23号 進路予想図

今年は台風が多発しています。

8月だけで9個の台風が発生し、12日~16日にかけては5日間連続で台風が発生しました。

8月の9個の台風発生は統計以降で3番目に多い年となりました。(最多は1966年、1960年の10個)

5日間連続で台風が発生したのは、統計史上初のことです。このことからも今年の台風が異常ということがわかります。

平年の台風の平均発生数は25.6個です。この数字は楽々超えてしまいそうですね。

台風発生数の過去最多は1967年の39個です。

今年は39個の台風が発生した年とほぼ同じペースで台風が発生しています。

さらに、盛夏期(7月8月)に台風発生が多かった年の9月は、台風の発生が多い傾向があります。

つまり、今年の9月も台風が多発する傾向にあるということになります。

統計以降、一番遅く上陸した台風は10月28日です。

今年は10月に入ってからもまだまだ油断ができないかもしれませんね。

今後も台風に警戒が必要です。

雨の日の便利グッズ

台風に負けない?最強折りたたみ傘を発見!風速約20m/sまでに耐えられる傘骨構造です。

逆さ傘ってご存知ですか?折りたたむときに水滴が内側にくる構造になっています。車に乗る時には特に嬉しいです。UVカット機能もあり日傘としても使えます!

濡れない靴下?防水通気靴下を発見!雨の日の通勤やスポーツなどに最適!

防水シューズもあります!スニーカータイプなど様々な種類のものがあるので検索して探してみることをおすすめします。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする