太陽を愛したひとのキャストやあらすじ!ロケ地はどこ?

スポンサードリンク

こんにちは!管理人のゆー。です!

2018年の夏にNHKでスペシャルドラマ『太陽を愛したひと』が放送されます。

『太陽を愛したひと』は東京パラリンピックを成功に導いた伝説の整形外科医の中村裕さんが主人公です。

中村裕さんの波乱万丈の人生がドラマ化され放送されます。

今回は、『太陽を愛したひと』のキャストやあらすじ、ロケ地について見ていきたいと思います。

是非ご覧ください♪

太陽を愛したひとのキャストは?

https://twitter.com/JiNaname/status/979843766478503936

太陽を愛したひとの豪華キャスト陣をご紹介します。

向井理 中村裕

東京パラリンピックを成功に導いた主人公中村裕医師。

上戸彩 中村裕の妻

京パラリンピックを実現させるために奮闘する夫を支える。

志尊淳 土山アキラ

部活中の事故で車いす生活を余儀なくされる。

安藤玉恵 村上久子

夫と2人の娘と幸せな生活を送っていたが、事故で背骨を損傷し車いす生活となる。

飯豊まりえ 岸本茜

障害者が自立して生きていくための就労施設「太陽の家」の事務員。

山口馬木也 土山正之

アキラの父親。中村裕の試みに対して怒りをぶつける。

尾上松也 畑田和男

国立別府病院の医師で、中村の後輩。

田山涼成 立石一真

中村の熱意を理解してくれた電機会社の社長。

松重豊 天児民和

九州大学医学部名誉教授。中村のリハビリテーションへの道を開いた恩師。

岸惠子 中村廣子

亡くなった夫を回想する、現在の中村裕の妻。

スポンサードリンク

太陽を愛したひとのあらすじ

『太陽を愛したひと』は1930年代に東京パラリンピックを実現させるために奮闘した中村裕医師が主人公になっています。

1960年に研修のためにイギリスに向かった中村はスポーツを取り入れた障がい者医療に衝撃を受ける。

日本に戻った中村は障がい者スポーツを広めようとするが、常識外れだと抵抗にあう。

それもそのはず、当時の日本にはリハビリという言葉もなく、治療は絶対安静が常識だった。

そんな中、ある少年との出会いをきっかけに車いすバスケを少しずつ普及させていった。

少しずつ障がい者スポーツを広めようとする中、中村に東京パラリンピックを実現させてほしいという依頼が!

しかし、障がい者の家族からも反対の声が上がる・・・

家族や仲間の支えを得ながら中村は東京パラリンピックを成功させるために困難と立ち向かう。

※主人公中村裕医師の詳細はこちら!

中村裕(医師)の経歴や所属病院は?東京パラリンピックの功績が凄い!

太陽を愛したひとのロケ地は?

太陽を愛したひと ロケ地

太陽を愛したひとのロケ地はどこなのでしょうか?

物語の主人公である中村裕医師の出身地は大分県です。出身地である大分で撮影したのかなと思いました。

でもさすがに大分は遠いですよね・・・

ロケ地はどこかと調べてみると、エキストラの募集ページを見つけました。

そこには茨城県の笠間市と日立市内とひたちなか市での撮影のエキストラを募集していました。

水泳競技を観ている観客300名、看護師役4名、患者役3名を募集していました。

出演者の向井理さんや上戸彩さんも来るようなことも書いてありました。

ということは茨城県内で撮影をメインにしたと予想できます。

しかし、それより詳しい情報は不明となっています。

もし新しい情報が入り次第更新したいと思います。

まとめ

今回は夏に放送される『太陽を愛したひと』について見てきましたがいかがだったでしょうか?

『太陽を愛したひと』は一夜限りのスペシャルドラマになります。

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるので、中村裕医師の名前はこれからたびたび紹介されるかもしれませんね!

感動のストーリーになっているのでハンカチが必須ですね!

放送日がまだわからないのでわかり次第追記します。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事もご覧ください♪

中村裕(医師)の経歴や所属病院は?東京パラリンピックの功績が凄い!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする