卓球チームワールドカップ2018に水谷隼が不出場!理由は何?

スポンサードリンク

こんにちは!管理人のゆー。です!

2018年2月22日から卓球チームワールドカップが始まります。

やはり気になるのが、日本人出場選手や大会結果ですよね!

そんな中、日本の男子卓球界を長年引っ張ているエース水谷隼選手の名前がないのです。

なんで水谷隼選手は卓球チームワールドカップ2018に不出場なのでしょうか?

水谷隼選手の不出場の理由や今回の出場選手について見ていきたいと思います。

是非ご覧ください♪

卓球チームワールドカップとは?

今回行われる卓球チームワールドカップとはどのような大会なのでしょうか?

卓球チームワールドカップはITTF(国際卓球連盟)が主催する世界大会です。

オリンピック、世界卓球と並ぶ卓球の世界三大大会の一つです。

ワールドカップは個人戦が年1回、団体戦は2年に1回開催されます。

団体戦は今年で11回目を迎えます。

卓球チームワールドカップ2018に水谷隼が不出場!

卓球チームワールドカップ2018 水谷隼

画像引用元:https://twitter.com/mizutani__jun

卓球チームワールドカップ2018の日本人メンバーを見てみると水谷隼選手の名前がありません。

かなり残念なんですが、なんで水谷隼選手は不出場なのでしょうか?

気になって調べたところ、水谷隼選手はロシアリーグに参戦するため、スケジュールの関係で不出場になっています。

去年は水谷隼選手は出場してましたよね!

水谷隼選手がいないのは寂しいですよね・・・

水谷隼の今後のスケジュール

卓球チームワールドカップ2018 水谷隼

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00010000-tvtokyos-spo

水谷隼選手の今後のスケジュールを見ていきます。

水谷隼選手の今後のスケジュールは水谷選手のホームページで確認できます。

3月3日 ジャパントップ12 駒沢体育館

3月6日~11日 カタールオープン(ドーハ)

3月14日~16日 ヨーロッパチャンピオンリーグ準決勝

3月20日~25日 ドイツオープン(ブレーメン)

出典:http://mizutanijun.web.fc2.com/

卓球チームワールドカップ2018の出場選手

卓球チームワールドカップ2018 出場選手

画像引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2018/02/002404.html

卓球チームワールドカップ2018の日本人出場選手を見ていきましょう。

今年はどの選手が出場するのでしょうか?

出場選手は以下の通りです。

男子
丹羽 孝希(スヴェンソン)
張本 智和(JOCエリートアカデミー)
大島 祐哉(木下グループ)
上田 仁(協和発酵キリン)

女子
石川 佳純(全農)
平野 美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)
伊藤 美誠(スターツSC)
早田 ひな(日本生命)

今年1月の全日本卓球選手権で水谷隼選手を圧倒して最年少優勝した張本智和選手に注目したいですね!

ライバルはやはり中国!中国は10大会中男子が8回、女子が9回優勝しています。

この超強力の中国相手にどのような試合を見せてくれるのか楽しみです。

卓球チームワールドカップ2018の出場選手一覧はこちら!

卓球チームワールドカップのテレビ放送予定はこちら!

卓球チームワールドカップ2018の日程

最後に卓球チームワールドカップ2018の日程を見ていきましょう!

2月22日(木) 男子グループリーグ  女子グループリーグ

2月23日(金) 男子グループリーグ  女子グループリーグ 男子準々決勝 女子準々決勝

2月24日(土) 男子準決勝 女子準決勝

2月25日(日) 男子決勝 女子決勝

イギリスのロンドンで開催します。

出場国

男子:中国、日本、ドイツ、香港、韓国、スウェーデン、フランス、ブラジル、イングランド、エジプト、アメリカ、オーストラリア

女子:日本、中国、香港、台湾、ルーマニア、シンガポール、ブラジル、エジプト、北朝鮮、アメリカ、オーストラリア、イングランド

※水谷隼選手モデルのラケット!

レジャー用なので低価格(^^♪

まとめ

今回は、卓球チームワールドカップ2018に水谷隼選手が不出場の理由について見てきましたがいかがだったでしょうか?

男女ともに金メダルはまだないので、今年こそは中国を撃破してほしいですね!

張本選手など若い戦力で一致団結してほしいですね!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする