東京オリンピックボランティアの年齢制限は?中高生や子供は可能?

こんにちは!

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのボランティアの募集要項が発表されています。

今回は、東京オリンピックのボランティアの年齢制限について見ていきたいと思います。

子供や学生はボランティアに参加することができるのでしょうか?

早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

東京オリンピックボランティアの年齢制限は?

東京オリンピックボランティア 年齢制限

東京オリンピックのボランティアの年齢制限について気になっている方も多いと思います。

東京オリンピックのボランティアの募集要項にはこのように書かれています。

2002年4月1日以前に生まれた方

ということは、2018年に高校2年生になった人までが条件となります。

2020年時点で大学生以上が参加できるということになります。

2020年時点で中学生・高校生の方はボランティアに参加できません。

親子で参加したいという方もいるかと思いますが、子供の参加は不可となっています。

東京オリンピックボランティアの活動期間と時間

東京オリンピックボランティア 活動期間

東京オリンピックのボランティアに参加するには以下の活動期間と時間が指定されています。

■活動期間

大会期間中及び大会期間前後において、10日以上の活動を基本とします。競技スケジュール、活動内容、活動場所等によっては、シフト等の都合により10日を下回る場合もあります。

■活動時間

休憩・待機時間を含み、1日8時間程度

出典:https://tokyo2020.org/jp/special/volunteer/application/

1日8時間、10日以上参加できる方が参加条件のようですね。

スポンサードリンク

東京オリンピックボランティアの隠れた条件

東京オリンピックのボランティアに参加するための条件をまとめてみます。

・10日以上の活動ができるのが基本

・1日8時間程度の勤務できる人

・2020年4月1日時点で大学生以上

・オリエンテーションや研修に参加できる

・活動期間中において、日本国籍又は日本に滞在する在留資格を有する

・無給(多少の交通費は出るようですが・・・)

などなど、様々な条件があります。

この中で10日以上、1日8時間程度という条件がかなり重くのしかかります。

しかも無給、酷暑です。

家から現場に通える方はいいですが、地方の方はホテル代もかかります。

ホテルも期間中は高いし取れるかも疑問です。

ということは、ある程度お金と時間に余裕があり、関東圏に住んでる方や宿泊場所を確保できる方に限定されると思います。

1日や2日だけなら参加したいという方もいると思いますが、この条件で参加したいという方がどれだけいるのか疑問です。

この条件では、年齢制限がなくても子供は参加できないでしょう。

もちろん、東京で開催されるオリンピックに携われるという経験は貴重だと思います。

大学生は夏休み期間中に参加できるので、ボランティアで経験を積むことができるので良いと思います。

サラリーマンや主婦はまず無理のような気がします。

ボランティア参加のハードルが少し高いように感じます。

まとめ

今回は、東京オリンピックのボランティアについて見てきましたがいかがだったでしょうか?

参加条件がかなり厳しいように感じます。

募集人数は8万人ということですが、果たして集まるのでしょうか?

ボランティアも問題になりそうで心配です。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする