となりのトトロのモデル地の場所!バス停や病院やサツキとメイの家は?

こんにちは!

宮崎アニメの不朽の名作『となりのトトロ』

1988年に公開された『となりのトトロ』は、今現在でも多くの方に親しまれている作品です。

今回は、『となりのトトロ』の舞台になったモデル地の場所をご紹介します。

バス停や病院やサツキとメイの家はどこにあるのでしょうか?

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

サツキとメイの家

となりのトトロ サツキとメイの家

画像引用元:https://www.aichi-koen.com/moricoro/shisetsu/satsukitomei/

サツキとメイの家は愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」にあります。

「愛・地球博記念公園」は2005年に開催された愛知万博の跡地に開園した公園です。

サツキとメイの家は、映画で登場した昭和30年代をイメージした家や庭をそのまま再現しています。

季節によって演出が変わることもあるのでそれも魅力的ですね!

施設は予約制となっており、チケットを事前に購入してから行く流れとなります。

映画を観たら絶対に行きたくなるスポットです。

トトロの森

トトロの森は埼玉県と東京都にまたがる狭山丘陵全体です。

東京都(東村山市、東大和市、武蔵村山市、西多摩郡瑞穂町)
埼玉県(所沢市、入間市)

地図上のピンがある場所は狭山丘陵の一部分でかなり広範囲です。

狭山丘陵は、『となりのトトロ』の舞台の1つとなってから全国的に知られるようになりました。

映画に登場する風景や地名があることから「トトロの森」と呼ばれるようになりました。

現在は、「トトロのふるさと基金」が管理運営しています。

トトロの森は2013年3月までに48か所あり、「トトロの森1号地」~「トトロの森48号地」まであります。

自然豊かなトトロの森を散策してみてはいかがでしょうか?完全制覇は難しそうです(;^ω^)

スポンサードリンク

お母さんが入院していた病院

サツキとメイのお母さんは体が弱く、「七国山病院」という名前の病院に入院しています。

この病院のモデルとなった病院は「新山手病院」です。

新山手病院は狭山丘陵の自然豊かな場所にある病院です。

狭山丘陵には「八国山緑地」という場所があり、そこに病院はあります。

「七国山病院」と「八国山緑地」にある病院。地名が似てますね!

サツキとメイが雨の日にいたバス停の行先は「七国山行」となっています。

そして待っていたバス停は「稲荷前」です。

所沢には「稲荷町」というバス停が存在します。

もう一つのトトロの森?

となりのトトロ トトロの森

画像引用元:http://joe.ash.jp/hobby/totoro/index.htm

山形県米沢市李山にトトロにそっくりな木があります。

この木はけやきと2本の杉で構成されています。「鬼の木」と呼ばれていたようです。

ニュースで取り上げられると、この木を見ようとする人が増えたようです。

地元では「トトロの森を守る会」を設立してPR活動をするようになりました。

実は、山形県には最上郡鮭川村曲川にもトトロにそっくりな木があります。

推定樹齢千年の「小杉の大杉」です。

こちらもトトロに似ている大きな木です。

山形県にはトトロの木が2か所あるということですね!

まとめ

今回はとなりのトトロの舞台になっている狭山丘陵やサツキとメイの家などについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

狭山丘陵はトトロに出てくる風景が残っている場所もあり、トトロファンにはたまらないスポットとなっています。

ご興味のある方は是非トトロの舞台になっている地域に行ってトトロを感じてみてください♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする