吉田圭太(青山学院)のシューズや記録は?出身中学高校や実績を調査!

こんにちは!

今回は、青山学院大学の吉田圭太選手について見ていきたいと思います。

吉田圭太選手はどのような選手なのでしょうか?

プロフィールやベストタイム、シューズなどについて調べてまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

吉田圭太のプロフィール

まずは、吉田圭太選手のプロフィールについて見ていきたいと思います。

名前:吉田 圭太(よしだ けいた)

生年月日:1998年8月31日

年齢:20歳(2018年10月時点)

出身地:広島県

血液型:A型

身長:172㎝

体重:51㎏

大学:青山学院大学 2年

学部:地球社会共生学部 地球社会共生学科

吉田圭太選手は青山学院大学の陸上競技部に所属しています。現在2年生です。

1年生の時は三大駅伝に出場できませんでした。

2年生になってから安定した走力がついてきており、今後の成長が期待できる選手です。

2018年の日本インカレでは、日本人トップの3位でゴールしています。

さすが青学の選手。しっかり結果を残します。

2018年は出雲駅伝4区にエントリーされています。三大駅伝に出場するチャンスです!

吉田圭太の記録

吉田圭太選手のベストタイムは以下の通りです。

5000m 13分50秒67
10000m 29分25秒80
ハーフマラソン 1時間04分31秒

ハーフマラソンの自己ベストは2018年2月の神奈川マラソンで記録しました。青学トップでゴールしています。

5000mの学内ランキングでは3位にランクインしています。

層の厚い青山学院大学でも存在感を見せつけています。

スポンサードリンク

吉田圭太の出身中学や高校

吉田圭太 出身中学や高校

吉田圭太選手の出身中学や高校について見ていきたいと思います。

出身中学は広島県の東広島市立高屋中学校、出身高校は広島県の世羅高等学校です。

5000mの自己ベストは高校2年生の時に記録したものです。高校時代から相当速かったんですね。

世羅高校駅伝部は全国トップレベルの実力を誇っています。吉田圭太選手は1年の時から主力として活躍。全国高校駅伝2連覇に貢献しました。

吉田圭太のシューズ

吉田圭太選手の履いているシューズはどこのシューズなのでしょうか?

関東インカレの時はブルーのナイキのシューズを履いている写真を見ました。

ナイキのシューズと言えば「ズーム ヴェイパーフライ 4% 」が有名ですが、このシューズでしょうか?

このシューズはマラソン界を席巻している厚底シューズで話題ですよね。東洋大学の選手が履いているモデルです。2018年9月には新モデルが発売されたようですね。

青山学院大学はアディダスのシューズを履いている選手が多いです。

アディダスの「adizero takumi sen boost」というシューズが青学陸上部着用のシューズとしてアディダスの公式オンラインショップで紹介されています。

吉田圭太 シューズ

出典:https://shop.adidas.jp/running/adizero/

こちらのモデルですね。

アディダスと青山学院大学は、パートナーシップ協定を締結しています。

学生ながら大手スポーツメーカーと契約しているとは本当に素晴らしいですよね。

アディダスのサポートを受けているので青山学院大学の多くの選手がアディダスのシューズを着用しています。

こんな感じで皆アディダスのシューズを履いています。

飯田貴之 シューズ

※青山学院大学のトレーニング本です。テーマは「疲労回復」。毎日のお仕事や家事でお疲れの方々にもオススメの一冊です。

※青山学院大学の原晋監督の書籍!原監督の潜在能力を引き出す方法や考え方が学べます。

まとめ

今回は、青山学院大学の吉田圭太選手について見てきました。

原監督から「2年生になって青トレを正しく実践できている。」と高評価を得ています。

昨年の出雲駅伝では、エントリーされていながらも出走することができなかったので、今回は出走できると良いですね!

初の三大駅伝出場で活躍してほしいです。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする