山梨学院高校野球部監督吉田洸二の経歴や不祥事とは?出身高校や大学を調査!

こんにちは!

今回は2018年夏の甲子園に出場を果たした山梨学院高校野球部の吉田洸二監督について見ていきたいと思います。

吉田洸二監督はどのような監督でしょうか?プロフィールや経歴をまとめました。

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

吉田洸二監督のプロフィール

吉田洸二監督 プロフィール

画像引用元:https://timely-web.jp/article/207/

まずは、吉田洸二監督のプロフィールから見ていきましょう。

名前:吉田 洸二(よしだ こうじ)

生年月日:1969年5月6日

年齢:49歳(2018年8月時点)

出身地:長崎県

吉田洸二監督は山梨学院高校野球部の監督です。長崎県生まれです。

山梨学院高校では社会科の教師として授業をしています。

名門校の監督って教師をしているイメージが全くわかないんですよね・・・(笑)

監督としての実績は十分で甲子園優勝も経験しています。(詳細は経歴でご紹介します。)

2018年6月に出版された『高校野球界の監督がここまで明かす!野球技術の極意』という本で吉田洸二監督の指導法が紹介されています。

「トレーニングは体だけでなく土壇場でのメンタルの強さも作る」が吉田洸二監督のテーマです。

吉田監督が本格的に体作りの指導をしたのは2006年センバツ決勝で横浜に0対21の大敗を喫したことがきっかけでした。

他にもこの本には大阪桐蔭・西谷浩一監督や明秀学園日立・金沢成奉監督、花咲徳栄・岩井隆監督などの監督が紹介されています。

ご興味のある方は是非読んでみてください♪

吉田洸二監督の経歴

吉田洸二監督 経歴

吉田洸二監督の経歴をご紹介します。

長崎県の清峰高校の監督時には春夏合わせて5回の甲子園出場を果たしています。
(05年夏、06年春夏、08年夏、09年春)

今村猛投手を擁した2009年の選抜では、決勝戦で花巻東(宮城県)に2-1で勝利し、初優勝を達成しました。

花巻東には現在西武ライオンズで活躍する菊池雄星選手がいた時です。

長崎県で21年間教員をした後に、山梨学院の須田喜照元監督が山学大野球部コーチに異動するタイミングで監督に就任しました。

山梨学院高校の監督に就任したのは2013年でした。

就任当時は甲子園には手が届かないチームでしたが、そこからの指導で甲子園に出場できる力をつけました。

2014年の選抜に出場すると、2016年から3年連続で夏の甲子園に出場しました。

山梨学院は春も夏も2回戦が最高成績です。

山梨県勢の最高成績はベスト4が最高です。

山梨県勢に悲願の優勝旗をもたらしてくれると期待を集めています。

スポンサードリンク

吉田洸二監督の指導方法

清峰高校に赴任した当時は部員10名の弱小校だったようです。

その後、熱血指導でチームを甲子園優勝まで導きました。

選手1人1人に役割を与え、意識を高めさせました。

山梨学院では重さ10キロの丸太を持ってダッシュをする「丸太ダッシュ」で体力をつけさせました。

トレーニングと食事管理を指導しています。

吉田洸二監督 指導方法

画像引用元:https://timely-web.jp/article/207/

トレーニングを通してメンタルも鍛え上げて強豪校に仕上げました。

野球を通して社会で生きて行くマナーを生徒に教えています。

吉田洸二監督の出身高校や大学

吉田洸二監督 出身高校や大学

吉田洸二監督の出身高校は長崎県の佐世保商業高校、出身大学は山梨学院大学です。

現役時代は外野手としてプレーをしていました。

地元長崎県で教員生活をして甲子園優勝を果たした後に、大学時代に過ごした山梨県に戻りました。

山梨学院で初の甲子園優勝に向かって日々練習をしています。

吉田洸二の不祥事とは?

「吉田洸二」と検索すると「不祥事」という言葉が出てくるので気になって調べてみました。

結論から言うと吉田洸二監督が不祥事を起こしたわけではないことがわかりました。

2016年に山梨学院の野球部部員がスポーツ用品店で万引きをして謹慎処分を受けたという過去があります。

他には、2013年に長崎県の佐世保実業高校で暴行事件がありました。暴行を受けた生徒はあごを骨折しました。

その当時監督を務めていた清水央彦監督は練習中に怪我をしたとして学校に報告していました。その後、暴行事件と発覚して辞任したといった不祥事がありました。

その清水央彦監督と吉田洸二監督は佐世保商の野球部の先輩、後輩の関係です。(吉田監督が1つ上)

吉田洸二監督の周りで不祥事が多発したようですね。

まとめ

今回は、山梨学院の監督を務める吉田洸二監督について見てきましたがいかがだったでしょうか?

吉田洸二監督は甲子園優勝も果たしており、プロ選手も輩出している名監督ということがわかりました。

山梨県勢は甲子園での優勝の経験がないので、山梨県勢の期待を背負っています。

初優勝を目指して頑張ってほしいですね!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする