吉田孝志(新潟市長選)の公約や経歴は?学歴や実績や年齢を調査!

こんにちは!

今回は、2018年10月28日に行われる新潟市長選挙に立候補している吉田孝志(よしだたかし)氏について見ていきたいと思います。

吉田孝志氏はどのような候補者なのでしょうか?

吉田孝志氏の政策や経歴などについてまとめました。

新潟市長選挙2018で吉田孝志氏について気になっている方の参考になったら幸いです。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

吉田孝志のプロフィール

まずは、吉田孝志氏のプロフィールから見ていきましょう。

名前:吉田 孝志(よしだ たかし)

生年月日:1962年6月生まれ

年齢:56歳

出身地:群馬県沼田市

肩書:元新潟市議

吉田孝志氏は群馬県出身、56歳の候補者です。新潟市議は3期目でした。篠田市長に反対の自民系市議が支援しています。

吉田孝志氏は、吉田六左エ門元衆院議員の娘婿です。

吉田孝志氏は16年間続いた篠田市政を批判し、事業を見直す必要があると主張しています。現市政からの転換を掲げ「新潟を変える」と強調しています。

趣味は草刈り、ランニング 。

家族は子供が4人おり、娘さんが2人、息子さんが2人います。吉田孝志氏自身は3人兄弟の3番目です。

吉田孝志の学歴と経歴

吉田孝志 学歴と経歴

吉田孝志氏の学歴と経歴をご紹介します。

出身大学は新潟大学農学部農業工学科です。同大学院農学研究科を修了しています。(農業システム工学専攻)

続いて、吉田孝志氏の経歴をご紹介します。

民間企業にてまちづくり・都市開発事業に従事した後に衆院議員秘書に就任します。

2007年の新潟市議選で初当選します。

2011年の新潟市議選でも当選を果たします。

2014年の新潟市長選に立候補しましたが、落選しています。

2015年の新潟市議選で当選し3期目を務めていました。

スポンサードリンク

吉田孝志の公約

吉田孝志 公約

吉田孝志氏の政策について見ていきたいと思います。

吉田孝志氏は「新潟を変えよう」を強調し、現市政からの転換を掲げています。

子どもたちが輝くために
・子どもたちの可能性を伸ばす知育、徳育、体育、食育を充実。
・障がいのある方の学び、社会と関わっていくためのサポートを充実。

女性が輝くために
・子育てに社会がもっと関わる仕組みづくり。
・女性が活躍する職場を応援する制度の創設。
・保育・幼児教育の充実。

高齢者が輝くために
・介護の充実、予防の拡充で、日本一の健康都市を作る。
・経験を活かした、元気な高齢者が活躍できるフィールドを広げる。

若者たちが輝くために
・若者たちの交流拠点づくり。世代間交流機会の創設。
・キャリア形成のためのシステムを充実させる

働く人たちが輝くために
・企業誘致と雇用増大につながる、特色ある産業ビジョンの作成と実施。
・地域産業育成のため、中小零細企業の活動をサポートする。

みんなが輝くために
・BRTは反対します。
・水と土の芸術祭は民間移行へ。
・助けあう地域の強いきずな作り。
・防災都市機能の充実。
・経営感覚を持った行財政改革の断行。

出典:http://www.yoshidatakashi.jp/policy/

BRT(バス高速輸送システム)は廃止の立場をとっています。「水と土の芸術祭」も廃止の意向です。

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題については、「再稼働は反対、廃炉を望む」と話しています。

市長の退職金廃止や特別職給与の見直し、副市長に民間経営者を登用する方針も挙げています。

まとめ

今回は、新潟市長選挙2018に立候補している吉田孝志氏について見てきました。

新潟市長選挙の投開票日は2018年10月28日(日)です。

今回は、吉田孝志氏の他に、元参院議員・中原八一氏(59)、元市議・小柳聡氏(31)、元市北区長・飯野晋氏(45)が立候補しています。

他の立候補者の記事もご覧ください。

中原八一氏の公約やプロフィールはこちら!

小柳聡氏の公約やプロフィールはこちら!

飯野晋氏の公約やプロフィールはこちら!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする