木村弘毅の経歴や年収は?実績や学歴や年齢をチェック!

こんにちは!管理人のゆー。です!

2018年2月27日にSNSやゲームで知られるミクシィの森田仁基社長が退任することが発表されました。

新社長として木村弘毅氏が昇格することになりました。

今回は、新社長に昇格した木村弘毅氏についてまとめました。

木村弘毅氏のプロフィールや経歴などを調査しました!

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

木村弘毅のプロフィール

木村弘毅 プロフィール

画像引用元:https://app.famitsu.com/20180227_1247856/

まずは、木村弘毅氏のプロフィールから見ていきましょう!

名前:木村 弘毅(きむら こうき)

生年月日:1975年12月9日

年齢:42歳(2018.06.23時点)

出身地:東京都

役職:取締役兼XFLAG事業本部長→代表取締役社長

木村弘毅氏は、2018年6月22日にミクシィの代表取締役社長に就任しました。

本来は2018年6月26日開催の株主総会と取締役会の後に就任予定でしたが、就任が前倒しになりました。

理由はミクシィの子会社であるフンザが商標法違反の容疑で書類送検されたからです。

これからミクシィは木村弘毅社長が牽引していくことになります。

ミクシィで一時代を築く

木村弘毅 経歴

画像引用元:https://twitter.com/mixi_official

一時期、SNSと言えば「mixi」という時代がありました。

個人的にもmixiは凄く使いやすく、コミュニケーションツールとしてかなり多様させてもらいました。

毎日ログインしては日記をチェックしたり、ゲームで遊んだり、音楽を聴いたり、ニュースをチェックしたり・・・様々なことが出来たので本当に面白かった記憶があります。

しかし、気づいたら皆日記や近況報告はmixiからTwitterやFacebookで更新するようになっていました。mixiはすっかりログインしなくなってしまいました・・・

mixiが再び注目されたのがモンストでした。モンストで大復活を遂げ、再び一時代を築きました。まさかゲームで復活するとは・・・驚きました。

そんなモンストを手掛けたのが木村弘毅氏でした。

一時代を築いたミクシィを牽引してきた元社長の森田仁基氏が退任することになりました。

退任の理由は「新たな成長戦略を推進するため」と前向きなコメントをしています。

任期満了で退任との説明ですが、チケット転売サイトを運営する子会社フンザの社長が1月に書類送検されたことも退任の要因になっているという報道があります。

退任の理由は置いておいて、木村弘毅氏が新社長に就任するのでまた新たなミクシィが見られることを期待しましょう!

木村弘毅の経歴

木村弘毅 経歴

木村弘毅氏の経歴をご紹介します。

平成15年2月 株式会社モバイルプロダクション入社
平成17年3月 株式会社インデックス入社
平成20年6月 株式会社ミクシィ入社
平成24年8月 プロダクト開発部 プロダクトオーナー
平成25年11月 モンストスタジオ プロデューサー
平成26年4月 モンストスタジオ 部長
平成26年11月 執行役員
平成27年1月 モンストスタジオ 本部長
平成27年6月 取締役就任(現任)
平成27年8月 エックスフラッグスタジオ 本部長
平成29年4月 XFLAG 事業本部 本部長(現任)

出典:http://gamebiz.jp/?p=204971

木村弘毅氏は2008年にミクシィに入社しました。

入社で10年で社長まで上り詰めるのは相当な実力なんでしょう。

ゲーム事業部時代は「サンシャイン牧場」などのゲーム企画を担当していました。「サンシャイン牧場」懐かしい!(笑) 皆やってましたよね~!

2014年にモンストスタジオプロデューサーに就任します。モンスターストライクプロジェクトを立ち上げ、ミクシィを復活に導きました。

2015年にはチケット売買仲介サービス「チケットキャンプ」を運営するフンザを115億円で買収するなどの実績もあります。

フンザは商標法違反容疑や詐欺容疑で2018年5月末での終了が決まっています。

木村弘毅氏はモンストによるミクシィ復活の立役者ということで会社を担う役目に抜擢されたんでしょうね。

今後社長としてどんな展開をみせてくるのか楽しみですね!

スポンサードリンク

木村弘毅の学歴

木村弘毅 学歴

木村弘毅氏の学歴をご紹介します。

木村弘毅氏の大学は東京都立大学(現首都大学東京)です。しかし、中退してますので最終学歴は高卒ですね!

どこの高校に通っていたかは不明でした。

出身地が東京なので東京の高校に通ていたと思われます。

木村弘毅の年収

木村弘毅 年収

ミクシィはSNS事業が衰退してから赤字が続きました。

2014年3月期は2億2700万円の最終赤字に転落します。

しかし、2013年からサービスを開始したモンストが大ヒットしてからは絶好調!

業績は一気に回復し、2015年3月期の売上高は前期比9倍の1100億円、600億以上の純利益を出すほどに復活を遂げました。

2016年の森田仁基元社長の報酬は約1億円というデータも発見しました。

日本経済新聞が発表した2017年3月期の「1億円プレーヤー」にも森田仁基元社長が名を連ねています。

木村弘毅氏にも今後は同等レベルの年収が見込めるでしょう。

※木村弘毅氏が2018年10月に本を出版します。モンストが大成功した戦略が丸わかりです!この本は要チェックですね!

※モンストはゲームだけにとどまらず、色んなグッズや商品が販売されていますよね~!カード付きのウエハース!いろいろ考えますね。

まとめ

今回は、ミクシィの社長に就任した木村弘毅氏について見てきましたがいかがだったでしょうか?

モンストは本当にミクシィを救いましたよね!ミクシィはこれからも新しいことにどんどん挑戦してまた新しいムーブメントを起こして欲しいです。

木村弘毅社長がどんな戦略を見せるのかに注目していきましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする