大川明久(クレー射撃)の成績や経歴や結婚は?実家が凄かった!

こんにちは!

今回は、クレー射撃で東京五輪を目指す大川明久選手について見ていきたいと思います。

大川明久選手のプロフィールや経歴、大会成績などについてまとめました。

また、大川明久選手の実家が120年続く鉄砲店ということなのでそのあたりの情報も調査しました!

是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

大川明久のプロフィール

まずは、大川明久選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前:大川 明久(おおかわ あきひさ)

生年月日:1991年

年齢:27歳

出身地:山形県鶴岡市

大川明久選手は日本を代表するクレー射撃選手です。山形県出身の27歳です。

クレー射撃は2012年頃に始めました。

普段は仕事をしており、仕事終わりや休日に鶴岡市羽黒射撃場で練習をしています。冬場は宮城県の射撃場まで行き練習に励んでいます。

大川明久選手は東京五輪を目指して日々練習に励んでいます。2020年のオリンピックは日本で開催されるので好成績を残してほしいですね。

クレー射撃はあまりメジャーではないスポーツだと思うので、オリンピックのような大きな大会で注目を集めてほしいですね!

そんな大川明久選手は2018年11月17日放送の『炎の体育会TV』に出演します。クレー射撃歴20年のヒロミさん、クレー射撃歴2年の加藤浩次さんと対決します。

クレー射撃とは?

クレー射撃はどのような競技なのでしょうか?

クレー射撃は散弾銃を用いて、空中に放たれるクレーと呼ばれる直径11センチほどの素焼きの皿を撃ち落とす競技です。

どれだけ集中力を高められるのかが勝負を分ける競技となります。

クレー射撃にはトラップ、スキート、トラップ・ミックスの3種目があります。

クレー射撃の歴史は古く、15~16世紀のヨーロッパを中心に始まったと言われています。

日本ではあまり馴染みがありませんが、世界的には大変有名な競技です。

現在では参加国数が陸上競技に次いで多いというのだから驚きです!

スポンサードリンク

大川明久の成績

大川明久 成績

大川明久選手の成績や実績をご紹介します。

大川選手の専門種目はトラップです。

トラップは射撃位置を変えながら15メートル先の機械から時速100キロ前後で飛び出す皿を狙う競技です。銃の重さは約4㎏あります。大きな大会では予選だけで125枚の的を狙い撃ちます。

2017年世界選手権の男子日本代表になりました。さらにアジア選手権の代表にも選出されています。現在、日本クレー射撃協会の強化育成選手にも選ばれています。これでけでも大川明久選手が日本トップレベルの選手だということがわかります。

2017年9月に行われた世界選手権では予選136位でした。

今後は東京五輪の代表入りを目指します。

大川明久は結婚している?

大川明久 結婚

大川明久選手は結婚しているのでしょうか?

気になって調べてみましたが、結婚に関する情報は見つかりませんでした。

ご本人のFacebookのプロフィールを見てみたんですが、交際ステータスのところは無記入でした。

情報がないのではっきりした判断はできませんがもしかしたら、まだ独身の可能性がありますね。

このあたりの情報はまたわかり次第更新したいと思います。

大川明久の実家が凄かった!

大川明久選手の実感は120年続く鉄砲店です。凄い歴史がありますね。

「大川火薬銃砲店」という名前です。

住所:鶴岡市本町2丁目2-30

火薬類、銃砲、打ち上げ花火の販売、射撃場の運営、管理をしています。

射撃場は大川火薬銃砲店から車で30分くらいしたところにあります。

「鶴岡市羽黒射撃場」です。

大川明久選手は、幼少期からクレー射撃を見て育ちました。なかなかない環境です。

大学卒業後、家業に携わると同時に競技を始めました。クレー射撃の選手になるべくしてなったといった感じです。超サラブレッドですね。

まとめ

今回は、大川明久選手について見てきました。

世界選手権の男子日本代表選手で東京五輪代表の有力候補だということがわかりました。

実家が120年続く鉄砲店という家系もなかなかない環境だと思いました。

まだ年齢が若いので今後の成長が楽しみな選手です。

東京五輪で大川明久選手の活躍が見られたら嬉しいです(^^♪

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする